理学療法士が面接で良い職場を選ぶために確認したい3つのポイント




私は転職を2回してきましたが、1回目は失敗し、2回目で成功したと思っています。

もちろん、転職するまでに面接や施設見学は10社以上行きましたし、面接も何度もしています。

 

その中で、「この病院は避けたほうが良いな」と思える確認ポイントが3つあることに気づきました。

 

転職に失敗したくありませんよね。

失敗しないためには、企業に「選んでもらう」のではなく、こちらが企業や病院を選ぶ立場になるべきです。

 

そこで、今回は「面接で良い職場か分かる確認ポイント」を3つ紹介しますので、転職する時の参考にしてみてください。

 

▽面接対策はこちらの記事をどうぞ▽

【新卒・転職】面接で聞かれる質問と印象良い答え方を採用担当に聞いた
理学療法士(PT)の面接対策法を実際に面接官と協議し、記事にしました。どういった注意点が必要なのか、よく読んでから面接に臨むことをおすすめします!

 

面接で良い職場を選ぶために確認したいポイント

ここを確認しよう
  • こちらの話を聞いてくれる
  • その場で見学に連れて行ってくれる
  • お給料、休みの話を率先してお話してくれる

 

こちらの話を聞いてくれる

話を聞くのは大事です

面接のイメージは

 

  • 面接官が質問する
  • 希望者が答える

 

の繰り返しのように思えますが、じつはこの面接は間違った面接方法です。

 

面接は、お互いが実際に会って人間性や考え方(社風や規律)を確認しあう場なので、面接官が質問して希望者が答えるのは、面接官が選別をしているにすぎません。

 

本来であれば、希望者側にも積極的に質問を促すようなやり取りが必要ですし、希望者側の希望や要望も聞き、それに対するアンサーを出す場でもあります。

 

面接の場で、こちらの話を聞いてくれるかどうか?は重要な確認ポイントになるので覚えておいてください。

 

その場で見学に連れて行ってくれる

見学は大事です

場合によっては、面接日と病院見学日を別々に用意されている場合がありますが、面接に来た時にそのまま病院見学をさせてくれる職場は要職場である可能性が高いです。

 

すぐに見学に連れて行ってくれる職場は、いつでも外部の人間に職場を見せることが出来る環境であるということ。

何事も包み隠さず、素早く対応してくれるのはいい職場の必須条件です。

 

逆に、見学をさせるという約束なのに見せてくれなかったり、見学時間がまりにも短い場合は避けたほうが良いかもしれませんね。

実際にそこで働く可能性があるのに、職場を見せてくれないのは信頼できませんよね。

 

お給料、休みの話を率先してお話してくれる

お金の話も大事です

給料や休み、残業の話などはなかなかこちらから切り出すのは難しいですよね。

逆に、このようい希望者から切り出しにくい事柄を、率先して話してくれる面接官のいる職場は良い職場である可能性が高いです。

 

病院側も、あまり給料が出せなかったり年間休日が少なかったりします。

でも、それを包み隠さず、嘘をつかずにサッと向こうから話を切り出してきた場合、信頼できる職場である可能性が高いです。

 

しかも「あなたの給料は25万円程度です」と、いう出し方じゃなく、昨年度の雇用契約書や実績の書類を元に「去年は大卒の場合25万円でした」と証拠付きで出してくるとなお良いですね。

「20万円以上です」「残業はほぼありません」というような曖昧な答えをしてくる職場は避けたほうが良いかもしれませんね。

 

転職は「人と人の対話」であることを忘れない

転職で気になってしまうのは「お給料」や「休み」ですが、結局は「人と人との関わり合い」であることを忘れてはいけません。

面接は自分が品定めされる場ではなく、お互いに納得いくまで質疑応答をしていく場です。

 

面接で「この職場はちょっと働きたくないな…」と思ったらお断りをすべきですし、気を使って働いても後悔することになりかねません。

楽しく、伸び伸びと、気を遣わず働ける職場が一番ですから、それを面接で確認できればいいと思います。

 

しかし、なかなか内部事情に関しては面接や施設見学だけでは確認しきれないですよね。

面接では聞きにくいこともあるでしょう。

そんな時は転職サイトの転職エージェントを活用するといいですよ!

 

エージェントは、実際に病院に出向いて情報を集めたり、私たちが聞きにくい内容のことも代わりに聞いてくれるのでとても心強いです。

私たちの希望をお伝えするだけで、適した求人の紹介もしてくれるので働きながら転職活動ができるのも魅力です。

登録や利用は無料なので、転職に失敗したくない、と言う方は積極的に活用すべきですね。

 

このブログは実際に私が使った転職サイトを紹介しており、その中でもマイナビコメディカルが親切・丁寧でおすすめです。

満足度も高いですし、案件も豊富なのでたくさんの情報を得ることができます。

 

PTOT人材バンクも職場定着率が高くおすすめです。

 

「理学療法士の転職」一覧>>>

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】 転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活