【理学療法士の出世】実際になって分かった主任になるメリットとデメリット

出世

したい人もしたくない人もいるかもしれませんが、私は「管理職」としてヒラ理学療法士からリハビリテーション科の主任に昇格しました。

出世すると、ちょっといいことが起こりますが、悪いことも当然起こります。

ここでは私が「これは良かった!」と思うことと「イマイチだった…。」ということをお伝えしていきます。

実際に出世してよかったと思いますし、今の仕事は大変だけどやりがいもあります。

とはいえ、さらに高みを目指していきたいか?と言われると「…。」と閉口してしまうのも事実。

実際に出世するとどんなことが起こるのか、メリットとデメリットを紹介します。

これからのキャリアアップを目指す人もそうでない方も必見です!

 

『キャリアアップ』ができる職場についてはこちらの記事を合わせてごらんください。

404 NOT FOUND | 理学療法士の残業ゼロ生活

 

 

理学療法士が出世するメリット

PTが出世するとお給料が上がる

当院では主任になると「役職手当」が付きます。
役職手当は20,000円です。

これを安いとみるか、高いとみるかは人それぞれですが、業務内容は大きく変わるので私は少ないと思いました。

とはいえ、年収で24万円上がるので、主任業務が好きなら大きなメリットになりますね。

ち・な・み・に!

その他の役職に対するモデルが公務員ベースですが発表されています。
理学療法士とはちょっと違いますが、参考までにご覧ください。

係長と課長補佐では15万円も差がある!

【参考|人事院

理学療法士であれば

  • 主任:40,000円
  • 課長:60,000円
  • 部長:80,000円

くらいだと言われています。

つまり当院のベースアップは平均的にみるとクソだということですね。

 

PTが出世すると発言権が得られる

カンファレンスや、物品購入などで、ヒラ社員のあなたが発言しても、あなたの言葉は人事部に届きません。

一旦、リハビリ課長などを通す事で、人事部に通るようになるのです。

 

役職が上がるということは、物事を決定するための発言権が得られるということ。

特に主任クラスになると経営会議にも参加できるので、今までとは比較にならないくらい意見が通るようになります。

 

会議の中で、日・祝日にもリハビリを実施するか否か?という議題が上がったのですが、当院では人員も不足しているのでとても日・祝日出勤ができるような環境ではありません。

日・祝実も運営してほしい病院側と私の面談で「日曜の午前だけなら人員を出せます」と伝えた結果、それが採用されました。

平社員の時は、会社のいう事に従うだけだったのに対し、自分の発言が採用されるようになるのはデカいですね。

自分の意見が通りやすくなれば、自分の理想となるリハビリテーション科を作ることも可能です。

 

PTが出世すると信頼が上がる

「信頼」は仕事をするうえで最も大切なものです。

主任になったことで、信頼性も上がり、仕事もしやすくなりました。

 

  • 彼がやったなら大丈夫
  • 彼の行動なら大丈夫
  • 彼ならなんとかなる

 

そういった信頼もヒラ社員の時とはかなり違います。

医者も私の名前と顔を覚えてくれるようになりましたし、今までは「患者に異変がある→医者に相談したい→看護師を通す→医者が見てくれる」

という流れだったのが直接医者に話を持っていけるようになりました。

 

というか、医者に直接話しかけても医者がイヤな顔をしなくなりました。

本当は全職員に対等に接してほしいんですけどね。

 

PTが出世すると保証があがる

保証とは簡単に言えば老後の保障、つまり『退職金』です。

実は役職が無い人にくらべ、役職についている人は退職金が多くなります。

退職金についてはこちらの記事に詳しく書いてありますが、読んでると悲しくなるから読まないほうがいいかもしれません…
https://hanasaka-pt.com/physicaltherapist-ideco

 

また、なんらかの事情で働けなくなった時でも、いままでのキャリアを生かした仕事を病院側が提供してくれる可能性が高いです。

 

PTが出世するとちょっとやる気が出る

当院では「登用制度」といって、結構めんどうな試験を受けて合格することで管理職になる「権利」を貰えます。

※病院によって異なりますよ!

