【理学療法士国家試験】自己採点で合格(168点以上)だった時にすぐにやるべきこと

 

学生さん

理学療法士国家試験の自己採点が168点以上だった!
まずは何からすればいいのかな?

 

【この記事で分かること】

  • 理学療法士国家試験の自己採点後にするべき行動
  • 合格基準を超えていた場合の行動

 

合格点おめでとうございます!

 

しかし、まだ自己採点の段階ですので、ちゃんと合格発表されるまで安心できませんけどね。

しかし、合格基準に達しているのであれば、するべきことがあります。

ここでは、合格基準に達していた方に向けて、取るべき行動をお伝えします。

 

 

理学療法士国家試験の合格ラインに達していたらすべきこと3つ

職場に連絡はまだ入れない!

あなたの就職する病院や施設に連絡はまだ入れないでください!

合格点に達したとはいえ、まだ自己採点。

3月に正式な合格が出るまで職場には連絡しないでOKです。

3月の合格発表の後、改めて電話して入職の日や時間を聞くといいと思います。

 

学校の先生へ連絡を入れる

あなたの合否を最も心配しているのが学校の先生です。

翌日に学校に行ったら、まずは先生に報告しましょう。(たぶんこちらから言わなくてもすぐに聞かれます)

 

また、学校側が自己採点の時間を取ってくれる場合もありますので、参加しておきましょう。

そこで、今後の動き(卒業までの動き方)を説明されると思います。

 

思い切り遊ぼう!

卒論などがなければ、合格発表までやることはありません。

卒業旅行などで思い切り羽を伸ばしていいと思います。

入職に向けた準備として、さらに勉強が必要かと思われがちですが、全く必要ありません。

病院によっては

  • 物理療法を勉強してきてください
  • 脳卒中を勉強してきてください

などと言われますが、まだ勉強しなくていです。

 

どうせ1年目は即戦力になりませんし、焼け石に水です。

だったら、最後の学生生活を大いに楽しんだほうがイイと思いますよ!

 

理学療法士の免許の申請にいこう!

こちらは、合格発表後にすべきことなので、まだやる必要はありません。

しかし、どんな感じでやればいいのかは、あらかじめ知っておいたほうがいいと思います。

 

免許申請の方法はこちらの記事で詳しく説明しています。

理学療法士免許の申請はすぐにすべき!超簡単にわかる申請方法
理学療法士の免許申請はすぐにやらないと損をします。そんな手続きの手順を丁寧にお教えします。

 

まだ就職先が決まっていない場合

全力で就職先を探してください。

職場によっては、欠員が出たりするので就職は容易です。

 

転職サイトを利用すれば、すぐに就職できる求人を探すことが出来ます。

PT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルは求人情報が豊富でおすすめです。

【デメリットあり】PTOTSTワーカーを実際に使ってみた感想
「PTOTSTワーカー」って評判良いの?リハビリ職専門の転職サイトであるPTOTSTワーカーはどういったものなのか、利用する上で知りたいことを徹底的に大紹介いたします!

 

もちろん登録や利用は無料ですし、最初にかかってくる電話で簡単な条件等をお伝えすればあなたに適した職場をいくつかピックアップしてくれるのでとってもラクです。

中には新人で年収450万円や、年間休日124日の職場に勤めている人も!

 

まとめ

合格点を取ったらすべきこと
  • 学校に報告
  • 思い切り遊ぶ
  • 免許の申請に行く

 

お忘れなく!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

【資格・試験】国家試験
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活