【新卒・転職】理学療法士(PT)の面接で聞かれる質問と印象良い答え方




新卒の就職や、転職で避けて通れないのが「面接」です。

採用したい!と思わせる理学療法士(PT)の「志望動機」簡単な書き方>>>で読まれやすい志望動機の書き方をお伝えしましたが、あくまで採用するかしないかは「面接」で決まります。

人は第一印象で7割が決まるそう。

良い志望動機を書けば、この7割が好印象に傾いているはず。

さらに面接官と対峙することで、良い印象を与えて一気に採用まで持っていきましょう!

 

採用されやすいポイントは3つ。

 

  1. 採用されやすい「身だしなみ」
  2. 採用されやすい「話し方」
  3. 採用されやすい「答え方」

 

これが合わされば完璧です。

今回も、採用担当者と話をして得た情報から記事構成しています。

 

【関連記事】

面接や履歴書の書類選考で採用は決まっている?人事担当にいろいろ聞いてみた!>>>
 

 

理学療法士の面接のポイント!採用されやすい身だしなみ

身だしなみは第一印象に最も関与します。

どんなに素晴らしい人でも、身だしなみが悪ければ良い印象は与えられません。

特に医療関係の場合、清潔感が重要となってきますので一つ一つチェックしていきましょう。

 

【身だしなみチェックポイント!】

  1. 髪の色は「黒」または暗めの「茶」
  2. 髪の長さは肩にかからないようにするか結う
  3. ピアスなどは外す(小さめなら可)
  4. 化粧は薄め、ひげは剃る
  5. スーツは「黒」または「紺」
  6. ソックスは「白」またはストッキング
  7. 靴は「黒」または「紺」
  8. ネクタイは派手すぎないもの
  9. バックは派手すぎないもの(リュックやトートバックも可)
  10. 腕時計はなくても支障ない

 

かなり多く上がりましたが、ようは「相手に不快感を与えない身だしなみ」を心がけるということ。

医療従事者になるのであれば、清潔感には最高レベルに気を使ってください。

スーツのシワや靴の汚れ、整っていない髪では好印象は与えられないでしょう。

 

面接時に「見た目の個性」はいらない

いまや様々な人がおり、個性の時代であると言われています。

しかし、医療系に限らず面接で「個性」を出すのは受け答えだけにしましょう。

服装で個性を出しても落ちる可能性が高くなるだけです。

 

まぁ…あたりまえですよね。

あなたが採用する側だったらどう思うかを考えましょう。

 

また、面接時の服装が決まっていない場合もあります。

 

こういった場合、基本的にはスーツにするかチノパンにジャケットのような恰好にすべきです。

「自由」をはき違えてはいけません。

自由=一般的に常識ある服装である必要があるので、悩んだらスーツ一択にしましょう。

 

理学療法士の面接のポイント!採用されやすい話し方

採用されやすい話し方のポイントは3つです。

 

  1. 答える前に「はい」と言う
  2. 結論を先に言う
  3. 最後までハッキリと言い切る

 

意外と出来ていない人が多いので注意しましょう。

 

答える前に「はい」と言う

病院
病院

趣味はなんですか?

女性1

はい、私の趣味は毎朝ウォーキングをすることです

答える前に「はい」と1テンポ置くと、相手が聞き取りやすくなります。

しゃべる前に「あ、それはですね…」と「あ、」を入れるのと同じような効果があります。

また、質問を確認しました、という合図にもなるので好印象を与えることおができます。

 

結論を先に言う

病院
病院

ウォーキングはなぜ始めたんですか?

女性1

はい、それは健康のためです。はじめは夜に歩いていたのですが~…

質問に対してまず結論を先に言います。

そのほうが理解しやすいですし、話の構成も立てやすいです。

PREP法というのですが、多くのメリットがあります。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。

【共感を得る文章へ!】自分の思いが100%伝わる「PREP法」とは?
自分の文章や話がうまく相手に伝わらないと悩んでいませんか?そんなあなたにおすすめなのが「PREP法(プレップ法)」。この文章構成を使えば、100%あなたの考えが相手に伝わるのでおすすめです。

 

最後までハッキリと言い切る

病院
病院

ウォーキングの良い所はなんですか?

女性1

はい、気分がスッキリして1日の活力になる所です。

「~だと思いまして…。」とか「~ですので。」

など、ハッキリしない終わらせかたをしてはいけません。

面接に慣れていない人が失敗しやすい例で、面接官に「自信が無い」という印象を与えてしまいます。
 

 

理学療法士の面接のポイント!採用されやすい答え方

面接で聞かれることは大体決まっています。

そして、その解答も大まかに決まっています。

その模範解答を記しますので、自分流にアレンジして使ってみてください。

ちなみに、質問されやすい内容はこちら。

 

  1. なぜ当院を志望したのですか?
  2. これまで自分が一生懸命取り組んできたものはなんですか?
  3. あなたが今一番関心を持っていることはなんですか?
  4. 自分の考える長所と短所はなんですか?
  5. 当院でやりたいことはありますか?
  6. 理学療法士になろうと思った理由はなんですか?
  7. 何かご質問はありますか?

