【別表第九の八】【別表第九の九】って何?疾患別リハの除外疾患まとめ

疾患別リハビリテーションの診療報酬の算定方法によく出てくる【別表第九の八】【別表第九の九】がメチャクチャ意味不明なのでまとめました。

令和2年 厚生労働省告示第59号≫ ←ソース読んでも良くわかりません

 

別表第九の八(除外の対象)を分かりやすく解説

別表第九の八は1号と2号に分けられています。

別表第九の八とは、各疾患別リハの規定で、上限日に達した場合でも除外(月13単位にならず、リハを続けられる)になる対象患者のことです。

ここで挙げられる疾患にリハビリ期限はありませんが、目標設定管理料シートの作成は必要になりますので注意が必要です。

 

別表第九の八第一号

  • 失語症、失認及び失行症
  • 高次脳機能障害
  • 重度の頚髄損傷
  • 頭部外傷及び多部位外傷
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 軸索断裂がある末梢神経損傷(発症後1年以内)
  • 外傷性の肩関節腱板損傷(受傷後180日以内)
  • 回復期リハから退棟した日から3か月以内の患者(保険医療機関に入院中の患者、介護老人保健施設又は介護医療院に入所する患者を除く。)
  • 難病患者リハビリテーション料に規定する患者(先天性又は進行性の神経・筋疾患の者を除く。)
  • 障害児(者)リハビリテーション料に規定する患者(加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病の者に限る。)
  • その他リハビリテーションを継続して行うことが必要であると医学的に認められるもの

 

別表第九の八第二号

  • 先天性又は進行性の神経・筋疾患の患者
  • 障害児(者)リハビリテーション料を算定する患者

 

別表第九の九を分かりやすく解説

別表第九の九は、各疾患別リハにおいて「別に厚生労働大臣が定める場合」のケースについて書かれています。

何のことはない、別表第九の八(除外の対象)であり

  • 治療を継続することにより状態の改善が期待できると医学的に判断される場合
  • 患者の疾患、状態等を総合的に勘案し、治療上有効であると医学的に判断される場合

以上の場合は「厚生労働大臣が定める場合」として処理してOKですよ!ということ。

 

よくもまぁこんな複雑にしますよね。

脱帽です。

 

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【仕事の悩み】報酬・制度(スキルアップ)
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活