理学療法士1年目は夏のボーナスはなし?賞与について知っておくべき4つの事

理学療法士として入職し、3か月頑張ってきた皆さん。

さぁ、夏といえばなんですか?

 

夏休み?いやいや、ボーナス(賞与)でしょう!

 

後輩さん
後輩さん

夏といえばボーナスの時期だよね!

後輩さん
後輩さん

私はいくらもらえるのかな?ワクワク!

 

実際に求人票には「賞与○ヶ月分」と書いてあったとしても、実際にはほとんど支給されなかった、なんてことはよくあります。

特に新人の夏のボーナスはほとんどの人が貰えません。

 

 

後輩さん
後輩さん

マジで!?

後輩さん
後輩さん

マジか!?

 

さて、今回は「ボーナスに期待している新人理学療法士」に向けて書いています。

今申し上げた通り、新人理学療法士は夏のボーナスが出ませんし、出たとしても少しでしょう。

 

  1. なぜ1年目はボーナスが出ないのか?
  2. 1年目はいつボーナスが全額貰えるのか?
  3. なぜ1年目はボーナスが少ないのか?
  4. どうすればボーナスが増えるのか?

 

そんな疑問に答えていきます。

 

 

理学療法士1年目の夏のボーナスが出ない?その理由

新人は査定期間で働いていないからボーナスなし

後輩さん
後輩さん

な、夏のボーナスが出ないって…どういうことなの?

 

基本的にボーナスはある期間、会社に貢献したという『査定』から特別に賃金を上乗せしようという制度です。

夏のボーナスの査定期間は『12月~5月』としている会社が多いので、その期間に国家試験の合格に向けて頑張っていた新人さんたちは2か月しか働けていません。

つまり病院に貢献していないので、基本的にボーナスは出ないんです!

 

後輩さん
後輩さん

ガーーーーン!!!!

 

ボーナスは別名「賞与」と言います。

賞与とは… 功労に対して、ほうびとして金品を与えること

とされており、まだ功績のない1年目の新人さんには賞与が与えられなくて当然ですよね。

 

※求人票には、夏期・冬期賞与 2ヶ月分、とありますが、1年目の夏に関しては賞与はでません。
賞与の査定期間での働きに応じてボーナスが出るんだ、ということを覚えておきましょう。

 

理学療法士1年目でも、夏のボーナスはゼロではない

夏のボーナスが出ないことを知って肩を落とす新人たち。

でもまったく賞与がゼロという職場は少ないので、安心してください。

後輩さん
後輩さん

夏のボーナスが全くでないなんて…
頑張って働いてきたのに…。

後輩さん
後輩さん

もう夢も希望もないね

 

ガッカリするのも分かりますが、こればかりは仕方ありません。

でも実はボーナスはでないけど、新入職員にも『寸志』という形で特別にお金が与えられる場合もおおいんです。

【寸志】
少しの気持ち。わずかの厚意。自分の気持ちをへりくだっていうことが多い。
心ばかりの贈り物。 (weblio

 

後輩さん
後輩さん

ほんとうにー!?

後輩さん
後輩さん

やったー!
で!で!どれくらいもらえるの!?

 

私が新人の頃にいた病院では10,500円でした。

ぼくの新人の頃の夏ボーナス…

 

後輩さん
後輩さん

い…いちまん…ごひゃくえん…

後輩さん
後輩さん

お年玉のほうが多いね…。

 

まぁ私が新人の頃に働いていた整形外科クリニックは医者のワンマン経営だったし、ブラックでしたから。

一般的には『基本給の半分程度』が支給されると思われます。

後輩さん
後輩さん

私は18万円だから9万円くらいか。

後輩さん
後輩さん

それでもでないよりいいね。
あーよかった!

