【面接の身だしなみ】理学療法士が良い印象を与える服装のポイントは?




理学療法士のみならず、転職の面接での身だしなみや服装、マナーは良い第一印象を与えるうえでとても重要です。

かなり良い学歴を持っていても、服装やマナーがイマイチだとそれが原因で落とされてしまうことも。

 


採用面接を受ける前に、しっかりと準備を進めておくことが必要です。

ここでは、採用担当者に聞いた、面接時の身だしなみやマナーをお伝えしていきます。

 

面接の身だしなみ|服装はどうすればいいの?

理学療法士は医療従事者です。

当然、身だしなみにも気を使っていただきたいですね。

ただし、ガッチリした黒いスーツでキメる!というより、多少ビジネス的な要素から外れても、清潔感が感じられればいいという事です。

 

男性の面接時の身だしなみ

  • スーツ:黒か紺かグレー、ストライプでも可(白など明るい色は不可)
  • シャツ:白か薄い水色のもの(黒や派手な色の物は不可)
  • ネクタイ:規定はないが、あまり派手すぎないもの
  • 靴:黒・茶のビジネスシューズ(ローファー・紐靴でもOK)
  • バッグ:黒っぽいもの、派手すぎないものであればなんでもOK
  • 髪型:社会人として適当な物(軽い茶髪程度ならOK)
  • アクセサリー:基本的にすべて外す(衛生面に配慮、腕時計は可能)
  • ヒゲ:剃っておく

 

男性で多いのはスーツの悩みですが、あまり派手過ぎなければどんなものでも構わないとのこと。

よくわからない方はこちらを参考にしてください。

ここに載っているものならほぼOKです。

 

女性の面接時の身だしなみ

  • スーツ:黒・紺など明るすぎないもの(スカートでもパンツでもOK)
  • シャツ:白が基本で薄めの色のもの
  • 靴:黒のパンプス、ストッキングを着用するのが望ましい(ヒールはがあってもOK)
  • バッグ:黒っぽいもの、派手すぎないものであればなんでもOK
  • 化粧:派手すぎないもの
  • 香水:不可(柔軟剤等も柔らかい香りのもの)
  • 髪型:多少の茶髪はOK、肩にかかる場合は結ぶ
  • アクセサリー:基本的にすべて外す(衛生面に配慮、腕時計は可能)

 

女性で最も重要なのは清潔感です。

さすがに種類も豊富で、どれを選べばいいか私にはわからない(男なので)ので、マイナビエージェントで詳しく解説されてるのでこちらを見ることをおすすめします。

 

理学療法士の採用面接対策

理学療法士の採用面接の対策記事をいくつか作成していますので、こちらも合わせてお読みください。

 

良い印象を与える履歴書の書き方

履歴書は面接前に採用担当者が目を通します。

その内容によって、あなたの印象もかなり変わるので、丁寧に書く必要があります。

 

▽特徴が無くても書ける!自己PR▽

転職する時に苦手な履歴書!しょうもない特技から書ける自己PRの例文
履歴書の中でも苦手な自己PR。どんなにしょぼい特技や特徴でも、書き方のコツを覚えれば魅力的なPR文に変化します!

 

▽採用担当に響く!志望動機▽

採用したい!と思わせる理学療法士(PT)の「志望動機」簡単な書き方
PTの就職や転職に必須な履歴書ですが、その中でも志望動機の書き方に四苦八苦する人も多いのでは?学生指導を担当者が教える、簡単に書けて採用されやすい志望動機の書き方をお教えします!

 

▽採用担当者は履歴書のどこを見てるの?▽

履歴書の書き方で採用は決まる?採用担当に良い印象を与える履歴書の書き方
履歴書の書き方で合否が決まることはありませんが、よい印象を与えて合格しやすくなることはあります。そんな履歴書の書き方を採用担当者に聞いてきました!

 

良い印象を与える面接の受け答え

面接の受け答えもちょっとしたコツがあります。

そのコツを掴んでしまえば、面接で相手に好印象を与えるのでぜひ読んでください。

 

▽最高の第一印象を与える面接対策▽

【新卒・転職】面接で聞かれる質問と印象良い答え方を採用担当に聞いた
理学療法士(PT)の面接対策法を実際に面接官と協議し、記事にしました。どういった注意点が必要なのか、よく読んでから面接に臨むことをおすすめします!

 

採用面接はいかによい印象を与えられるかが勝負

採用面接の時間は10~長くても30分程度です。

その短い時間で、あなたの全てを知ってもらうなんて無理ですよね。

 

面接官は履歴書や面接の受け答え、そして身だしなみからあなた印象をくみ取ろうとします。

だからこそ、身だしなみには気を使っていかなければならないんですよね。

 

理学療法士に限らず、全ての仕事に言えることですが面接の身だしなみで重要なのは清潔感です。

良い第一印象を与え、面接を有利に進めていきたいものです。

 

このブログは実際に私が使った転職サイトを紹介しており、その中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

満足度も高いですし、案件も豊富なのでたくさんの情報を得ることができます。

 

PTOT人材バンクも職場定着率が高くおすすめです。

 

「理学療法士の転職」一覧>>>

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】 転職の悩み
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活