どう違う?「退職願」「退職届」「辞表」の違いと書き方を分かりやすく学ぼう!




「退職願」「退職届」「辞表」の違いって分かりますか?

実はそれぞれ役割があり、その都度職場に提出していかなければならないものです。

 

私は転職を2回経験していますが、職場に提出したのは「退職届」のみでした。

そういった職場もありますし、退職願を出す職場もあるので、転職を考えているのであればこれれなお違いや書き方をしっかりと学んでおくほうが良いと思います。

 

ここでは、それぞれの書き方と活用方法、そして退職にまつわるエピソードに少し触れて見たいと思います。

 

【合わせて読みたい】
理学療法士(PT)の退職・転職に最適な時期は「今」だと言える理由>>>

 

理学療法士の退職で「退職願」の出し方

退職願いは会社に退職を「願い出る」書類のことで、これを出したからといって退職が決まるわけではありません。

退職願は「退職の意思を示す物」であり、上司や管理職に手渡します。

 

上司の手が空いてる時に、時間を頂きサッと退職願を差し出せば上司は理解してくれるので、自分の口から言いにくい場合は有効。

私は口頭で退職の意向を願いだしましたが、それでもOKになる職場が多いと思います。

大きな職場(従業員が多かったり、系列が多い場合)は退職願を出せと言われるかもしれません。

 

退職願の書き方

退職願は退職の2か月前には提出します。

そうしないと会社にも準備と言うものがありますから、就業規則などで確認しましょう。

法律的には2週間前でOKだそうです。

 

退職願で準備するもの
  • 白い封筒
  • 便箋
  • 黒ペン

退職願の書き方

参考|無料求人com

ポイント
  • 日付をキチンと書く
  • 左の余白に自分の部署と名前を書いて捺印をする
  • 最後に会社の正式名称を書き、宛名は社長をフルネームで記載する

理学療法士の退職で「退職届」の出し方

退職届は退職願を出した少し後に会社から「出すように」指示されます。

そして、退職届が受理されれば正式に退職が確定するというわけ。

つまり「退職願」で退職の意思を示し、「退職届」で確定させるというものです。

 

退職届の書き方

退職届の書類も、退職願と同様に白い封筒と便箋を使用します。

 

退職届の書き方

参考|無料求人com

 

ポイント
  • 日付をキチンと書く
  • 左の余白に自分の部署と名前を書いて捺印をする
  • 最後に会社の正式名称を書き、宛名は社長をフルネームで記載する

ポイントも退職願と変わりませんね。

 

理学療法士の退職で「辞表」の出し方

辞表とは「社長や取締役など役職のある立場の人は、その役職を辞める、という意味で「辞表」を提出する」とされているので我々には関係のないことです。

辞表が必要なのは

  • 社長
  • 部長
  • 課長
  • 係長

あたりまでで、平社員と主任は不要な場合が多いです。

ただし、公務員の場合は「公務」から解かれるために辞表を提出します。

 

提出する時期は退職願と同じ時期でいいとされています。

 

退職するにあたり注意すべきこと

退職時期が決まったからと言って、もうその仕事は終わり!というわけではありません。

アナタにはその退職時期まで仕事を全うする義務があります。

もちろん、給料も出ますからね。

 

だからダラダラ仕事をしたり、仕事量を減らすことはしないようにしましょう。

引継ぎも全力でやって、迷惑をかけないようにしましょうね。

 

【こちらの記事もおすすめです】
【理学療法士の円満退職】たった3つのポイントで笑顔で送り出してくれる>>>

 

一度提出した退職願を撤回したい

退職願は基本的に撤回できません。

というか会社にその義務は無いんです。

だから退職願を出すときはよく考えて提出してください。

 

場合によっては撤回もOKかもしれませんので、いちど会社に相談してみてください。

 

退職願を出さないと退職できないの?

退職願が受理されなくても退職はできます。

基本的に職務規律より法律のほうが優先度は高く、法律では2週間前に伝えれば退職できる旨が書かれています。

 

もしもどうしても退職できないのであれば、退職代行EXITなどの退職代行サービスを利用したり、労働基準監督署に相談することをおすすめします。

【おすすめ記事】
仕事をやめたいのに辞めさせてもらえない!『人手不足だから』引き留められた時の対処法>>>

 

退職金について

退職金は企業ごとにその金額や支払い方法が決められているので王立が関与するモノではありません。

職務規定などで確認する必要があります。

【おすすめ記事】
理学療法士の退職金に期待するな!iDeCo(イデコ)で差をつける資産運用とは?>>>

 

【合わせて読みたい】

理学療法士の転職サイトおすすめ5社|実際に使った経験から失敗しない選び方
理学療法士の転職で7社の転職サイトを利用して選んだ「絶対に失敗しない満足度の高い」転職サイトを5つ紹介します。なぜこのサイトじゃなきゃダメなのか?

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】 転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活