 

※新入職員も夏のボーナスは0円ということは少ないです。相場はだいたい5万円~基本給の半分程度は出るところが多いようですね。

 

今回の記事作成に当たり、2年目~3年目の後輩から「1年目の夏のボーナスは幾らもらえたのか?」を聞いてみました。

参考にしてみてください。

 

理学療法士1年目の夏のボーナス金額(総支給額)
整形外科クリニック老人保健施設回復期病院一般病院
7.5万(0.5か月分)9.5万(0.75か月分)10万(1か月分)7.5万(0.33か月分)

 

どのスタッフも1か月分以下でした。

一応「賞与」としてもらっているようですが、この金額は「寸志」ですね。

 

理学療法士1年目のみならず、転職した人も夏のボーナスはもらえません

先ほど申し上げた通り、夏のボーナスの査定期間は12月~5月です。

なので、この期間外に転職してきたり、期間内でも2月に転職してきたりした方はボーナスが全額出ないと考えていいでしょう。

 

だから前の職場でボーナスをもらってから辞める人が多いんですよね。

ただし、給料が転職前後でガッツリ変化する人は、ボーナスを貰わないで辞めることも視野に入れたほうがいいです。
詳しくは『理学療法士の転職時期は賞与前が吉!ボーナスを貰う前に転職すべき理由とは 』をご覧ください。

では、いつから満額貰えるようになるのでしょうか?

 

理学療法士1年目が満額でボーナスが貰えるのはいつから?

後輩さん
後輩さん

ところで、夏のボーナスは少ない、もしくはもらえないというのは分かったけど、いつから満額貰えるようになるの?

 

冬のボーナスの査定が6月~11月なので、新人さんでも冬のボーナスから満額貰えると思われます。

後輩さん
後輩さん

よかった!
冬はちゃんともらえるんだ♪

ただし、欠勤がなかったり病院指定の研修会などにしっかり出ていて、病院に貢献している場合に限ります。

もし無断欠勤など、勤務態度に問題があり、素行が悪いとボーナスは減らされてしまう場合もあるから要注意!

※新入職員がボーナスを満額貰えるのは冬からです。
冬のボーナス時期までしっかりと仕事をしていれば、基本給の〇か月分というボーナスが手に入るはずです。がんばれ!

 

理学療法士1年目が冬に貰える金額は?

新人でも、冬のボーナスは満額出ます。

そうすると、「基本給×指定支払月数」が総支給額になります。

例えば「賞与:年2回(年4か月)」と書いてあれば、基本給×2をした金額があなたの冬のボーナスです。

基本給ベースで考えてください。

総支給×2ではありませんので注意!

理学療法士1年目の冬のボーナス金額(総支給額)
整形外科クリニック老人保健施設回復期病院一般病院
10万(0.5か月分)20万(1.5か月分)30万(2か月分)20万(1.5か月分)

これくらいがだいたい平均の金額になります。

理学療法士の平均ボーナスはいくら?

理学療法士のボーナスの平均は、夏と冬を合わせて64万円だそうです。
【参考|賃金構造基本統計調査:厚生労働省

基本給の平均が20万円くらいだと仮定すると、4か月分のボーナスで60万円前後なので信頼性はありますね。

 

理学療法士のボーナス平均【参考|賃金構造基本統計調査:厚生労働省
2017年639,900円
2016年701,200円
2015年639,900円

 

しかし、1年目の理学療法士はおそらくこの半分にも満たないでしょう。

 

後輩さん
後輩さん

なんで1年目のPTはそんなにボーナスが少ないの!?

後輩さん
後輩さん

ひいきだ!ひいきだ!

 

なんで1年目の理学療法士のボーナスが少ないのか?その疑問に答えていきましょう。

 

1年目の理学療法士のボーナスが少ない理由

新卒理学療法士は基本給が安いからボーナスが少ない

1年目の理学療法士のボーナスが少ない最大の理由は「基本給が少ないから」としか言えません。

ボーナスは「基本給×支払い月数」で計算されます。

4か月の支給だとしても、基本給が20万円なら80万円、25万円なら100万円となります。

新人はどうしても基本給が少ないからボーナスも少なくなりがちなんです。

後輩さん
後輩さん

世知辛いね。

後輩さん
後輩さん

じゃあ最初から基本給の高い職場に就職したほうがいいってことね。

 

ボーナスは年収にも大きく影響します。

  • 基本給が高い職場
  • ボーナス支給月数が多い職場

年収を気にする人は、ここを絶対に外さないようにしましょう。

ボーナスは年収の3割近く占める重要なお金。

基本給が1万円違うだけで年収が16万円も違ってくるので基本給はしっかりと確認しておきましょう。

 

