理学療法士が資格を取ることで資格手当として月1万円も昇給した!




私たちは毎年昇給をしていきますが、その金額は2000円~3000円と言われています。

私の職場は年5,000円の昇給ですが、それに加えてある資格を取ることで1万円の昇給に成功しました。

1万円昇給すると、年収は12万円上がる計算になりますので、かなりの増加率だと思いませんか?

 

▽理学療法士の平均年収は?▽

理学療法士の年収の平均は407万円!転職とキャリアアップで年収500万円~1000万円を狙えることが判明!
理学療法士の年収って低いよね…。なんとかしてもう少し年収を上げられないかなぁ?【この記事で分かること】・理学療法士の平均年収・理学療法士の年齢別の年収・年収を500~1000万円に上げる方法

 

理学療法士として働きつつ、新しい資格を取得することで年収が上乗せされるのはかなり良い話だと思います。

お金が増えつつ、自分の肩書やキャリアも増えるわけですから。

 

理学療法士は国家資格のみならず、ドンドン資格を取ってキャリアを上げていくといいのではないでしょうか。

 

資格を取っても昇給しやすい資格

昇給するということは、その資格を持つスタッフがいることで何らかのメリットが病院にある状態であると言えます。

 

こんな資格は昇給しやすい
  • その資格を持つことで宣伝効果が得られる
  • その資格を持つことで算定が多く取れる(収益が上がる)
  • その資格を持つことで新たな分野での仕事を開拓できる
  • その資格を持つことで新たな人材が育つ

 

もちろん、病院の規定にもよりますがこういった資格は昇給しやすい傾向にあります。

その一例としていくつかおすすめの資格を上げていきたいと思います。

 

認定理学療法士

認定理学療法士を取得すると、理学療法士協会の会長から職場あてのお手紙が届きます。

そこには「○○(私の名前)は認定理学療法士の試験に合格しました。職場でこの力を発揮できるよう、優遇措置をとることを期待します」みたいな内容が書かれているんです。

 

そのお手紙と、合格証のコピーを上司に渡すことで病院のホームページに乗り、特別な資格をもったリハビリスタッフがいる病院ということで宣伝効果が見込めるわけです。

 

▽詳しくはこちら▽

認定理学療法士受験者向け!出題範囲、試験時間の詳細
認定理学療法士の出題範囲、試験時間などの詳細。

 

3学会合同呼吸療法認定士

3学会合同呼吸療法認定士の資格を取ると、その病院は呼吸療法(Ⅰ)を算定できます。

つまり、通常は呼吸療法(Ⅱ)で1単位80点なのですが、3学会合同呼吸療法認定士を持つスタッフがいるだけで1単位175点も算定できるのでお給料に反映されやすいです。

病院の収益が倍以上になるわけですからね。

 

▽詳しくはこちら▽

3学会合同呼吸療法認定士の試験を妻が終わらせてきた感想
3学会合同呼吸療法認定士の資格試験が終わりました。その結果、どうなったかは本人のみ知ることですが、かなり難しかったようですね。

 

臨床実習指導者

※現在は2021年までに実習指導者は必ず受講することが義務づけられています。

 

臨床実習指導者は厚生労働省が指定した臨床実習指導者講習会に参加することで貰える資格(というか受講証明)であり、実習指導の在り方や方法を学ぶことができます。

当然、このような研修を受けたスタッフはよりよい指導ができるはずなので、実習生が多い職場では昇給アップが見込めます。

 

しかし、それも昔の話で現在は、臨床実習指導者はかならずこの講習を受けなければならないので、もしこの講習を受けても昇給は難しいかもしれませんね。

▽詳しくはこちら▽

【速報!】理学療法士が臨床実習指導をするには厚生労働省が指定した講習会を修了しなければならない!
我々理学療法士は『厚生労働省が指定した臨床実習指導者講習会』に参加し、修了しないと実習指導者になれなくなります。2020年に向けた実習指導の改定についてまとめました。

 

健康運動実践指導士

「健康運動指導士」は、運動指導を担う専門家として、平成19年に「財団法人健康・体力づくり事業財団」によって新たに設立された民間資格です。

高齢化にともない、健康運動指導士の活躍の場も増えてくることが予測され、昇給が期待できる資格です。

健康ネット | 健康運動実践指導者 | 健康運動実践指導者養成講習会開催要領
健康づくりのための運動指導者に興味のある方へ、資格取得までのプロセスをご案内いたします。

 

資格や勉強に精を出しても優遇されない職場は多い

いくら理学療法士が仕事に役立つ資格を取っても、それで優遇される職場はかなり少ないと思います。

実際、以前の職場ではこういった資格での優遇はありませんでした。

 

むしろ、勉強会の参加や理学療法士協会の入会費用などで支出のほうが大きく、資格を取ってもメリットが無いのでヤキモキする人も多いのではないでしょうか?

 

確かに、収入も上がらないような資格を何万円もかけて、しかも休みを何日も削って取得する意味はあるのか?

というと疑問ですね。

ただし、そういった努力を認めてくれる職場も少なからず存在するということを知ってください。

 

資格手当があるかどうかは職場によって異なりますので、もし今資格を持っていたり、今後資格を取ろうと考えている方は求人の募集要項や社内規定を確認してみましょう。

 

頑張っても昇給しないなら転職時かも

理学療法士は一生勉強すべき!と言われていますが、その勉強会に参加するにも、資格を取るにもお金がかかりますよね。

いくら勉強や患者の為だと思っても、無い袖は振れません。

そんなに勉強してほしければ研修会の資金くらい出してくれればいいのに。

 

そんな思いのあなたは、昇給や研修の補助制度がある病院に転職することを考えてもいいかもしれません。

研修会は1回5,000円ほどかかりますし、参考書だって1万円を超える書籍もザラですよね。

呼吸認定療法士だって資格取得までに6万円以上かかります。

 

これらの補助が出たり、資格取得で昇給すれば「もっと頑張ろう!もっと勉強会に参加してみよう!」と思えるかもしれません。

「興味があるけど高いから」という理由で勉強会に参加しないのは非常にもったいないですよね。

 

補助や昇給があったほうが、今後の理学療法士としても絶対に成長すること間違いなしです。

 

だからそういった職場を探すというのも、自分磨きの為には必要です。

当サイトでは私が実際に使った転職サイトを紹介しています。

登録や利用は無料ですし、働きながらでも利用できるので転職する時に活用しないのはもったいない!

 

私が使った中でもPTOT人材バンク が親切でしかも求人数も多くお勧めです。

【PTOT人材バンク】使ってよかった!リハビリ専門の転職サイト|評判と口コミ
「PTOT人材バンク」って評判良いの?リハビリ職専門の転職サイトであるPTOT人材バンクはどういったものなのか、利用する上で知りたいことを徹底的に大紹介いたします!

 

このブログは実際に私が使った転職サイトを紹介しており、その中でもPTOT人材バンク が親切・丁寧でおすすめです。

満足度も高いですし、案件も豊富なのでたくさんの情報を得ることができます。

 

マイナビコメディカルも職場定着率が高くおすすめです。

 

「理学療法士の転職」一覧>>>

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】 年収・ボーナス
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活