面接や履歴書の書類選考で採用は決まっている?人事担当にいろいろ聞いてみた!




 

 

学生さん

履歴書の書き方で合否が決まることってあるの?
あるとしたら、面接官はどんな所を見ているの?

 

【この記事で分かること】

  • 履歴書から合否を決定する判断基準とは?
  • 採用担当が見る履歴書のポイント

 

志望する企業や職場が、どういった基準で合否を判定しているのか気になりますよね。
志望者がたくさんいる場合、ある程度書類(履歴書)の内容で合否を判断し、面接に進むことができます。

では、履歴書の内容だけで合否が決まっていることってあるのでしょうか?

ここでは人事選考経験のあるぼくが採用に当たりどういったところを重視するのか、という部分を上司に聞いてきたので、共に解説します。

 

実際に書類選考で採用の可否が決まることはあるのか?

キム兄
キム兄

書類選考の段階で合格か否かが決まることってあるんですか?

上司さん
上司さん

ありませんね。
ある程度、当たりを付けることはありますけど。

キム兄
キム兄

当たりとは?

上司さん
上司さん

「この人なら採用してもいいかも」と、チェックすることです。

 

ぼくの経験上、履歴書のみで合否判定をすることはあり得ません。

履歴書を見て「よさそうだな」「ちょっと話を聞いてみたいな」と思うことはありますが、履歴書のみで「この人は採用決定だけど、とりあえず面接で話を聞いておくか」とはなりません。

あくまで履歴書は、その人の考えや経歴を確認するものです。

 

履歴書の選考を通す!採用担当が見る判断基準

採用試験の応募者が多数いると、どうしても履歴書で人数を絞らなければなりません。
では、採用担当者は履歴書のどういった部分に注目してみているのでしょうか?

当たり前の話をすると、企業の希望している職種の資格や経験を持っていることが大前提です。
それがない時点で履歴書を読まれるまでもなく落とされます。

 

採用担当が見るポイント1:誤字脱字がないか

キム兄
キム兄

履歴書で誤字脱字がある場合、採用担当としてはどう思いますか?
ぼくはあまり採用したくないんですけど…

上司さん
上司さん

基本的に履歴書は公的文書なので、誤字脱字はNGですね。
とはいえ、それですぐに落とされる…ということもないと思います。

ただビジネスマナー的にマイナスポイントですし、仕事を丁寧に対処できないのでは?と思われてしまうので、誤字脱字チェックや表記ゆれのチェックはじっくりとしましょう!

 

表記ゆれ|Wikipedia
ある言語の文字表記において、ある単語が2通り以上の書き方をされることにより、表記にばらつきが生じること。

  • ぼく、僕、ボク
  • 合う、会う、遭う、逢う
  • 引っ越し、引越し、引越など

 

履歴書は公的文書なので、修正テープや消せるインクなどの使用もNGです。
素直に書き直すか、訂正印を押しましょう。

誤字脱字以外にも『下書きの消去が不十分』『空欄が多い』『ペンのにじみ』なども当てはまります。

それくらいいいじゃん!と思うかもしれませんが、あなたの文書は「読む相手」がいるんです。
相手の事を想い、尊敬の念を抱いているのであれば、丁寧に書くべきです。

ラブレターが誤字脱字や下書きだらけだったら萎えませんか?

 

採用担当が見るポイント2:前向きに書かれているか

キム兄
キム兄

履歴書を書く際に、自分のマイナスポイントを書く際のコツはありますか?

上司さん
上司さん

誰にでもマイナスポイントはあるけど、その『悪い所』をうまくアピールポイントに転換してあるかどうかはチェックします。
自分のマイナスポイントを受け入れ、しっかりと良い所に変換していると高評価ですね。

キム兄
キム兄

じゃあ自分の悪い所を履歴書に書いても問題ないんですか?

