理学療法士を10年続けて転職を2回した結果、年収はどうなったと思う?




理学療法士の平均年収は407万円です。

理学療法士の年収の平均は407万円!転職とキャリアアップで年収500万円~1000万円を狙えることが判明!
理学療法士の年収って低いよね…。なんとかしてもう少し年収を上げられないかなぁ?【この記事で分かること】・理学療法士の平均年収・理学療法士の年齢別の年収・年収を500~1000万円に上げる方法

 

でも新人の理学療法士の年収は350万円ほどです。

そんな理学療法士が転職しつつ10年目になると、どれくらいの年収になるのでしょうか。

実際は結構上がります。

 

新人の頃の年収は320万円

私は横浜市の整形外科クリニックに入職しました。

当時の月収は24万円(総支給)です。

そこに手当や交通費が入り、総額26万円くらいでした。

そこから保険料や年金が引かれ、手取りは19万円くらい。

 

でもボーナスが無かったので、全く稼げず嫌になり1年位で辞めてしまいました。

年収は320万円くらいでしたね。

 

1度目の転職は2年目!年収は360万円

1度目の転職はもう一度整形外科クリニックにしました。

 

2年目の時点で

  • 基本給:16万円
  • 賞与:1か月
  • 総支給27万円

というなんともブラック臭プンプンの職場に入職。

 

総支給27万円という所にひかれましたが、今でもこの職場は失敗だったと思っています。

 

横浜市のある地域の患者層も悪く、給料も安かったため3年目で辞めました。

当時の年収は360万円です。

 

そんな時を思い出しながら書いた記事がこちら

入ってすぐ後悔!辞めたほうがいい職場の見分け方【絶対に選んではいけない】
今の仕事「辞めたい」と考えていませんか?辞めたいと思うような職場は、求人票である程度判断することができます。怪しい求人票を避けて、理想の職場を探す方法をお伝えします。

 

2度目の転職は回復期、年収は420万円

2度目の転職は整形外科はもう嫌だったので回復期にしました。

一般病院ですが、ボーナスが4か月分出るのが嬉しくて、クリニックを辞める直前は毎日年収の計算をしていた気がします。

 

  • 基本給:24万円
  • 賞与:4か月
  • 総支給:27万円

 

仕事量もグッと少なくなり、凄くラクに仕事をしていたのを覚えています。

この時の年収は420万円で、3年目にして理学療法士の平均年収を超えました。

 

この転職のエピソードはこちらの記事に詳しく書いています。

【実話】貧乏な理学療法士が転職で170万円も年収をアップさせた話
理学療法士の転職体験談!全て実話で収録しています。転職で年収はどう変わる?休みは?働く時間は?どうすればいい転職ができるの?そういった悩みを解決するには、失敗体験を学ぶ事。1年目で転職した筆者の失敗体験と成功体験とは。

 

現在もその職場で継続、10年目の年収は490万円

2度目の転職で満足した私は、そのまま同じ職場で勤めています。

業務改善や理事の運営改革があり、昔より多忙になりましたが普通の仕事内容だと思います。

定時で帰れますし、有給も消化できますし。

 

何より、10年働くことで

  • 毎年5,000円の昇給
  • 主任になり基本給アップ

を得ることが出来ました。

 

この職場に着いたときは24万円だった基本給も、今では27万円+αとなりました。

1度目の転職で手にした「総支給」を今では「基本給」で手にしているわけです。

 

総支給は34万円程度ですが、賞与も合わせると年収490万円となっています。

 

2020年の夏の賞与も満額出ました

2020年、夏の賞与はコロナの影響でどうなるか不安でしたが、無事に満額出ました。

総支給額は58万円です。

コロナでボーナスカット!?それって許されるの?法律的に考えてみる
夏のボーナスカットがすでに宣告されているPTは、その病院にいつまでもしがみついているのは間違っています。将来が不安定なまま働くのはやめにしませんか>

 

これが多いか少ないか分かりませんが、私は満足しています。

一般的サラリーマンよりは少ないでしょうけどね。

 

理学療法士の収入はそこまで多くありませんし、今後もあまり変わらないと思います。

10年も働いて「たった490万円」と思う方も居るかと思いますが、これが理学療法士の現実なんです。

 

もっと年収を上げたいのであれば、一番の近道が転職です。

私はマイナビコメディカルを利用して今の職場に就職しました。

もう8年以上続けています。

 

今の職場に不安や不満があるなら、一度転職サイトを覗いてみてください。

意外と良い給料の仕事がありますから!

 

▽【簡単1分】あなたに合った求人を紹介してもらう【無料】▽
マイナビコメディカル

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】 年収・ボーナス
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活