【最速報】第55回:理学療法士国家試験の解答をササッと確認!(解説なし)




第55回(令和元年度)理学療法士の国家試験は令和2年2月23日(日曜日)です。【厚生労働省|理学療法士国家試験の施行

 

解答が分かり次第、順次upしていく予定です。

【予定】

  • AM問1~50:2月23日21時ごろ
  • AM問51~100:2月23日23時ごろ
  • PM問1~50:2月24日10時ごろ
  • PM問51~100:2月24日11時ごろ

※予定は変更される場合もあります。

 

2020年(令和元年度)第55回理学療法士国家試験の解答をササッと確認するための記事です。

解説等ありませんのでご了承ください。

 

 

 

第55回理学療法士国家試験解答速報

午前の解答:問題1~50

 

【A問1】

【A問2】

【A問3】

【A問4】

【A問5】

【A問6】

【A問7】

【A問8】

【A問9】

【A問10】

【A問11】

【A問12】

【A問13】

【A問14】

【A問15】

【A問16】

【A問17】

【A問18】

【A問19】

【A問20】

【A問21】

【A問22】

【A問23】

【A問24】

【A問25】

【A問26】

【A問27】

【A問28】

【A問29】

【A問30】

【A問31】

【A問32】

【A問33】

【A問34】

【A問35】

【A問36】

【A問37】

【A問38】

【A問39】

【A問40】

【A問41】

【A問42】

【A問43】

【A問44】

【A問45】

【A問46】

【A問47】

【A問48】

【A問49】

【A問50】

 

午前の解答:問題51~100

 

【A問51】

【A問52】

【A問53】

【A問54】

【A問55】

【A問56】

【A問57】

【A問58】

【A問59】

【A問60】

【A問61】

【A問62】

【A問63】

【A問64】

【A問65】

【A問66】

【A問67】

【A問68】

【A問69】

【A問70】

【A問71】

【A問72】

【A問73】

【A問74】

【A問75】

【A問76】

【A問77】

【A問78】

【A問79】

【A問80】

【A問81】

【A問82】

【A問83】

【A問84】

【A問85】

【A問86】

【A問87】

【A問88】

【A問89】

【A問90】

【A問91】

【A問92】

【A問93】

【A問94】

【A問95】

【A問96】

【A問97】

【A問98】

【A問99】

【A問100】

 

 

午後の解答:問題1~50

 

【P問1】

【P問2】

【P問3】

【P問4】

【P問5】

【P問6】

【P問7】

【P問8】

【P問9】

【P問10】

【P問11】

【P問12】

【P問13】

【P問14】

【P問15】

【P問16】

【P問17】

【P問18】

【P問19】

【P問20】

【P問21】

【P問22】

【P問23】

【P問24】

【P問25】

【P問26】

【P問27】

【P問28】

【P問29】

【P問30】

【P問31】

【P問32】

【P問33】

【P問34】

【P問35】

【P問36】

【P問37】

【P問38】

【P問39】

【P問40】

【P問41】

【P問42】

【P問43】

【P問44】

【P問45】

【P問46】

【P問47】

【P問48】

【P問49】

【P問50】

 

午後の解答:問題51~100

 

【P問51】

【P問52】

【P問53】

【P問54】

【P問55】

【P問56】

【P問57】

【P問58】

【P問59】

【P問60】

【P問61】

【P問62】

【P問63】

【P問64】

【P問65】

【P問66】

【P問67】

【P問68】

【P問69】

【P問70】

【P問71】

【P問72】

【P問73】

【P問74】

【P問75】

【P問76】

【P問77】

【P問78】

【P問79】

【P問80】

【P問81】

【P問82】

【P問83】

【P問84】

【P問85】

【P問86】

【P問87】

【P問88】

【P問89】

【P問90】

【P問91】

【P問92】

【P問93】

【P問94】

【P問95】

【P問96】

【P問97】

【P問98】

【P問99】

【P問100】

理学療法士になる前に転職サイトに登録しよう!

学生さん

国試が終わったばかりなのに転職サイトだって?

キム兄
キム兄

と思うかもしれませんが、今の時代、理学療法士の転職は必須です。

 

もちろん、長く同じ病院に勤めるにこしたことはありませんが、年収を上げたりキャリアアップを目指すのであれば転職は必須。

ただし、キミたちが今、転職サイトに登録するのは転職することが理由ではありません。

 

転職サイトには、仕事のノウハウが詰まっています。

マイナビコメディカルには、職場の情報コンテンツが満載ですし、読んでるだけでも面白い!