 

なぜ当院を志望したのですか?

志望動機を求められています。

基本的に履歴書があるので、その志望動機と照らし合わせて「本当に自分の考えを持っているのか」を確認する作業です。

だから履歴書の内容に沿ってお話をしていきましょう。
採用したい!と思わせる理学療法士(PT)の「志望動機」簡単な書き方>>>

 

女性2

当院の○○に興味があり、その分野のスペシャリストになってみたいと考え、志望しました。

 

 

これまで自分が一生懸命取り組んできたものはなんですか?

あなたの「ひたむきさ」と「個性」を見ます。

ボランティア活動などは好印象ですが、それだけでは弱いので、なるべく具体的に出していきたいですね。

遊びやスポーツなど、いろいろなことが考えられる質問ですが、究極は「その分野にいかに真剣に取り組んだか」という所なので目いっぱいアピールしましょう。

 

女性2

私はロードバイクが大好きで、ツーリングにもよく参加しています。
1日100kmくらい走ることもあるんですよ。

  • ハワイが大好きで「ハワイアンジュエリー」を自分で作成している
  • 運動学だけは100点を目指して勉強してきた

など

 

あなたが今一番関心を持っていることはなんですか?

これも医療系に特に関係なくてもいいのですが、あまり大きく外れても良くありません。

あと政治的な問題なども避けるほうが良いです。

 

女性2
女性2

ロボットスーツに興味がすごくあり、東京ビックサイトの展示も見てきました。

  • 東京オリンピックに興味がある
  • NBAに興味がある

など

 

自分の考える長所と短所はなんですか?

「自己分析力」を見ています。

長所を言うのは「照れくさい」し、短所を言うのは「気が引ける」と感じますよね。

でもここではズバッと伝え、「自分」という人間をいかに客観的に把握できているかを伝えましょう。

 

女性2
女性2

私の長所は、何事にも集中できることで、短所は集中しすぎて周りが見えなくなってしまうことです。

 

短所は伝えるだけでなく、そこから長所に繋げられるようにするといいですね。

 

  • 短所は飽きっぽい所ですが、おかげで色々な事にチャレンジできています。
  • 短所は忘れっぽいことなので、メモを活用しています。嫌なこともすぐに忘れられるので私は長所にもなると思います。

 

当院でやりたいことはありますか?

「将来性」を見ています。

具体的な「未来の自分」をイメージして答えましょう。

「この職場をステップとし、さらに大きな病院に行きたい…」とは思ってても言っちゃだめですよ。

 

女性2

ゆくゆくは学生の指導をしていきたいです。

  • 役職についてリーダーシップを発揮していきたい
  • 1つのことを極めていきたい
  • 勉強会を開きたい

など

 

理学療法士になろうと思った理由はなんですか?

根本的な質問ですが、意外と答えられないような気がします。

就職先の面接で聞かれるというより、学校の入学面接で聞かれるイメージですが「病院側が特に質問が無くなった場合」に聞かれることが多いようです。

特に新卒の場合は聞かれることが多くなりがちです。

 

女性2

高校の時にスポーツで怪我をした時にPTを知り、そこから目指すようになりました。

怪我をしてリハビリを受けて目指した、というのは鉄板です。

自分がなぜ理学療法士を目指したのかは、自分で答えられるようにしておきましょうね。

 

何かご質問はありますか?

面接の最後に聞かれる質問です。

「特にありません」と答えてはダメです。

興味を持ってないのかな?と思われてしまいます。

給料や休日など、聞きにくいかもしれませんが、しっかりと聞いておきましょう。

 

女性2
女性2

貴院が求める理学療法士像を教えてください

こんな質問ができたらカッコいいですよね。
 

 

面接対策は「慣れ」が重要!

面接対策の為にいくつか解答を出しましたが、それを覚えているだけでは面接で失敗します。

やはり、実際に面接形式で質問をしてもらい、それにこたえるといった「経験」を積むことが必要です。

学校の先生に頼めばやってくれますし、転職サイトに登録することで面接対策を無料で行ってくれるところもあるのでぜひご活用ください。

『面接対策』に力を入れてる転職サイト

PTOT人材バンク

マイナビコメディカル

 

話すのが苦手な就活生におすすめの書籍

 

 


人気ブログランキング

 

もっと上を目指して転職を考えている人におすすめの転職サイト!

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。
転職をした理由はすべて「自分のため」です。

 

  • 給料が安いけど…
  • 休みが少ないけど…
  • 残業が多いけど…

 

全ては患者様と病院の為に!

という考えに全く賛成できず、モヤモヤした日々を送っていました。

 

  • イヤイヤ行う理学療法が本当に患者の為になるのか?
  • 働きたくもない職場で頑張ることが、本当に大切な事なのか?

 

ぼくはその古い考えから真っ向から否定し、現在に至ります。

結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

もちろん、転職をすることでデメリットもあります。
また仕事をイチから覚えたり、人間関係を構築しなければなりません。

しかし、それを補って有り余るメリットが転職にはあるんです。

 

そんな転職をしてきたぼくが、おすすめする転職サイトを3つ紹介します。
転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

 

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

もちろん、サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

【お金の話】転職
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活