理学療法士の仕事が楽しくない、やりたいことが分からない時の解決方法







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

仕事にやりがいが無く、面白くない。

かといって、ほかにやりたいことがあるわけでもない。

 

そんな悩みを持っている方も多いはず。

もっとやりがいのある職場でバリバリ働きたいけど、何をしたらいいか分からないからとりあえず転職をしようか悩んでいる訳です。

 

しかし、やりたいことが無い状態で転職をしても、次の職場でやりがいのある仕事に就けるか?といったら難しいかもしれません。

まずは一旦落ち着いて、なぜ今の仕事にやりがいを感じていないのか?面白くないのか?を考えてみましょう。

 

【転職の失敗体験談】
理学療法士の転職失敗談からわかる成功するたった2つのポイント>>>

 

仕事にやりがいを感じない原因と解決策

仕事にやりがいを感じないのはなぜか?というのを考えてみましょう。

 


  • 配属先が希望と違う
  • 仕事が面白くない
  • 待遇が良くない

 

いろいろ出てくると思います。

まずはこの「仕事にやりがいを感じない原因」をピックアップし、それを解決する方法を模索していきましょう。

仕事が面白くない、会社がつまらないと感じる人におすすめの対処法
仕事が面白くないと感じたときに実践している内容をまとめました。効果は抜群ですので、ぜひ試してみてください。

 

 

ポイント
  • 配属先が希望と違うのであれば、異動願いを出す。
  • 仕事が面白くないのであれば、どんな仕事なら面白いのかを考える。
  • 待遇が良くないのであれば、上司の交渉してみる。

いろいろな対策があると思います。

 

私が経験した解決法

私が働いている職場は以前の職場から異動させられました。

結果、家から職場が遠くなったことと、仕事のシステムの違いで働きにくくなったことがかなり不満に思っていました。

 

異動させられた初期から「いつかは戻してください」と直談判し、飲み会や集まりがあるたびにそういった話をした結果2年で元の職場に戻っていけるようになりました。

これは転職しなくても改善できた良い例だと思います。

 

もう一つ例を出すと、ある整形外科で働いていた時に患者の質に疑問を持ちました。

本当に痛みがあるのか分からない患者に対し、物理療法を実施してちょこっとマッサージして返すといった働き方に疑問を覚え、仕事が全く面白くない時期があったんです。

 

この場合、患者の質や仕事の内容を変化させるのはかなり困難であったため、転職することでやりがいのある仕事をさせてもらっています。

これは転職して成功した良い例ですね。

【詳しくはこちら】
【実話】貧乏な理学療法士が転職で170万円も年収をアップさせた話>>>

 

このように、可能なら交渉や働き方改善で今の職場でのやりがいを求めて行ったほうがいいです。

ただし、交渉や働き方改善でやりがいを感じることができなかったり、給与面などの待遇に不満がある場合は転職したほうがいい場合もあります。

 

▽リハビリ特化の転職サイト▽

 

要は、「いまの仕事にやりがいを感じない=転職して解決する」といった短絡的な考え方は危険だ、という事ですね。

 

転職しても「やりがい」がある仕事に就けるとは限らない

転職したからといっても、自分の目標が曖昧な状態ではやりがいは生まれないでしょう。

職場が変われば何かが良くなるかも…といった軽い気持ちで転職をすると失敗する可能性が非常に高いです。

 

転職してもやりたい仕事に就けるとは限りませんし、給与などの待遇だって上がるとは限りません。

それでは転職してもすぐに「こんなはずじゃなかった…」と思ってしまうはず。

 

もし転職をするなら「こういった仕事ならやりがいが持てそうだ!」「このくらいの待遇なら満足だ!」「こういう仕事に就きたい!」!といった明確な目標を持つべきです。

そうしたポジティブな理由で転職すると、成功しやすくなりますよ!

▽【簡単1分】あなたに合った求人を紹介してもらう【無料】▽
PTOT人材バンク

 

そもそも理学療法士が楽しくない

そもそも理学療法士という仕事にやりがいを持てないという方も多いと思います。

でも理学療法士を辞めても、お金や生活の為に働かなければならないので渋々働いているという方も居るかもしれません。

僕もどちらかというと理学療法士が楽しくないと思っている寄りの人間です。

 

そういう方におすすめなのが副業ですね。

それも理学療法士以外の副業です。

 

このブログなどもそうですが、ブログを書いていけば広告収入などを得られるようになります。

また、今ではyoutubeやnote、Instagramなどでも稼げますし、メルカリで物を売ったり、ココナラで自分の技術を売ることもできます。

ココナラ≫簡単!無料会員登録はこちら

また、iDeCoや積み立てNISA、投資信託などでお金を増やすこともできます。

SBI証券 iDeCo

 

こういった副業を通じて月収が20万円を超えてくれば、立派な本業として成立します。

僕はSBI証券 iDeCoで投資をしており、月に1万円くらいは稼げているので、その分優雅に暮らせています。

youtubeもやっています(稼げていませんが)

理学療法士が嫌になったら、まずは副業をしてみてください。


 

私は実際にPTOT人材バンクを実際に使ってみて、どんな求人があるのか、そして使い勝手はどうだったのかを体験してきました。

詳しい記事はこちらになりますので、転職をお考えの方はぜひ読んでみてください。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【お金】副業投資転職
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活