 

 

これがかなり役に立つので、入職前に一通り読んでおくのもおすすめ!

くわしくはこちら▼

理学療法士の転職はマイナビコメディカル|口コミや特徴実際に使って徹底解説!
理学療法士の転職におすすめなのが「マイナビコメディカル」。口コミや評判から分かる、マイナビコメディカルの特徴についてお伝えします。理学療法士なら登録すべき転職サイトでしたよ!

 

また、理学療法士はいまは飽和状態です。

だからこそ、転職情報を見て『いま必要とされている理学療法士像』を知っておく必要があると考えます。

 

まだ新人のキミたちだからこそ、将来の可能性は無限大!

転職サイトは、今の時代が求めているセラピスト像がはっきりと写し出されているので、理学療法士になるまえに自分のなりたい理学療法士をイメージしておくといいでしょう。

 

▼学生でも登録可能な転職サイト▼

▼日本一有名で面白いコンテンツ満載!▼

 

第55回理学療法士国家試験の合格基準

理学療法士国家試験は全部で200問。

 

  • 一般問題(160問):各1点(160点満点)
  • 専門問題(40問):各3点(120点満点)

 

で計算され、280点満点の内168点以上取れば合格となります。

 

しかし、合格にはさらに条件があり

 

  1. 280点の内168点以上
  2. 実地問題で43点以上(11問以上)

 

という条件をクリアする必要があります。

 

169点を取っていても実地問題が40点だった場合、不合格ですのでご注意ください。

 

自己採点の合格判定

ここでの解答予想はあくまで【予想】です。

実際には厚生労働省の解答が出るまで気は抜けませんし、不適切問題等で合格基準が変わる可能性もあります。

では、どれくらい自己採点の点数が取れていればいいのでしょうか?

 

自己採点が175点以上だった場合

このサイトでの自己採点が175点以上だった場合、ほぼ間違いなく合格していると考えられます。

次は理学療法士免許の申請が必要になるので、『カンタンにわかりやすく説明!理学療法士免許の申請の方法まとめ』という記事に詳しく記載していますのでご参照ください。

カンタンにわかりやすく説明!理学療法士免許の申請の方法まとめ
国家試験に合格した!次は何をやればいいんだっけ?免許の申請方法を見てもよくわからない!だれか簡単におしえてー! 【この記事で分かること】・理学療法士免許の申請の手順・理学療法士免許の申請に必要なもの

 

自己採点が170点前後だった場合

合格か不合格かは微妙なラインです。

不適切問題次第では、不合格もあり得ますが概ね合格すると思われます。

 

自己採点が165点/166/167点だった場合

点数的には不合格ですが、不適切問題次第ではまだ望みはあります。

合格発表まで希望を持っていきましょう。

 

自己採点が164点以下だった場合

不適切問題次第では合格もありえますが、ほぼ不合格だと思っていいと思います。

学校の先生に相談しつつ、合格発表をお待ちください。

 

合格/不合格でこれからすべき行動

合格基準を満たしている場合は、こちらの記事をご参照ください

PT国家試験の自己採点で合格ラインを超えたらすぐにやるべきこと
理学療法士国家試験の自己採点が168点以上だった! まずは何からすればいいのかな? 【この記事で分かること】 ・理学療法士国家試験の自己採点後にするべき行動 ・合格基準を超えていた場合の行動

 

不合格の可能性がある場合は、こちらの記事をご参照ください

合格ラインに届かない!PT国家試験の自己採点の結果が悪い時どうする!?
理学療法士国家試験の自己採点で168点に届かなかった!そんな時どうしたらいいんだろう!あぁ…どうしよう!【この記事で分かること】・理学療法士国家試験の自己採点が167点以下だった時の行動・点数によって持つべき心構え・来年に向けてどう動くか

 

▽これから理学療法士になる人に読んでほしい記事▽

理学療法士のキャリアプランを考えよう!新人から定年までの生き方とは?
理学療法士のキャリアプランについてまとめ。自分が理学療法士になった目的をもう一度思い返し、自分の定年までのキャリアプランを思い描いて人生のゴールを明確にしていくことで、モチベーションの維持にもつながります。
理学療法士の仕事を徹底解説!理学療法士が活躍できる分野や、仕事内容とは?
理学療法士の仕事について気になる内容をまとめました。
出世したくないなんてもったいない!キャリアアップでお金を稼いで将来安心
理学療法士の将来はぶっちゃけ不安です。だからこそキャリアを積んで出世していかなければなりません。安心を得るために!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【技術・知識】国家試験
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活