患者に拒否されず、社会に選ばれる療法士になるため『人柄』を大事に!




「患者からリハビリ拒否されてイヤだ!仕事に行きたくない!」 「知識や技術が追い付いていかず、劣等感を感じる…」

そんなあなたは「人柄」を大事にしてみましょう。

2018年、理学療法士の資格保有者は16万人を超えました。

【出典|日本理学療法士協会

 

キム兄
キム兄

この人数は今後も増えていくと予想され、令和に入って理学療法士が20万人にも昇ると予想されます。

後輩さん
後輩さん

20万人!?

 

ほんの10年前までは65,000人程度しかいなかったのに、今では16万人以上…

これが何を意味するか分かりますか?

理学療法士が選別される戦国時代の始まりを意味しています。

 

キム兄
キム兄

理学療法士は国家資格だから大丈夫!
とも言ってられない時代が『令和』だね

後輩さん
後輩さん

『令和』という新しい時代の始まりは理学療法士にとっても新たなるスタートの時代になるのかもね。

 

だから理学療法士は選別されます。

ダメな理学療法士は患者から選ばれず拒否されるでしょうし、病院からは不採用通知が届くかもしれません。

選ばれる理学療法士になるためには知識・技術を向上させる必要があります。
新たに資格を取得するのもいいでしょう。

理学療法士が取得しておきたい!専門性をスキルアップするおすすめの資格>>>

 

でも知識や技術はそんなすぐに向上するはずもありません。

だったら、今すぐにできることを始めていきましょう!

 

まず知りたい、選ばれない理学療法士の特徴!

患者にも病院にも選ばれる理学療法士を目指すのであれば、まずは選ばれない理学療法士がどんな人なのかを知っていきましょう。

選ばれない理学療法士とはどんな理学療法士か?というと、ふつうの理学療法士です。

 

  • 普通の治療
  • 普通の会話
  • 普通の対応
  • 変化のない

 

そんな当たり障りない理学療法士は、選ばれなくなっていくでしょうね。

 

患者に選ばれない理学療法士の特徴

患者に選ばれないPTは以下のような特徴があります。

このような方もけっこういるかもしれないので、ぜひ心に留めておいてください。

 

選ばれない理学療法士の特徴
・治療効果が無い
・治療内容が毎回同じ
・患者とコミュニケーションがとれない
・手際が悪い
・リハビリが楽しくない

 

治療効果が無い』『治療内容が毎回同じ』というのは理学療法士として致命的です。

選ばれなくて当然でしょう。

しかし、それと同じくらい重要な項目に『患者とコミュニケーションがとれない』『手際が悪い』『リハビリが楽しくない』というのも、挙がってきます。

 

患者は治療を受けに来ている『だけ』ではない?

 

患者は病院に治療を受けに来ているのですが、ただ単に『治療を受けにきている』訳ではないのです。

実は患者は『好みの理学療法士の治療を受けにきている』のです。

 

こんな経験はありませんか?
・担当外の患者にフォローで入ったら『今日は○○さんはお休みなの?』と、しきりに聞かれた。
・自分の治療中、対象の患者は別のスタッフとよく話している
・他のセラピストの時はそんなことないのに、自分の治療中に患者が寝た

 

これは、患者があなたに好意を持っていない証拠です。

そして、患者は『あなたではない、他のセラピストの治療を受けたがっている』ということです。

 

 

つまり、この患者からはあなたが『選ばれていない』という事になります。

果たしてそのままで良いのでしょうか?

 

患者さん
患者さん

いつもの先生がいないなら帰ろうかしら

キム兄
キム兄

○○先生はいないけど△△先生がいるから受けてくわ!って言われたいよね

 

患者にとって痛みを取ったり、ADL能力を上げてくれる理学療法士は当たり前の存在であり、そこにプラスαの能力が求められるようになります。

というか、すでにそうなってきています。

 

これから必要な能力は『人柄』!人柄で選ばれる理学療法士になろう!

 

患者に選ばれる為には『知識』や『技術』だけではありません。

 

・人柄
・話しやすさ
・笑顔
・心地よい声
・新鮮な治療プログラム
・楽しいリハビリ

こういったものが必要になります。

 

このような良い人柄が前面に出ている人であれば、たとえ治療技術が未熟でも患者に選ばれますし、実際に新人の理学療法士が患者に選ばれている場面を目にします。

 

『知識』や『技術』は確かに重要ですし、必須です。しかし、そればかりを追い求めていても患者からは選ばれません。

 

突き詰めれば

 

  • 知識と技術はすごいけど嫌な感じの理学療法士
  • 知識と技術はまだ未熟だけど話していて楽しい理学療法士

 

では、後者が選ばれるような時代でもあります。

 

まだ若い理学療法士や医療学生も、『知識不足』を気にする必要はありません。

あなたの良い所を前面に出し、楽しく患者とお話できればきっと選ばれる理学療法士になります。

 

患者さん
患者さん

また今度よろしくね

キム兄
キム兄

これ、最高の誉め言葉!

 

 

 

まとめ:理学療法士戦国時代を勝ち抜くポイントは『技術』より『話術』

 

【選ばれないPTの特徴】

・治療効果が無い
・治療内容が毎回同じ
・患者とコミュニケーションがとれない
・手際が悪い
・リハビリが楽しくない

【選ばれるPTの特徴】

・人柄がよい
・話しやすい
・常に笑顔である
・心地よい声
・新鮮な治療プログラム
・楽しいリハビリの提供

 

知識や技術は絶対に必要です。

でもそれが100%ではありません。

 

そもそも選ぶのが患者である以上、あなたが磨くポイントは治療技術以外にも絶対にあるはずです。

理学療法士が20万人を超えてくる中で、あなたはどの武器を磨いてこの戦国時代に立ち向かっていくのでしょうか?

 

少なくとも、『治療技術』を磨くより『患者との話術』を磨いていくほうが簡単な気がしませんか?

 

選ばれる理学療法士になるために、これを送ります。

 

漫画版じゃない方はこちら

会話が続かない…と悩む前に一度読んでおくべき本!

細かい内容まで丁寧に書き込まれているので理学療法士は必読です。教科書にしてもいいくらい。

 

キム兄
キム兄

会話は最強のスキル!ぜひ手に入れておきたいね

会話は技術話術はスキルであると確信しています。

患者とスムーズに話せるというのは、もしかしたら何よりも重要で必須なスキルではないかと考えています。

 

話なんか簡単だよ。と思っているとしたら、まだまだ勉強不足。

話術を磨いてこれからも選ばれ続けようよ!

 

▼選ばれるためには知識も必要!勉強会のおすすめ記事はこちら▼

知識だけじゃない!理学療法士の自信に繋げる勉強会に参加するメリット
理学療法士が勉強会に参加するメリットとデメリット。院内と外部の勉強会では何が違うのか。参加することで知識以外に身につく事とは。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活