上司さん
上司さん

全く問題ありません。
むしろ自分の都合の良いことばかり書いてあるほうが不安です。
自分の悪い所を知っているというのは相当な強みですよ!

 

履歴書に書く内容は全てが良いことばかりとは限りません。
しかし、そのマイナスポイントを上手くプラスに転換し、アピールポイントにすると採用担当者は好印象を受けます。

【マイナスをプラスにしよう】

  • 2回留年した→夢を諦めずに努力した
  • おしゃべりだ→誰とでもコミュニケーションを取れる
  • 実習で苦労した→指導により自分の悪い所を把握している

 

採用担当が見るポイント3:欲しい人材と志望動機がマッチしているか

キム兄
キム兄

採用する側としては、どんな人材が欲しいかあらかじめ決めているんですか?

上司さん
上司さん

もちろん、応募資格をクリアしていればよほどのことが無いと書類で落とすことはあり得ません。
しかし、当院が回復期なのに急性期疾患を見たい!とか、整形外科なのに脳血管疾患のスペシャリストを目指している!という方は残念ながら書類で落とします。

キム兄
キム兄

その病院の特色に合った人材が欲しいのは当たり前なので、これは仕方ないかも…
もう少し考えて応募してほしいですね。

応募要件は満たしているのに、希望する仕事内容と実際の仕事内容にズレが生じているケースが意外と多いです。
こういった方は、入職後に「こんなはずじゃなかった、思っていた仕事と違った」と感じて退職してしまうことも多いので、初めから採用には至らないようです。

 

採用担当が見るポイント4:履歴書は7割以上埋まっているか

キム兄
キム兄

履歴書の文章の量はどれくらい書けばいいんですか?

上司さん
上司さん

多すぎても少なすぎてもダメです。
基本的に空欄の7割程度は埋めてほしいですし、多く書く場合は空欄からはみ出ないでほしいですね。

【履歴書の文の量】

7割以上・9割未満を目標に!

 

履歴書にどれくらい書けばいいか悩むと思いますが、基本的には7割以上9割未満を目指します。
とはいえ、長いキャリアのある人は長くなりがちなので、その場合はこの限りではありません。

変に分の量を意識するよりも伝えたいことを簡潔に、はっきりと書いていくほうが先決になります。

 

採用担当が見るポイント5:丁寧に書かれているか

キム兄
キム兄

履歴書の書き方で最も重要なものってなんですか?

上司さん
上司さん

それは「丁寧に書かれているか?」ということです。
最初のポイント①と重なりますが、読む人の事を考えて書かれた履歴書は高評価です。

キム兄
キム兄

それは字を丁寧に書いたり、文章を分かりやすく書いたりということですか?

上司さん
上司さん

はい、字は汚くても丁寧に書こうとした意図は伝わります。
また、文章もそうですが「写真は曲がっていないか」「書類にしわや汚れはないか」「読む側の視点で書かれているか」などがクリアされていると高評価です。

履歴書は、あなたが初めて企業向けに書く「公文書」です。
可能な限り丁寧に書きましょう。

「そんな細かいところまで見るのかよ!めんどくせー!」と、思うかもしれませんが皆さんも日頃から色々な人の細かい所を見ているはずです。

クチャラー・靴を揃えないで脱ぐ・遊んでるのにスマホばかり弄っている…など。

それを見て不快な思いをしている人も多いのでは?
それと同じことが履歴書の書き方にも言えます。

 

【チェックポイント】

  • 写真が曲がっていないか?身だしなみはどうか?
  • 書類は読みやすくまとまっているか?
  • 文章は箇条書きのようになっていないか?

 

相手に読んでいただくという姿勢が、履歴書に現れます。

 

採用担当が見るポイント6:退職理由をしっかり書く

キム兄
キム兄

その他に何か伝えておくべきことはありますか?

