【算定期限が切れた!】リハビリを継続するにはどうしたらいい?3つの対処法




リハビリには期限があります。

  • 脳血管疾患(180日)
  • 運動器疾患(150日)
  • 心大血管疾患(150日)
  • 廃用症候群(120日)
  • 呼吸器疾患(90日)

 

起算日は受傷日、または手術日が開始日になります。

例えば、4月1日に転んで骨折をして、当日に「大腿骨頸部骨折」と診断され、保存療法が選択されれば起算日は4月1日。

しかしその後手術療法が選択され、4月4日に手術をしたら起算日は4月4日ということになります。

 

この期限が来るまでは、原則として1日6単位の単位取得が認められます。

※ただし

  1. 回復期リハビリテーション病棟入院料の算定患者
  2. 脳血管疾患等の患者のうちで発症後60日以内の患者、
  3. 入院患者で病棟等において早期歩行、ADLの自立等を目的としてリハビリを行った(施設基準Ⅰ)の患者

上記に当てはまる患者は1日9単位までとなっている

 

リハビリ算定期間を過ぎたらどうなるの?

例えば、運動器疾患でリハビリをしていて150日を過ぎた場合どうなるのか?というと、リハビリの提供ができなくなります。

そのうえでさらにリハビリを提供しようとすると、1月に13単位であればリハビリが可能になります。

 

つまり、今までは毎日6単位介入していたのに、算定期限を超えたとたん週に3単位程度しか介入できなくなる(リハビリ時間が週42単位→3単位に減る)ので、患者に不利益が出てしまいます。

 

また、我々も「リハビリを提供できない患者が増える」ことで、取得単位数が減り、リハビリテーション科の売り上げに大きく響く結果となってしまいます。

 

こういった場合どうすればいいのか、3つの対処法をお伝えします。

 

対処法①:疾患名を変更する

例えば、大腿骨頸部骨折の患者に対し150日間の算定期間を超えた場合、医者に頼んで(もしくは医者が率先して)疾患名を変更することでリハビリの期間を延長させることができます。

よくあるのが

  • 大腿骨頸部骨折→運動器不安定症
  • 腰椎圧迫骨折→変形性脊椎症
  • 上腕骨骨折→肩関節周囲炎

このように疾患名を変更することで、また150日間のリハビリ算定が可能となります。

 

急性期→回復期とリハビリをしてきた患者が、生活期や外来でリハビリをする際には算定が切れている可能性が高いのでこういった対処をすることがあります。

 

対処法②:新しい疾患として算定する

ある程度恒例の患者であれば多彩な疾患を持っている可能性が高いです。

運動器で入院してきた患者も、脳のCTを撮ってみると脳梗塞巣が見つかったりします。

そういった場合、運動器疾患から脳血管疾患に変更して新しい病名として算定することも可能。

 

もちろん、医師がそう診断しなければならないので、脳血管を算定するのであれば脳のCTまたはMRIを撮ることが必要ですし、運動器を算定するのであればその部分のレントゲンを撮っておく必要があります。

 

対処法③:廃用症候群をつける

ある程度入院生活や不動生活が長くなってくると、身体機能が低下してきます。

そういた場合は廃用症候群で算定することが手っ取り早いです。

 

廃用症候群の定義として、「急性疾患等に伴う安静(治療の有無を問わない)による廃用症候群」であるため、運動器疾患や脳血管疾患による廃用として算定できます。

その際、治療開始時においてFIM115以下、BI85以下の状態等のものをいうので、算定が切れる前にしっかりとADL評価をしておくことが必要になります。

 

算定期間をしっかりと把握してリハビリに取り組もう!

急性期病院では算定期間を気にしなくてもいいのですが、回復期・生活期・外来リハでは非常に重要になってきます。

この期間や起算日を知っておくことが理学療法士として重要になってきます。

 

【各疾患の参考はこちら】

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【リハビリ】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活