10年目理学療法士の転職でPTOT人材バンクを使ってみたレビュー







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

キム兄
キム兄

PTOT人材バンクを使ってみました

理学療法士として10年目を超え、そろそろ新しい仕事をしてみたいなーと思って転職を考えました。

そこで、PTOT人材バンクを実際に使ってみて、どんな求人があるのか、そして使い勝手はどうだったのかをレビューいたします。

PT/OT人材バンク
結論から言うと、電話の回数も少なくLINEやメールでのやり取りがメインなので特に面倒くさい思いをせずに使うことが出来ました。

特に給料の低さで悩んで転職を考えている理学療法士は、ぜひ使ってほしい転職サイトです。

 

PTOT人材バンクの特徴

PTOT人材バンクの特徴は以下の通り。

  1. 8,000件以上の、豊富なリハビリ求人
  2. リハビリ転職に特化したキャリアアドバイザーの存在
  3. 専門性の高い相談に乗り、サポートしてくれる
  4. 応募手続き、面接設定をしてくれるので時間がない人も安心
  5. 役職、経験年数などキャリアに応じた求人多数

 

つまり、経験年数が少なくても、10年以上のベテランでも使いやすい求人サイトとなっています。

特にほかの転職サイトと違うのは『リハビリ職専門の転職サイト』というところ。

リハビリ業界にものすごく精通してるから、理学療法士にめちゃくちゃお勧めできるんです。

 

PTOT人材バンクを使ってみて良かった点

実際にPTOT人材バンクを使ってみて良かった点は以下の通りです

  1. 担当者がエリアごとに決まっている
  2. 電話は最初の1回で10分程度、その後はLINEかメールが主な連絡手段
  3. こちらの要望を知った病院からオファーがドンドン届く
  4. 給料や休みの交渉、お断りの連絡など全部やってくれる
  5. 結構ワガママな要望も聞き入れてくれる

 

担当者がエリアごとに決まっている

PTOT人材バンクの担当者は、エリアごとに決まっています。

だから担当者はそのエリアの求人の事はほとんど頭に入っています。

最新の求人情報や希望に沿ったおすすめの求人など、的確に素早く提案してくれるのが良いですね。

担当紹介、今後連絡はLINEが中心となる

 

その地域に精通した担当者というのは安心できます。

ちなみに、ぼくの担当者は僕が今勤めている病院の情報も知っていましたし、おおよその僕の年収と休日数もズバリ言い当てました。

情報が多い担当者というのは、それだけで信頼できます。

 

電話は最初の1回で10分程度、その後はLINEかメールが主な連絡手段

PTOT人材バンクだけではないのですが、こういった転職サイトに登録すると電話がしつこいなんて話も聞きますよね。

僕もそう思っていたのですが、PTOT人材バンクからかかってきた電話は初回に1回、そして施設見学の前日に1回の合計2回でした。

初回の電話では、ぼくの情報や希望を聴取するためなので必須です。

2回目の施設見学の前日の電話は、時間の確認や持ち物の確認、そして見学施設がどういった人材を欲しがっているかの情報提供の為でした。

 

つまり、両方とも必要な電話であり、それ以外は無駄な電話は特にかかってきませんでした。

ちなみに、初回の電話では

  • 希望勤務地
  • 希望通勤時間
  • 希望休日数
  • 希望年収総額
  • 希望職種

を聞かれたのでハッキリと「年間休日120日以上、年収500万円以上、通勤時間30分以内」と伝えました。

その後の連絡方法は基本的にLINEかメールになります。

 

自分のタイミングで閲覧・返信できるのがよかったですね。

 

 

こちらの要望を知った病院からオファーがドンドン届く

PTOT人材バンクの特徴の1つとして、こちらの要望をまず施設に発信し、その条件にみあった施設からオファーが来るというシステムを採用していることです。

つまり、ぼくが提示した「年間休日120日以上、年収500万円以上、通勤時間30分以内」という情報と、「理学療法士、30代後半、整形外科得意、管理職」という情報も交えて近隣の施設に発信します。

そして、施設から「ぜひ面接に来てほしい」というオファーが届いた求人先をぼくに提案してくれます。

オファーの一部

求人オファーの一部

そうすることで、求職者の要望から外れる施設は消えますし、オファーされている求人なので採用率も上がります。

 

求人情報を10個も20個も貰っても選ぶのが大変ですし、年収500万円以上って伝えたのに、年収380万円の求人を紹介されたらイラっとしますよね。

PTOT人材バンクは、オファーが届いた施設のみ決め打ちで情報提供してくれるので無駄がないですし、面接すれば採用される可能性もグッと高くなります。

 

給料や休みの交渉、お断りの連絡など全部やってくれる

PTOT人材バンクは担当者が給与交渉・休みの交渉・見学日時の決定・合否の連絡・お断りの連絡を全てやってくれます。

特に給与に関しては、「年収500万円は難しいかもしれないが450万円以上は確定で出してもらったので、どうか」と提案もしてくれます。

実際には交渉して年収480万円まで交渉してくれました(断りましたが)

こういった自分では言いにくいことをやってくれるのは非常にありがたいですよね。

年収確認もお願いできる

 

どうしても面接や見学で聞きにくいことってあると思うんです。

それを担当者が代わりに聞いてくれるので、非常に頼りになりましたよ。

 

結構ワガママな要望も聞き入れてくれる

PTOT人材バンクがそうなのか、ウチの担当者が真面目なのか分かりませんが結構ワガママな要望も聞き入れてくれるが良かったです。

例えば

  • 通勤に高速道路を使っていいのか(交通費がでるのか)聞いてほしい
  • 昇給額がいくらか聞いてほしい
  • 施設の写真を送ってほしい
  • 職務経歴書の添削をしてほしい
  • 男性でも育児休暇と取れるか聞いてほしい
  • 残業の有無を確認してほしい

