理学療法士の転職失敗談からわかる成功するたった2つのポイント




理学療法士に限らず、全ての人が転職に成功したい!と考えています。

しかし、それでも転職して失敗した…と思ってしまう人が多いのも事実。

 

転職に失敗したと思っている人の話を聞いてみると、そこには大きな2つの失敗ポイントがありました。

転職で失敗するほぼ全ての人に当てはまるそのポイントは

 

  1. 情報収取をしていない
  2. 一人で転職活動をしている

 

の2点。

転職先の給与面ばかり見て決めてしまったり、病院の見た目だけで決めてしまったり。

または親や友人などに相談せず、1人で転職活動を進めてしまったり。

 

こういった人はほぼ確実に転職は失敗に終わっています。

逆に言うと、この2つのポイントを改善すれば転職は成功すると言ってもいいでしょう。

ここでは、理学療法士の転職失敗事例と合わせて失敗しないためのポイントをお伝えしますので転職を考えている人はぜひ目を通してください。

 

理学療法士のあるある転職失敗事例集

理学療法士の転職で失敗した、という声をよく聞くので、その事例を集めてみました。

理学療法士転職あるあると言っても過言ではないので、ぜひ参考にしてみてください。

 

失敗事例1:給与や休みなど1つの事しか重視していない

女性1
女性1

以前の職場より給与面で良い転職先を探していましたが、希望はそれだけでした。
職場の雰囲気や場所などはそこまで深く考えておらず、転職してすぐに後悔へ。

 

今の勤務先に不満が合って転職を決めるのですが、不満点を埋めようとしてその他の部分に視線が向かないで失敗するパターンです。

転職先の給与面や休日などを重視しすぎた結果、立地や人間関係などを軽視してしまいがちなので注意が必要。

 

働く条件ばかりに目が行き、転職したけど駅から1時間に1本のバスで30分もかかる立地だった!なんて声も。

転職して年収が上がっても働きにくくなったら意味がないですよね。

転職する際には自分の気にする条件以外もしっかりと情報を得ておくようにしましょう。

 

失敗事例2:同じような求人を探してしまう

男性1
男性1

整形外科から転職したけど、また経験のある整形外科に転職しました。
あまり代わり映えのない職場で失敗したなと思います。

 

たとえば、今までが整形外科で働いていたけど次は思い切って老健で働こう!と言う人はあまりいないのかもしれません。

 

もちろん、どこかで老健の仕事を見て感銘を受けたなら話は別ですが、あまり深い考えはなく漠然と転職したい・今の職場から逃げ出したいという人は同じような職場を選んでしまう傾向にあります。

ぼくも整形外科クリニックから転職しようとしたとき、無意識なのか意識的なのかわかりませんが整形外科クリニックの求人を探していました。

 

人は変化を嫌う生き物です。

年収や休みが多少上がったとしても、根本的にはあまり変わり映えのない職場に転職してしまい、失敗した・後悔していると感じる人が多いんです。

 

転職する際には、本当に自分がどんな仕事をしたいのかを考える必要があります。

どんな仕事でもいいと思っている人は転職しないはず。

もっと自分と向き合って転職活動をしましょう。

 

失敗事例3:職場の雰囲気を確認していない

女性2
女性2

求人情報が良かったので職場見学をせず入職。
実際に働くと、スタッフ間の雰囲気が悪く働きにくいと感じました。

 

転職する時に、見学をしっかりとしているでしょうか?

しかも、仕事時間中にみんなが働いている状況を見る必要があります。

 

見学を省いたり、業務終了後や休憩時間中に見学をしても意味がありません。

こういった場合、求人情報ではかなり良い条件だと思っても、実際に働いてみると違和感を感じたり何か違う、と感じたりします。

 

求人票の情報だけに頼らず、自分の目で見て職場を決める必要があります。

 

失敗事例4:誰にも相談せず転職してしまう

男性2
男性2

自分で求人先を探し、面接もお願いして転職しましたがかなり疲弊しました。
最後の方は「ここでいいや」みたいな感じで転職。
もっといろいろな人に相談して慎重に動けばよかった!

 

転職活動は孤独ですが、本当に1人で転職をすると失敗しやすいです。

自分の生活に当てはまっているかどうか、仕事時間や通勤時間は妥当か?などを客観的に判断できなくなってしまいます。

 

家族や友人に相談してみると、自分では思いがけない盲点に気づけるかもしれません。

もし自分の周りに相談できる人がいないのであれば、転職サイトの転職エージェントに相談するという手もあります。

 

とにかく、1人で転職活動をすると失敗するリスクが高くなるということは覚えておいてください。

転職を成功するポイントは2つ

  1. 情報収集をしっかりする
  2. 誰かに相談する

この2つを抑えれば転職は成功します。

 

転職する時の情報はかなり重要で、情報収集不足で転職すると入職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

求人票や病院のホームページだけでは得られない情報があるので、転職する際はかならず見学し、不明点はその場で質問するなりして疑問を解決しておくことをおすすめします。

 

また、誰かにアドバイスを貰うことも重要。

転職はほとんどの人が経験したことないはずですから、経験者に相談することが最も効果的。

身の回りにそういった人がいないのであれば、転職エージェントに相談してみてください。

 

転職活動のプロに相談することで、今まで自分では分からなかったことが発見できたり、自分にベストな求人を提案してくれたりします。

これはメチャクチャおすすめです。

【おすすめ】理学療法士が3回の転職で使った5社の転職サイトとエージェント
2回の転職で7社の転職サイトを利用した理学療法士の私が、実際に使ってよかった!と思える転職サイトを5つ紹介します。纏足を考えているPTはぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ:転職は焦らないことが成功の秘訣

転職を失敗しないために、情報収集と誰かの助けを借りると言うのは重要です。

そして、実は「焦らない」というのもとっても大事。

転職活動は最短で1週間ほどあれば成功します。

しかし、失敗したくないのであれば3~4か月かけてじっくり転職活動をすることをおすすめしています。

 

ここで挙げた2つのポイントを踏まえて転職活動をすることで失敗の確立を減らしていきましょう。

転職で内定したのに怖い…転職失敗例から学ぶ不安を取り除く方法とは?
転職が怖い、内定を貰ったけど悩む。転職の不安はみんな持っていますが、安心して転職できるようほかの人の失敗体験から転職のコツを学んでいってください。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活