上司さん
上司さん

中途採用の場合に限るんですけど、「転職した理由」や「退職した理由」はハッキリと書いてほしいですね。
転職理由によっては、我が職場ではフォローできない可能性もありますし、また辞められても困ります。

あまり公にしたくない気持ちも分かりますが、あなたの人生のターニングポイントを私たちが握っている可能性もあるのでしっかりとお伝えしていただきたいですね。

辞めた理由は非常に書きにくいのですが、採用する側も辞めた理由は非常に気になります。
何か考えが合って退職したのであれば、その理由はハッキリと示すべきです。

あなたも不安かもしれませんが、採用する側も不安なんです。

 

書類選考で通りやすい!履歴書の良い書き方と悪い書き方

履歴書の書き方によって合否は決まりませんが、書類選考の通りやすさが変わってきます。
また、採用担当者の印象もかなり変わります。

採用担当者の心を動かす履歴書の書き方はどうか?
逆に採用担当者に嫌がられる履歴書の書き方はどうか?

まとめていきます。

 

こんな履歴書の書き方ならOK!

  1. 見た目がきれいで「読みたい」と思えるフォーマット
  2. 最初に結論から書かれている
  3. 言葉がうまく繋げられている(無駄がない)
  4. 読み手に優しく短時間で理解できる

 

上司さん
上司さん

何度も出てきたけど「相手に読まれる」という意識を持って書いてほしいです。
字体もそうですが、書類の折り目や写真の糊付けなど、細かい所で好印象を与えることができます。

 

こんな履歴書の書き方はNG!

  1. ダラダラと端的でない
  2. 日付や捺印抜け
  3. 主語が抜けており、分かりにくい
  4. どこかの本を抜粋したかのような書き方

 

上司さん
上司さん

履歴書の書き方が雑だと、あなたの人柄全てが雑に見えてしまいます。
それは非常にもったいないことですよね。
相手の事を考えていない自分本位の書き方は印象が悪いです。

 

転職や就職活動で「やっておいてよかったこと」1位は履歴書の準備

「エン・ジャパン株式会社」によると、転職や就職の際にやっておいてよかったことの第1位は「職務経歴書など応募書類の作成」だそう。

 


エン・ジャパン株式会社

もちろん、履歴書もここに含まれます。
つまり、就職する人にとって履歴書の作成は必須課題と言えます。

履歴書の悩みの多くが「上手く書けない・書き方が分からない」ことだと思います。
書類作成はかなり時間もかかるので、転職や就職を控えている方は早めに準備をしておくことをおすすめします。

 

履歴書で書けないのは「志望動機」がダントツ!

履歴書が上手く書けない…と悩んでいる学生に、どこが書けないのかを聞いたところ、実に半数近くの人が「志望動機」が書けないと悩んでいました。

独自調査によるアンケート結果

自分が志望する職場に対し、なぜその職場を選んだのか?が書けないんです。

書けない理由は様々で

  1. 自己分析不足
  2. 職場のリサーチ不足
  3. 書き方自体がわからないから

というのが多かったです。

履歴書の書き方や、志望動機の書き方なんて習いませんから当然ですよね。

ですので、ぼくが実際に学生に指導している志望動機の書き方をまとめましたので、志望動機が書けない!と悩んでいる方はぜひご参照ください。

採用したい!と思わせる理学療法士(PT)の「志望動機」簡単な書き方
PTの就職や転職に必須な履歴書ですが、その中でも志望動機の書き方に四苦八苦する人も多いのでは?学生指導を担当者が教える、簡単に書けて採用されやすい志望動機の書き方をお教えします!

 

 

もしも履歴書の書き方が分からなかったら?

転職するときに履歴書の書き方や、面接の対応が分からない!と言う方には転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職のスペシャリストなので、経営者や採用担当者に響く履歴書の書き方や面接の方法などを教えてくれます。

履歴書のサポートまでしてくれるエージェントはPTOT人材バンクマイナビコメディカルのスタッフに相談するとイイでしょう。

 

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職の悩み
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活