冬のボーナス(賞与)を貰って退職するには8月に転職活動をした方が良い理由

「冬のボーナスをもらってすぐ辞めたい」

そう考えている方も多いと思います。

結論として、冬のボーナスを貰ってから辞めるには8月・9月には退職の意思を伝える必要があります。

 

ボーナス自体は辞めるとしても、もらう権利はあります。

しかし辞めるタイミングによってはボーナスが減額・不支給になることも。

冬のボーナスをもらって円満に退職するためには、しっかりと退職スケジュールを組むのが大切。

 

この記事ではボーナスがもらえる退職スケジュールの立て方をお伝えします。

 

冬のボーナスを貰う条件

一般的にボーナスは夏と冬の2回支給されます。

冬のボーナスは12月頃に支給され、ボーナス支給日に在籍していれば、退職予定があってもボーナスを受け取ることが出来ます。

 

辞める予定でもボーナスを貰う権利がある

退職予定があってもは、ボーナスを貰う権利はあります。

ボーナスは「定められた評価機関のあなたの仕事対する等価」です。

定められた機関とは、夏のボーナスは12月~5月、冬のボーナスは6月~11月に相当します。

つまり、その期間しっかりと働いていたのであれば、その在籍期間中の報酬なので、退職予定があっても貰う権利は当然あります。

なので、ボーナス支給日に会社に在籍(有給消化中でも可能)しているなら、ボーナスは貰えます。

ただし、支給日前に辞めてしまうと受け取れません。

 

そして注意点としては、会社によっては退職予定者にボーナスを支払わない、減額することもあるらしい。

 

冬のボーナスを貰うスケジュール

冬のボーナスを貰ってから辞めるにはしっかりとスケジュールを組む必要があります。

基本的には逆算していけば大丈夫。

  • 賞与支給日:12月15日
  • 退職希望日:12月16日以降
  • 退職を伝える日:12月16日の3か月前の9月15日
  • 新しい転職先を決める日:9月15日より前
  • 転職活動期間:8月中

 

退職希望日はボーナスが出た後なので、その3か月前に退職を伝えます。

法的には2週間前に伝えればいいのですが、引継ぎ等があるので早めに伝えたほうがいいです。

 

するとボーナス支給日(12月15日)の3か月前の9月15日に退職の意向を伝える必要があります。

となると、次の転職先はそれまでに決めておいたほうが良いので、8月には転職活動をしておくべきですね。

 

7月・8月・9月は転職時期として最適

結論からいうと、7月・8月・9月の転職は、多くのチャンスがある時期です。

新卒採用が一段落した7月・8月・9月は中途採用の求人も増加し、転職活動がしやすい時期と言えます。

その中でも8月は、冬のボーナスを貰うために行う転職活動として早すぎず・遅すぎずの最適な時期なんです。

 

8月の転職活動のポイント

8月に人材募集を行う企業の多くは「夏のボーナス支給後の退職」があったと考えられます。

あなたのように「冬のボーナスを貰ったら辞めよう」と考えている人が夏にもいるということですね。

 

ボーナスを受け取ってから退職を申し出ることが多いので、求人は7月頃から多くなります。

8月に入ってから動き出すより、7月ごろから動向を伺っておくといいかもしれませんね。

 

また、8月は1週間〜10日程度の夏季休暇を取る病院もあります。

病院自体は開いていても、採用担当者が休暇のこともあるので、応募するなら8月の早い時期にしておくほうが無難。

8月前半に求人数もピークになるので、8月初旬には応募先を決めておくことが重要です。

 

8月に転職活動するスケジュール

8月から転職活動を開始するには、すでに8月初旬〜中旬にかけて応募先を決めておくとスムーズに行きます。

なのでできれば7月から転職活動を開始したいところではありますが、PT・OT・ST WORKERなどの転職サイトを活用すれば8月に転職活動を開始しても問題なく求人を探すことが出来ます。

 

採用選考は8月下旬となり、9月くらいには内定を貰える計算になります。

9月に内定をもらえたらすぐに退職を申し出て、12月いっぱいで退職する方向で動きます。

入社時期は職場の事情もりますが、こちらは冬のボーナスを貰ってから辞めたいので、1月入職を希望します。

12月に入ると年末にかけて忙しくなるので、12月に入職するくらいなら1月入社のほうが有難いです。

入社時期については要相談となりますが、第一に12月のボーナスを貰ってから辞める方向で話を勧めましょう。

 

8月の転職活動は、サポートの手厚い転職エージェントも活用しよう

いくら冬のボーナスを貰ってから辞めたいという希望が通ったとしても、採用された新しい職場で長く勤めたいですよね。

そこで「思っていた仕事内容と違う」「自分には合わないと感じた」という失敗は避けたいところ。

求人が増えて選びやすい反面、慎重に検討し、より良い職場を探すことが大切になります。

 

求人が多い時期に探しやすくなりますが、逆に数が多すぎるために「選びきれない」「探すのが面倒」「これでいいや」と、安易に求人先を求めがち。

とくに病院はしっかりと探さないと失敗しやすいので、サポートの手厚い転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーによるアドバイスを受けることをおすすめします。

転職活動はとても大変なので、やはり一人で転職をするよりパートナーがいたほうが絶対に効率が良いです。

私のブログでも転職に関する記事をいくつか作成し、実際に転職サイトを活用して転職活動をしたこともあります。

私が実際に使ってよかったと思えるのが

です。

これらの転職サイトに登録すると、転職のプロが再就職までを無料でサポートしてくれます。

とても親切に対応してくれるし、満足のいく転職活動をすることが出来ます。

ぜひ活用したほうがいいですよ!

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
20代の転職30代の転職【転職のコツ】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活