理学療法士が転職に成功2つのポイントを解説!実際に転職して分かった事

※当ページのリンクには一部広告が含まれています。

私は転職を2回しています。

転職理由は、以前の職場が合わなかったことと、お給料が少なかったことが原因です。

 

私は2年目で転職していますが、正直、最初の転職は失敗でしたね。

思うように給料も上がりませんでしたし、仕事の拘束時間も長かったので嫌になってしまいました。

 

今は回復期で働いていますが、お給料も休みも平均より多く貰えているし、何よりも楽しく働けているのでかなり良い職場だと思います。

 

私の転職経験から、転職に成功するポイントは2つあることが分かったので、転職を考えている方は参考にしてみてください。

 

▽新人で転職を考えている方におすすめ▽

新卒1年目で仕事を退職したいけど不安です
1年目だけど仕事を辞めたい…と考えている人が増えているようです。不安な気持ちは良くわかります。楽観的なことは言えませんが、今の職場を離れて良い環境で働いている方は大勢います。

 

理学療法士が転職に成功するポイント②つ

 

理学療法士が転職を成功させるためのポイントは

  1. 明確な目的と譲れないポイントを考える
  2. できるだけ情報を集める

です。

 

この2つさえ押さえておけば、転職はほぼ100%成功します。

 

①明確な目的と譲れないポイントを考える

まず転職するにあたり、明確な目標を立てましょう。

 

  • お給料を増やしたい→年収450万円以上
  • 休みが欲しい→年間休日120日以上
  • 職場に通いやすいほうが良い→18時までに家に着く

 

こういった目標が明確なほど、自分の求める職場像がハッキリと見えてきます。

なんとなく転職したい、このまま働いていいのか不安だから転職したい…

というような曖昧な理由で転職すると、きっと失敗します。

 

私も「給料を上げたい」という理由で最初に転職しましたが、そこで待っていたのはちょっと上がった給料とあまりよくない職場環境でした。

いわゆるワンマン・家族経営の病院だったのでめちゃくちゃ働きにくかったです。

 

このように「お金」だけで仕事を探すと痛い目を見ます。

自分がなぜ転職したいのか?具体例を出していきましょう。

 

転職の希望は明確に!

 

②できるだけ情報を集める

転職に成功するためにはできるだけ情報を集めるほうが良いです。

 

  • A病院はいつも求人を出している
  • B病院は残業が多い
  • C病院は有休がとりにくい
  • D病院は職場の雰囲気が悪い

 

色々な情報がありますが、そんな情報を集めるのはなかなか難しいですよね。

その職場で働いてるスタッフとお話しできれば一番いいのですが、そうもいきません。

 

だから私は転職サイトに登録し、転職エージェントから情報を貰うことを強くお勧めします。

転職エージェントは、我々が聞きにくい「給料・休み・職場の雰囲気」を情報として与えてくれます。

登録も利用も無料なので、転職活動で活用しない手はありません。

 

最大のカギはあなたの「人柄」を前面に押し出すこと

人柄が最大のカギ

転職活動を成功させるためには、あなた自身がしっかりと自分の良い所、悪い所、今後の目標を理解しておかなければなりません。

転職は人と人の対話が基本です。

 

「あなた」という特別な存在を余すことなく相手に伝えるスキルも重要になってきます。

そうなると、やはり履歴書の書き方で自分をしっかりと伝えなければなりません。

 

▽採用担当に響く履歴書の書き方▽

履歴書の書き方で採用?印象に残る志望動機・自己PRの書き方
履歴書の書き方で合否が決まることはありませんが、よい印象を与えて合格しやすくなることはあります。そんな履歴書の書き方を採用担当者に聞いてきました!

▽採用したいと思わせる志望動機の書き方▽

【転職・就職】理学療法士の履歴書「志望動機」の簡単な書き方のコツ
PTの就職や転職に必須な履歴書ですが、その中でも志望動機の書き方に四苦八苦する人も多いのでは?学生指導を担当者が教える、簡単に書けて採用されやすい志望動機の書き方をお教えします!

 

そして、面接ではしっかりと自分の考えを伝え、面接官に好印象を与えなければなりません。

人は第一印象で7割が決まります。

面接で印象が悪ければ、いくら能力があっても採用は難しくなってしまいますから。

 

▽好印象を与える受け答え▽

【新卒・転職】面接でよく聞かれる質問と印象良い答えを採用担当に聞いた
理学療法士(PT)の面接対策法を実際に面接官と協議し、記事にしました。どういった注意点が必要なのか、よく読んでから面接に臨むことをおすすめします!

 

転職を成功したいと考えるあなたへ

転職を成功させるためには

  1. 明確な目的と譲れないポイントを考える
  2. できるだけ情報を集める

ことがポイントとなります。

 

転職情報については、私のブログ内でも扱っていますので気になるワードを検索してみてください。

また、先ほどもお伝えしたように、情報収集するなら転職サイトに登録したほうが手っ取り早いです。

 

転職サイトでは転職のプロが無料でサポートしてくれますので、成功する確率をグンと高めてくれます。

私も転職サイトを利用した結果、今の職場に勤められましたからね。

おすすめです。

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはレバウェルリハビリPT・OT・ST WORKERの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はレバウェルリハビリがおすすめです。

レバウェルリハビリは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

理学療法士の転職に「レバウェルリハビリ」をおすすめする訳|口コミや評判で分かる理由
実際にレバウェルリハビリはどんな人におすすめなのか?実際に使った評判や口コミをもとに徹底的に考察していきます。メドフィットって実際にどうなの?

 

【PR】今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

レバウェルリハビリ

レバウェルリハビリは最近話題の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

 

【転職のコツ】準備・対策
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活