など、いろいろなお願いも聞いてくれます。(もちろん断られることもありますが)

高速代金の支払いの確認をしたら断わられました

自分ではききにくい高速道路使用確認

 

担当者もプロですし、こういうのをぼくの代わりに対応するのが仕事なので気持ちよく引き受けてくれます。

こういった部分は非常に頼りになりました。

自分じゃ聞きにくいですもんね。

 

PTOT人材バンクを使ってみて悪かった点

PTOT人材バンクはエリアによっては求人が少ない

PTOT人材バンクを使って不満に思った点は、意外と求人数が少ないということ。

いや、求人数はメチャクチャ多いんですが、ぼくの住んでいるエリア(ちょっと田舎)の求人はそんなに多くなかったです。

 

そもそもぼくの要望が「年間休日120日以上、年収500万円以上、通勤時間30分以内」という無茶な要望だったこともあるのですが、案外少ないなと思いました。

担当者曰く、都内に近づくほど求人は多くなるとのこと。

日本全国で求人が沢山あるわけではないので注意が必要です。

 

その場合、PTOT人材バンクのみならずマイナビコメディカルなども合わせて併用することをおすすめします。

 

PTOT人材バンクからの連絡が徐々に減ってくる

PTOT人材バンクは登録してすぐはLINEでたくさん求人情報を送ってきてくれます。

でも2週間もすれば、LINEの頻度は減っていき、最終的には2日に1通くらいになります。

 

まぁ求人が少ないエリアなので、提案できる求人が少なかったという事もあるのでしょうが、ちょっと寂しかったです。

求人が少ないエリアだからこそ、頑張ってほしかった!

だって求人が少なくて自分で探せないから転職サイトを頼っているわけなので。

まぁ仕方ないですけどね。

 

この問題はマイナビコメディカルPT・OT・ST WORKERを併用することで解決するかもしれませんね。

 

PTOT人材バンクの利用を中止する場合

PTOT人材バンクの利用を中止する、または退会するときはLINEで担当者にその旨をお伝えすればOKです。

辞める際、いろいろと聞かれることがあります。

  • なぜ辞めるのか
  • PTOT人材バンクに不満はあったか
  • 今後転職はどうしていくのか

などなど。

 

基本的には「自分でも求人を探し、転職先がきまりました。また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします。」とでも伝えておけばいいです。

不満点があっても、そこは正直に言わずアドバイザーに『感謝』と『お礼』を伝えましょう。

アドバイザーだって人間ですから、気持ちよく退会をしてもらいたいですよね。

くれぐれも、連絡を無視したり着信拒否をしたりしないように、社会人として節度ある行動をしましょう。

 

あとはこちらの『退会フォーム』から必要事項を記入し、送信してください。

入力は1分以内で終わるのでとても簡単。

ちなみに、退会すると同時にデータも抹消されるので個人情報流出に関しても安心です。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

 

PTOT人材バンクとマイナビコメディカル・PTOTSTネットとの違い

PTOT人材バンク以外にも理学療法士に求人サイトは沢山あります。

大手ではマイナビコメディカルPT・OT・ST WORKERが有名ですよね。

で、それらサイトとPTOT人材バンクは何が違うのか?という質問を担当者に投げかけてみました。

 

【質問】

転職サイトはマイナビコメディカルやPTOTSTワーカーなどもありますが、PTOT人材バンクを選ぶメリットというか、PTOT人材バンクにしかない強みみたいなものはあるのでしょうか?

 

【解答】

弊社が神奈川県では求人の取り扱いが最も多いと存じます。他社とは異なり事業担当と求職者様の担当が同一なため、求職者様にあった質問を直接事務長・採用担当に確認可能です。

 

求人数が多いというのと、事業担当(求人先にアポを取ったり情報収集する担当)と求職者の担当(休職者に求人情報を提供する担当)が同一であることを特徴としています。

マイナビコメディカルなどでは、この担当が同一ではないみたい。

 

今度マイナビコメディカルにも聞いてみたいと思っておりますが、確かにPTOT人材バンクは求人情報に対する「年収は?休みは?」というような質問に素早くリターンできている印象です。

採用担当に確認します、とワンテンポ遅れることが無いのでスピーディな確認ができるのは確かに強みかもしれませんね。

 

まとめ:PTOT人材バンクはとりあえず登録することをおすすめする

実際にPTOT人材バンクを使ってみた率直な感想は「使いやすい」ということ。

連絡はLINEで済みますし、求人のURLと病院のホームページも添付されているのですぐに求人情報を見ることができます。

また、こちらの要望もくみ取ってくれるので、希望に合った求人をしっかりと提案してくれるのが良かったです。

どこかの求人サイトは、こちらの希望を無視した求人提案を平気でしてくるのでPTOT人材バンクの担当者はその辺でいえば信頼できます。

 

都内に近ければ本当に年収500万円、600万円の求人もあるので、都内に近い人で転職を考えている人はぜひPTOT人材バンクに登録しておくことをおすすめします。

地方でも非公開求人があるので、あきらめずに登録することをおすすめします。

登録はもちろん無料ですし、電話も初回に1度かかってくるのでそれだけは出てあげてください。

 

実際にPTOT人材バンクを使ってみましたが、特に嫌な思いもしてないですし、むしろ信頼のおけるいい転職サイトだなと思いました。

まだ僕は転職を決めていませんが、もう少し求人情報を吟味し、いろいろと情報収集をしていきたいと思います。

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【お金】転職
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活