理学療法士(PT)の転職に最適な時期は「今」だ!実際に体験した結果報告!




理学療法士が転職しよう!と考える時期は色々あります。

 

  • 結婚、出産
  • 引越
  • 不満

 

でも、転職するタイミングってなかなかつかみにくいものです。

 

  • 今退職して職場は回るのかな?
  • 求人が多い時期はいつかな?
  • ボーナス貰ってからのほうが良いかな?

 

そうやって悩んでいるといつまでたっても転職できません。
転職するベストな時期は、まさに今なんですよ!

 

なぜそう言い切れるのか?
実際に2度転職してきたぼくが実体験からお伝えします。

 

 

理学療法士の転職の時期はいつでも良い

理学療法士が転職を考える時、気にしなければならない事があります。

 

  • 求人が多い時期は?…1月と8月
  • 退職者が多い時期は?…9月と12月
  • ボーナスの時期は?…7月と12月

 

これら全てをクリアするベストなタイミングって無いわけですよ。

しかも求人が多いからといって、自分に合った職場が見つかるわけではありませんし、退職者が多い時期は他のスタッフの退職と被ってしまい、退職できない!なんてことになりかねません。

 

退職機会を伺って退職できないのは機会損失でしかない!

  • まだ求人が少ないから
  • ボーナスをもらってから

 

そう考えているのであれば、それは多大なる「損」をしています。

あなたはなぜ転職をしたいのですか?
転職理由が明確であればあるほど、モタモタしている暇はありません。

 

ぼくは転職する時にボーナスは貰いませんでした。
上司に報告したのが4月で、退職したのが7月の頭でしたから。

転職した理由は

 

  • 給料が少ない
  • 通勤時間が長い
  • 勤務時間が長い

 

というありふれた理由から。
転職先は給料も増えるし、通勤時間と勤務時間も短いので早く転職したい!と考えていました。

結局、ボーナスを貰うより、1日でも早く転職したほうが得だ!と思い、ボーナスを捨てて転職をしました。

 

たかが20~30万円のボーナスのために、2か月も3か月も我慢する理由って、本当にありますか?

ぼくは無いと思います。

 

今すぐ新しい職場に行き、仕事を覚えたほうがよっぽど価値があると思いますけどね。

 

あなたが転職したいなら、ほかのスタッフも同じことを考えている

もしもあなたが転職したい!と考えているのであれば、ほかのスタッフも同じことを考えている可能性が高いです。

 

ぼくが退職しようか悩んでいた時、実は同僚が上司に退職を願い出ていました。

さすがに同僚が退職宣言をした後に退職を伝えるのは気まずい…と思い、同僚が全員に退職を発表する前に退職の旨を上司に伝えに行きました。

 

小言を言われながら受理されましたが、このように退職者が被ってしまうと非常に言い出しにくくなります。
ぼくの場合、まだ全スタッフが周知する前だったので退職宣言をすることができましたが、同僚が退職宣言をした後ってのはなかなか言いにくいもんですよ。

 

だから転職を決めたら悩んでないでサッと伝えてしまったほうが良いです。
誰かに先を越される前に!

 

転職期間はどれくらい見ておけばいいの?

転職にかかる時間は最短で2か月程度です。
しかしそんなに早い人も稀で、実際にぼくは転職活動に6か月くらいかけました。

 

転職にかかる期間の参考グラフ

 

求人を探すのに3か月、上司に退職を伝えて実際に退職するまで3か月です。

ぼくが退職に3か月かかった理由が「職場の人員状況が悪い」という理由でした。
ぼくが辞める時、同僚も一緒に辞めてしまったので、その対応に追われて時間がかかってしまいました。

 

このように、自分の理想の退職日と実際に退職日では差が出てしまうことも珍しくありません。
だから、転職時期を伺うよりさっさと行動に移したほうが良いんです。

転職を考えている人は、可能な限り早く転職活動を進めていくべき!

 

退職の意思を伝えるタイミングはいつごろがいいの?

転職するには、退職する意思を職場に伝えなければなりません。
円満退職を目指すのであれば3か月くらい前に直属の上司に相談するとよいでしょう。

 

法律では特に定められていませんが、民法や就業規則に則って相談をします。
また、引継ぎも必要ですので、それなりの期間を準備しておいたほうがいいですね。

 

退職する前にしておくことリスト

  1. 業務の引継ぎ
  2. 退職書類の作成
  3. 次の職場の決定
  4. 次の職場の種類作成
  5. 身辺整理

 

上司に伝える時も、はっきりと「辞めます!」と伝えておくことをおすすめします。

 

  • 辞めたいと思ってるんですけど…
  • 転職を考えていて…

 

というように曖昧な言葉で伝えると、上司は引き留めようとしてきます。
それによりあなたが退職する時期が少し伸びてしまう可能性があるので、きっぱりと退職する意思を伝えるべきです。

実際にそれで半年も退職を伸ばされたスタッフを見たことがありますから。

 

それでもやっぱり伝えにくい!と思うかもしれませんが、上司だってバカじゃありません。
あなたの表情や言動から「辞めたいんだな」ということを察してくれますので、比較的スムーズに話は進みますよ。

 

スムーズに転職をするための事前準備

仕事をしながら転職活動をするのは結構大変です。

 

転職活動で必要な事

  1. 希望に合う求人を探す
  2. 問い合わせをする
  3. 見学に行く
  4. 履歴書などの種類の準備
    学生指導者が伝授!採用される理学療法士(PT)の「志望動機」簡単な書き方>>>
  5. 面接を受ける

 

これがすっごく面倒。
でも転職サイトに登録すればこのような面倒な事を代行してくれるので、働きながら転職する人にとって非常にありがたい存在です。

特に理学療法士専門の転職サイトを利用すれば、転職活動がラクになる上に成功率もグンと上がります。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは25名以上のアドバイザーがおり、そのすべてが転職のスペシャリストです。ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしている所からも、その質の高さの自信が伺えます。エージェントで選ぶなら、マイナビコメディカルに勝るところはないでしょう。

PTOT人材バンク

リハビリの職種に特化したアドバイザーが案内してくれるということで非常に安心感があります。各病院の特徴に合わせるのはもちろん、具体的な業務内容や入職後のキャリアパスなど、長く働き続けるための提案をしてくれる素晴らしいエージェントが揃っています。

 

まとめ:転職したいと感じたときが転職時期です

少しでも転職したい…という思いが浮かんだら、その瞬間から転職活動をし始めていいと思います。

転職活動は最短でも3か月、長いと6か月程度かかる壮大な活動です。

今は小さな転職希望でも、3か月後には辞めたくて仕方なくなってるかもしれません。

 

転職活動は今動く行動の速さが生命線

 

ちょっとでも転職の意思があるなら、今から求人情報を見て情報を集めておくだけでもかなり有利です。
求人情報の見かたはもちろん、毎日見ることでたくさんの発見があります。

こういった「転職の勉強」もこれからとても大事になってきます。
今は理学療法士の20%が転職を経験している時代で、これからこの比率はもっと上がっていくでしょう。

 

転職をネガティブなものでなく、スキル・キャリアアップというポジティブな面で捉える時代です。

自分自身の為に、今から活動をしてみませんか?

 

⇒現役理学療法士が厳選!転職サイト2選

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活