 

私がなぜ「めんどうな登用試験」を受けたかというと、仕事のモチベーションがかなり下がっていたからなんです。

別に出世しようとする野心があった訳でなく、「なにか新しいことを始めてこのモヤモヤをなくしたい」と考えての行動でした。

 

実際に管理職になることで、仕事のメリハリも付きますし、責任感も(少し)持てるので今はやる気がそこそこある状態。

めちゃくちゃ燃えている訳ではないけど、「出世した」という事実はちょっとくすぐったいような、変な気持ちです。

周りの人が見る目も変わりますし、これは管理職になってみないと分からないかもしれませんね。

 

理学療法士が出世するデメリット

出世も「良いことばかり」ではない…

 

PTが出世すると面倒な業務が増える

主任になると、リハ科を統率する必要があります。

すると必然的に業務が増えます。

 

  1. リハ科の運営管理
  2. リハスタッフの労務管理
  3. 他部門との連絡会議の出席

 

などなど。
けっこう面倒くさい上にミスったらヤバめの仕事が振られるので困っています。

管理職になったけど中身は変わってませんからね。

実際マジで面倒くさいです。

 

特に週に3回は会議に出席しなければならないですし、運営報告や業務改善報告もしなければならないので非常に面倒です。

 

PTが出世すると仕事の範囲が増える

仕事の範囲というか、知っておかなければならないことが増えます。

今までは患者の事だけを知っていればよかったのですが

 

  1. リハ科スタッフのこと(休暇・単位・担当患者・評価など)
  2. 他部門の仕事(いままで絡んだこともない総務課など)
  3. その他細かいルール

 

病院の経営なんかもそうですが、広く浅く知っておかなければなりません。

なぜかって?

急に聞かれたりすることがあるから。

 

電話「○○について知りたいんですけど、担当の方いらっしゃいますか?」
後輩「少々お待ちください。…あのーキムさん、○○についてお電話が入ってますが対応できますか?」
ぼく「あんまりわかんねーけど…。おっけ、じゃあ電話変わるよ。」

 

みたいなことが増えてきます。

これもけっこう大変なんです。

 

PTが出世すると他部門との付き合いが増える

もうこれが超めんどうくさい。

医師はもちろん、病棟ナース・総務課・放射線技師・栄養科・薬剤科・検査科など平社員の時は顔も合わせなかったような人との連携が必要になってきます。

報連相が苦手な人も多い科と思いますが、主任になるとその頻度が爆上がりします。

 

私はあまり人付き合いが得意な方じゃないので、私宛にひっきりなしに電話がくると本当にストレスです。

リハビリ部門には計画書などの書類や、適切なリハオーダー、期限など様々な決まりごとがあります。

それを知らない部門もおおいのでそれを説明するのとか非常に大変でした。

 

だからこんな記事を作ったりしてるんです。

報酬・制度 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

主任になるとリハビリ介入はほとんどなく、多くても1日14単位くらいになります。

それ以外の時間は書類を作ったり他部門と打ち合わせをしたり…人付き合いが好きじゃないと、とてもやってられません。

 

 

まとめ:PTは出世できるチャンスがあればしといたほうが良い!

理学療法士が管理職になると、年収や仕事内容に少しだけ変化が生まれます。

しかし、最も大きな変化は「肩書を得られる」ということ。

理学療法士はこれから20万人になっていく時代ですから、肩書きはあったほうがいいと思います。

特に理学療法士は出世のチャンスはそこまで多くありませんから、積極的に取り組むべき。

 

また、管理職になっていればその後の人生にも何らかの変化をもたらします。

収入が増えたり、新しい仕事を始めたり…チャンスが増えるのも魅力。

 

もしもこれから転職を考えていたとしても、「管理職をしたことある」というアドバンテージはかなり強いです。

このような求人を見たことはありませんか?

【参考|PT・OT・ST WORKER

 

【参考|マイナビコメディカル

クリニックの管理職。経験不問!年収550万円!

これらの求人は『管理職を探している』求人です。

元管理職であれば、このような求人にバッチリ適合するはず!

しかも月給も良い!

こういう所にズバッと飛び込むのも悪くないですよね。

 

管理職になると「いいこと」も「わるいこと」もありますが、管理職の良さは出世してみて初めて分かることかもしれません。

みなさんも管理職を目指してみてはいかがでしょうか?

お待ちしております!

 

【出世するために読んでおきたい書籍2選!】

管理職や役職になるには『ビジネス』も学んでおかなければいけません。

最新版!ビジネスに使える基盤の集大成です。

 

役職に就いたら人の話を聞いてるだけではNG。

伝えられるようにならないと。

『キミの話は分かりにくいねぇ』と言われた方、『伝言したのにうまく伝わらなかった』という経験を持つ方

必読です。

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【仕事の悩み】技術(スキルアップ)
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活