超簡単にわかる!新しいリハビリテーション実施計画書の書き方




2020年4月からリハビリテーション実施計画書の様式が新しくなりました。

なぜ新しくなったのかはこちら『中央社会保険医療協議会 総会(第436回)個別事項(その11)について|厚生労働省≫

 

この計画書、どうやって書いたらいいか分からない方も居ると思いますので、いろいろ勉強してきたので簡単い分かりやすく解説します。

※ここでのリハビリテーション実施計画書は「別紙様式23」を指します

 

リハビリテーション実施計画書の用途

リハビリテーション実施計画書にはいくつか種類がありますが、主に「別紙様式23」を活用すればOKです。

新様式はこちらのPDFの49・50ページに載っていますのでご参照ください。

様式集はこちら≫

 

さて、このリハビリテーション実施計画書は何のために使うのか?というと「医師がリハビリを指示する際にその目的や方法などについて説明するため」です。

リハビリは医師の指示のもとに行われるものなので、最終的には医師のサイン、患者の同意とサインが必要になります。

本来なら医師が説明すべきものなんですが、医師の業務量の多さや人材不足から、他スタッフが代わりに説明と同意を得る場合が多いのではないでしょうか。

 

リハビリテーション実施計画書の医療点数

  1. リハビリテーション総合計画評価料1:300点
    ・心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
    ・呼吸器リハビリテーション 料(Ⅰ)
    ・がん患者リハビリテーション料又は認知症患者リハビリ テーション料の算定患者、脳血管疾患等リハビリテーション 料(Ⅰ)(Ⅱ)、廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)又は運動器リ ハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)で介護保険リハビリに移行しない患者
  2. リハビリテーション総合計画評価料2:240点
    ・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)、廃用症候群リハビリ テーション料(Ⅰ)(Ⅱ)又は運動器リハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)で介護保険リハビリに移行する患者

以前は計画書を取ると300点(3,000円)でしたが、今回の改定で算定点数が300点と240点に別れました。

月に1度の算定で3,000円の収入になるので、ぜひ算定しておきたいですよね。

というかリハビリを提供する場合は絶対に計画書は必要ですので作っておきましょうね。

 

リハビリテーション実施計画書の書き方

新しいリハビリテーション実施計画書はとても簡単で、該当する項目にレ点チェックを入れていくだけです。

各分野に得手不得手があるので、職種ごとに分けることをおすすめします。

 

必ずしもここで記した部署が記入するべきではないのですが、現場を良く知るリハビリスタッフが書くスペースが大きくなるのは当然の事ですね。

 

リハビリテーション実施計画書の作成の流れ

  1. リハで計画書の欄を記入
  2. MSWに渡し、記入
  3. MSWから病棟に渡し、記入
  4. 患者・もしくは家族に医師または看護師が説明し、サインを貰ったら算定する

 

このような流れがベターかな?と思います。

 

リハビリテーション実施計画書は、入院から7日以内(遅くても14日以内)に算定しなければなりません。

そしてリハビリを受ける全患者に必要な物です。

ぜひ作成していきましょう!

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【リハビリ】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活