理学療法士を10年続けて転職を2回した結果、年収はどうなったと思う?

理学療法士の平均年収は407万円です。

理学療法士の平均年収はいくら?年代別のデータと、増やしていく方法
理学療法士の平均年収を年代別に調べてみました。また、年収を上げる方法もご紹介しています。

 

でも新人の理学療法士の年収は350万円ほどです。

そんな理学療法士が転職しつつ10年目になると、どれくらいの年収になるのでしょうか。

実際は結構上がります。

 

新人の頃の年収は320万円

私は横浜市の整形外科クリニックに入職しました。

当時の月収は24万円(総支給)です。

そこに手当や交通費が入り、総額26万円くらいでした。

そこから保険料や年金が引かれ、手取りは19万円くらい。

 

でもボーナスが無かったので、全く稼げず嫌になり1年位で辞めてしまいました。

年収は320万円くらいでしたね。

 

1度目の転職は2年目!年収は360万円

1度目の転職はもう一度整形外科クリニックにしました。

 

2年目の時点で

  • 基本給:16万円
  • 賞与:1か月
  • 総支給27万円

というなんともブラック臭プンプンの職場に入職。

 

総支給27万円という所にひかれましたが、今でもこの職場は失敗だったと思っています。

 

横浜市のある地域の患者層も悪く、給料も安かったため3年目で辞めました。

当時の年収は360万円です。

 

そんな時を思い出しながら書いた記事がこちら

【好き?嫌い】理学療法士の仕事
理学療法士の仕事は特殊です。技術職でもあり、接客業でもあり、専門職でもあります。その仕事内容はなかなか理解されないことも多いですよね。

 

2度目の転職は回復期、年収は420万円

2度目の転職は整形外科はもう嫌だったので回復期にしました。

一般病院ですが、ボーナスが4か月分出るのが嬉しくて、クリニックを辞める直前は毎日年収の計算をしていた気がします。

 

  • 基本給:24万円
  • 賞与:4か月
  • 総支給:27万円

 

仕事量もグッと少なくなり、凄くラクに仕事をしていたのを覚えています。

この時の年収は420万円で、3年目にして理学療法士の平均年収を超えました。

 

この転職のエピソードはこちらの記事に詳しく書いています。

【実体験】3年目の理学療法士が退職を覚悟した理由、転職するまでの流れと方法
理学療法士の転職体験談!全て実話。転職を決めたきっかけは?転職するまでの流れや方法は?3年目で転職した実体験をもとにご紹介いたします。

 

現在もその職場で継続、10年目の年収は490万円

2度目の転職で満足した私は、そのまま同じ職場で勤めています。

業務改善や理事の運営改革があり、昔より多忙になりましたが普通の仕事内容だと思います。

定時で帰れますし、有給も消化できますし。

 

何より、10年働くことで

  • 毎年5,000円の昇給
  • 主任になり基本給アップ

を得ることが出来ました。

 

この職場に着いたときは24万円だった基本給も、今では27万円+αとなりました。

1度目の転職で手にした「総支給」を今では「基本給」で手にしているわけです。

 

総支給は34万円程度ですが、賞与も合わせると年収490万円となっています。

 

2020年の夏の賞与も満額出ました

2020年、夏の賞与はコロナの影響でどうなるか不安でしたが、無事に満額出ました。

総支給額は58万円です。

コロナでボーナスカット!?それって許されるの?法律的に考えてみる
夏のボーナスカットがすでに宣告されているPTは、その病院にいつまでもしがみついているのは間違っています。将来が不安定なまま働くのはやめにしませんか>

 

これが多いか少ないか分かりませんが、私は満足しています。

一般的サラリーマンよりは少ないでしょうけどね。

 

理学療法士の収入はそこまで多くありませんし、今後もあまり変わらないと思います。

10年も働いて「たった490万円」と思う方も居るかと思いますが、これが理学療法士の現実なんです。

 

もっと年収を上げたいのであれば、一番の近道が転職です。

私はマイナビコメディカルを利用して今の職場に就職しました。

もう8年以上続けています。

 

今の職場に不安や不満があるなら、一度転職サイトを覗いてみてください。

意外と良い給料の仕事がありますから!

 

 

 

私は実際にPTOT人材バンクを実際に使ってみて、どんな求人があるのか、そして使い勝手はどうだったのかを体験してきました。

詳しい記事はこちらになりますので、転職をお考えの方はぜひ読んでみてください。

 

その他、おすすめの転職サイトを知りたいと思ったらこちらの記事をご参照ください。

【目的別】理学療法士におすすめの転職サイトを4つ紹介【厳選】
理学療法士は転職サイトを適当に選んではいけません。転職する年齢や目的によって適した転職サイトは異なるので、自分に合ったサイト選びをしましょう。ここでは、目的別にあなたに合った転職サイトを4つ紹介します。
失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
30代の転職PTとお金の関係【お金の悩み】【転職のコツ】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活