理学療法士1年目は「査定」がないからボーナスが低い

ボーナスは「基本給×支払い月数」で金額が決まりますが、それ以外に人事課による「働き方の査定」でもボーナスの金額に影響します。

 

病院
人事

あのスタッフはよく働いたからボーナスを少し大目に上げよう
あのスタッフは期待した働きをしてないから下げよう

 

こういった査定が行われています。

 

上司さん
上司さん

多くは私たち「管理職」によって査定し、それを人事課に報告するの。

その査定期間が夏のボーナスの場合「12~5月くらいまで」なので、新人は査定期間がどうしても短くなります。

査定期間が短いので、ボーナス自体も少なくなってしまう傾向にあるんですね。

 

1年目の理学療法士でもしっかりとボーナスを貰いたい場合

新人理学療法士は夏のボーナスは出ませんが、例外があります。

それが「公務員」です。

市立病院や県立病院などで働く公務員になると夏のボーナスがあります。

 

でもなかなか公務員として働ける人は限られてしまうので、夏のボーナスはあきらめるしかありません。

ただ、病院によっては、1年目からしっかりボーナスを支給するところもあるので、そういう職場だとラッキーですね。

 

入職前にしっかりと求人をリサーチしておくと、夏にもボーナスがでる職場を探し出すことが出来るかもしれませんね。

 

ボーナスを上げるために1年目の理学療法士がすべきこと

1年目の理学療法士がボーナスアップさせるためにすべきことはたくさんあります。

 

【ボーナスアップを目指せ】

  1. しっかりと単位を取る
  2. 院内外の勉強会に参加する
  3. 上司に報連相(報告・連絡・相談)をする

 

この3つをしっかりやっていれば査定があがり、ボーナスアップが期待できます。

特に上司に報連相をしていれば、プラス査定になりやすいので積極的に相談しに行こう!

 

もしもボーナスが出なかった時の対処法

ボーナスが支給されなかった…

考えたくもありませんが、そういう職場もあります。

 

特に「賞与4か月」と書いてあるのに、その通り支給されなかった場合はかなりヤバいです。

 

後輩さん
後輩さん

契約書に書いてあるのに支給されないなんてことあるの?

 

契約書に書いてある以上、それは会社の義務なので支払わなければなりません。

それにもかかわらず、支払われないということは…

後輩さん
後輩さん

と、いうことは…?

業績が悪化している可能性ありです!

 

 

後輩さん
後輩さん

ひぇ…!

 

病院全体の売り上げが落ちていたり、職員の入れ替わりが激しかったりする職場は危険かもしれません。

特に求人票に「賞与4ヶ月」と書いてあったのに支給されないとかなりヤバいです。

場合によっては1年目でも転職を考えた方がいいかもしれません。

 

ボーナスは1年目でも50~60万円貰えます。

それが全くない職場って、年収が50~60万円も低いという事。

私が新人の頃の職場は、ボーナスは年間15万円くらいでした。

友人と比べて40万円も少なかったんです。

 

ボーナスが少ない職場は業績が悪いか、経営者がケチなので将来性は無いと考えてOK。

私はすぐに今の職場に転職しました。

基本給が高く、賞与4か月の職場はPT・OT・ST WORKERにたくさん出てるので、ぜひ探してみてください。

「基本給が高い」「支給月数が多い」「昇給がある」所を目指しましょう。

1年目の転職が不安という方は、実際に1年目で転職した理学療法士の話を記事にしてありますので、ぜいご覧ください。

PT1年目、理学療法士辞めました【体験談】
1年目の理学療法士仕事が辛くて辞めたい…!でも1年目で転職なんてできるの?そんな思いをお持ちの方に、実際に1年目で転職した理学療法士の体験談を用意しました。実際に辞めるまでの壮絶な経緯と、実際に転職して分かった事とは?

 

本来支払われるはずのボーナスが支払われなかった場合、支払われなかったボーナス分を取り返したいですよね。

サービス残業の時と同じように、労基署(労働基準監督署)に相談しましょう。

詳しい方法はこちらの記事に書いてありますので、もしもボーナスや残業代が支払われていない場合、必ず目を通してください!

【社会人の基礎知識】残業代の計算方法と支払われない場合の対処法>>>

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
20代の転職PTとお金の関係【お金の悩み】【転職のコツ】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活