訪問リハビリに転職する時に抑えておきたい5のポイントと注意点




訪問リハビリテーション(訪問看護ステーションでのリハビリ)の理学療法士の求人も増えてきており、給料もいいとあって人気の求人になっています。

だからこそ、気になることも多いのではないでしょうか?

 

  • 本当にお給料は良いの?
  • 将来性はあるの?
  • 働きやすさはどうなの?

 

理学療法士が訪問リハビリをしたい!と考えて訪問看護ステーションに転職すると、「あれ?なんか違う…」と違和感を覚えることも少なくありません。

 

まだまだ訪問リハビリがどのような形態で仕事をしているのか不明な点も多いと思いますので、ここでは訪問リハビリで2年間働いた経験のある私が、訪問リハビリに転職する時に気にしてほしいチェックポイントを5つ挙げます。

 

こちらも合わせてぜひご参照ください。

訪問リハビリはきつい?実はバイトや転職におすすめの人気ある仕事なんです!
訪問リハビリは大変?訪問リハで実際働いてみて感じた不安と、必要なスキルをまとめています。実は訪問リハて人気なんですよ!

 

訪問リハビリに転職する時にチェックしたいポイント5つ

訪問リハビリは大きく分けて「病院主体の訪問リハビリ」と「訪問看護ステーション主体の訪問リハビリ」に分けられます。

ここでは、訪問看護ステーションの訪問リハビリについてお話を進めていきますのでご了承ください。

 

訪問リハビリで確認しておきたい事
  • 設立して5年以上経っているか
  • 看護師は多いか
  • 女性で子持ちのスタッフがいるか
  • 給料と休みは明確か
  • 理学療法士が尊敬されているか

 

解説していきます。

 

設立して5年以上経っているか

訪問看護ステーションは看護師がいれば設立できます。

ただ、今はステーションもかなり多くなっていて利用者を獲得するのに結構大変なステーションも多くなっています。

 

だから設立して時間が経っているステーションを選ぶほうが吉

開業してから長く経っているということは、地域に認識されている=利用者を紹介されやすいということが言えます。

長く働くなら、ある程度経営機関の長いステーション(最低でも5年)を選ぶことをおすすめします。

 

私のステーションは設立2年目くらいだったので、職場改善とか利用者獲得とか結構大変でしたよ。

それはそれで楽しいんですけどね。

 

看護師は多いか

訪問看護ステーションの主役は看護師です。

言い換えると、看護師が居なくなるとそのステーションは立ち行き出来なくなります。

 

看護師は激務で、夜間の緊急対応とかもあるのでとっても大変!

看護師はけっこう入れ替わりが激しいので看護師が豊富な職場は働きやすい職場であると言えます。

 

女性で子持ちのスタッフがいるか

ワーキングママが多い職場も、働きやすさを示すパラメーターとして確認しておくといいでしょう。

特に時短勤務や週3勤務などのスタッフがいれば、働く時間の選択ができる職場であると考えていいと思います。

 

もし自分が病気や妊娠などで休みを取らなければならない時も柔軟に対応してくれる職場だと言えます。

ただし、正社員のスタッフよりパート職員のほうが多い職場は注意してください!

 

人材不足でパートに頼った経営をしている可能性があります。

 

▽関連記事▽

【小さい子供がいてもOK!】働くママPTに聞いた嬉しい職場の環境6選!
小さい子供がいても安心して働ける職場ってどんな環境だろう?実際に働くママ達にアンケートを実施、どういった所が働きやすいのかを聞いてみました。あなたの職場はどうですか?

 

給料と休みは明確か

訪問リハビリは「インセンティブ」という歩合制度があるところが多いです。

多くは月81件目から4,000円くらいの所が多いのですが、その歩合制度を含めて予想年収を明確に提示してくれる職場を選ぶと良いです。

400~500万といった曖昧な表現をする職場は避けたほうが良いです。

 

私の職場は「月に100件訪問すれば年収は496万円です」と明確な定時をうけていました。

同様に、休日数に関しても「年休120日・土日休み」とハッキリと提示してくれる職場のほうが安心できますね。

 

理学療法士が尊敬されているか

これ、結構重要です。

訪問看護ステーションは看護師が重要なので、理学療法士は看護師のできない仕事を請け負うとう認識の所も多いように感じます。

 

そうでなくて、理学療法士の仕事を理解して敬意を払ってくれる職場を選んだほうが絶対にいいです。

見分け方は面接です。

ちょっと横暴だったり、上から目線の職場はヤバいです。

 

「来月から働けるよね?」と威圧的な職場より「来月から入職でいかがですか?」と聞いてくれる職場のほうがいいですよマジで。

 

▽訪問リハビリの求人を見る▽

 

訪問リハビリに転職する時の注意点

訪問リハビリに転職しようと考える人は、「患者の為になにかしてあげたい!」!という思いが強く、向上心の高い方も多いです。

ですが、訪問リハビリに転職するメリットばかりに目が行き、デメリットにはあまり気づけない傾向があります。

 

訪問リハビリに手職する注意点にも目を向けてみましょう。

 

訪問リハビリの注意点
  • リハビリ業務以外の仕事が多い
  • コミュニケーションスキルは必須
  • 他人の家に上がれる大きな心

解説していきます。

 

リハビリ業務以外の仕事が多い

訪問リハビリは介入よりそれ以外の仕事が多くあることを知っておいてください。

 

訪問リハビリの仕事
  • カルテ入力
  • 計画書作成
  • 指示書作成
  • 報告書作成
  • ケアマネとの連携
  • リハビリ道具準備
  • 利用費の集金

これは一部ですが、リハビリ介入していればOKというわけではありません。

だから臨床技術を高める!という志だけでは違和感を感じるかもしれません。

むしろ、地域包括システムを理解し、行政に働きかけてやる!くらいのほうが良い気がします。

 

結構忙しいですよ。

 

コミュニケーションスキルは必須

コミュニケーションは患者のリハビリでやってきたから大丈夫!と自信のある理学療法士も多いですが、訪問リハビリはさらに深いコミュニケーションスキルが必要になります。

 

ケアマネと話し合う時間も病院とは比べ物になりませんし、スタッフ間会議でも発言回数は多くなります。

なにより、利用者のみならず利用者の家族とのコミュニケーションも重要になるので、相手を不快にさせず、事務的にならない話し方など学ぶべき物は沢山あります。

 

他人の家に上がれる大きな心

こんな家もあります

 

他人の家でリハビリをするわけですから、様々な問題が出てきます。

キレイな家ばかりではないですし、利用者も清潔とは言い難い方もいます。

 

まさに異空間。

潔癖症の方は厳しいかもしれません。

 

まとめ:訪問リハビリに転職するなら今!

訪問リハビリへの転職はハードルが高いと考えがちですが、そんなことありません。

臨床で3年経験を積んでから訪問リハビリに行こう!なんて考えるんじゃなくて、思い立った今こそ転職していいと思うんです。

 

訪問リハビリは思ってるより敷居は幾位ですし、問題があれば必ずステーションのスタッフやケアマネが助けてくれます。

全部訪問しているスタッフが1人で解決しなければいけない、という事はないので、まずはどんな求人があるかチェックしてみることをおすすめします。

▽無料で利用できます▽

 

 

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活