仕事で成果・実績を上げるには日頃の過ごし方を見直せばすぐついてくる




仕事で成果を上げたい!と考えている人は多いと思いますが、そもそもどうやって成果を上げたらいいのか分からない場合もあります。

そもそも成果って何?

 

売り上げを上げるとか、大きい契約を取ってくるのも成果でしょうけど、それ以外にも成果はついてきます。

小さな成果や成功を積み重ねることで、仕事では信頼と実績が積み重なってきます。

そうすることで、仕事へのモチベーションも上がってくるので成果を出すというのは非常に重要なことなんですよ。

 

ここでは、「成果を出すために」どうすればいいのか?

どういう仕事をしていけばいいのか?をお伝えします。

 

実際に私はこの方法を続けて

  • 管理職に昇進する
  • 残業無しで毎日帰る
  • 雑務を振られない
  • 研修生の統率役になる

といった成果を上げています。

 

いくつかあるので、自分の出来そうなことからコツコツとやってみてください。

 

仕事で成果・実績とは売り上げだけじゃない

成果とは?

最初に知ってほしいのは「成果って何?」という部分。

成果とは何かをして得られた結果の事であり、良い意味でも悪い意味でも使えます。

 

だから別に「売上」や「新規顧客の開拓」だけでなく、もっと幅広い用途で使えるものなんです。

○○をしたら○○になったと言えたらそれは成果です。

 

様々な成果
  • 仕事を効率化したら定時で帰れるようになった
  • 後輩指導を続けてたら教育係に任命された
  • たくさん本を読んでたら相談される回数が増えた
  • 実習指導をしてたら養成校の臨時教員の仕事を貰った
  • 毎日丁寧に仕事をしてたら管理職に推薦された
  • 勉強したら周りの人より早く仕事が終わるようになった

これらは全て成果です。

 

成果は何もしなければ成し遂げられませんし、マイナス要素の成果が増えてしまうかもしれません(適当に仕事してたら仕事が減った…というのも成果ですね!)

日々の仕事の取り組みや生活スタイルの見直しで、よりよい成果を上げることができます。

 

では、どんなことをすれば良い成果が上がるようになるのでしょうか?

 

仕事で成果・実績を上げるための日々の行動

これは成果の上がらない行動

成果を上げるためには、今までと同じ生活をしていてはだめです。

何か行動しなければ成果・実績を上げることができませんからね、まずは出来ることからコツコツとやっていきましょう。

 

ここでは実際に私がやって良く成果が出た!という行動を紹介します。

 

目標数値にこだわる

数値目標は自分の成果点を確認する上で非常に重要になります。

自分の身の回りのことをできる限り数字に置き換えていきましょう。

 

  • 1日21単位、週105単位以上取る
  • 月100件の訪問に回る
  • 5時30分までに退勤を押す
  • 3日以内に書類を作成する

 

数字は誰が見ても同じ意味を持ちます。

数日以内と3日以内では具体性が違いますよね。

 

数字を明確にすることで責任感が生まれますし、周囲の人間の信頼性も上がります。

この信頼を積み重ねることで、仕事がしやすくなり、成果が達成できるようになるんです。

 

すぐに判断する

人間はすぐに悩みがちですが、悩むことほど無駄な事はありません。

ある研究では、すぐに判断した場合と悩んで判断した結果の80%は同じであると言われています。

 

即決しても時間をかけて悩んでも同じなら、すぐに判断したほうがいいに決まってますよね。

悩む=慎重であると思うかもしれませんが、じつは多くの人は悩む=優柔不断で芯が通ってないとみてしまいます。

【決断できない】即決しても悩んでも答えは変わらないらしい|即決のメリット
決断できないのはもったいないです。アレコレ悩んでないで、早く決断してしまいましょう。意外とどっちを選んでも変わらないみたいですよ。

 

悩むことで「あの人は判断力が無い」と烙印を押されてしまってはもったいないですよね。

とりあえずすぐ判断し、行動してみましょう。

それで失敗しても、そのノウハウが次に生きてきますからいいんです。

 

私はいつもこう考えています。

  • 自分の中でやりたい度が90点以上ならやる
  • 90点以下ならやらない

なかなか難しいんですけどね、基準を持つというのは大事です。

【エッセンシャル思考】頭の中のゴチャゴチャをスッキリ整理してシンプルに考えよう!
いろいろな仕事が舞い込んでくる…やることが多すぎて何から手を付けていいか分かんない!思考を整理するための教科書、エッセンシャル思で無駄を省き、自分の時間を持つ!

 

誰かに仕事を振る

仕事でも家庭の事でもいいのですが、自分で全てやろうとするとすぐに限界が来ます。

自分のできる仕事は誰でもできる仕事なんだ、と割り切ってドンドン自分の仕事を分散させましょう。

 

もちろん、誰かから頼まれた仕事も協力して手伝う必要があるのですが、こうして円滑なコミュニケーションを取ることで効率の良い仕事環境が出来上がるんです。

 

1人でやり切ろうとせず、仲間と共に協力して働く術を身に付けましょう!

 

本を読む

読書は苦手な人も多いと思いますが、一度試してほしいですね。

仕事関係の本だけでなく、いろいろなジャンルの本を読んでほしい。

 

本を読むことで、筆者の頭の中がのぞけるので、非常にコスパもいですよ。

本を読むことで知識の広がりもできますし、引き出しも増えます。

 

すると、コミュニケーションも取りやすくなるので仕事以外の知識をつけるのは非常に重要なんですよ。

どうしても本が苦手だ、という方は、まず新聞から読んでみてください。

世の中の流れを知りましょう。

新人にこそおすすめ!教養が深まる通勤時間や空き時間に読んでほしい8冊
一般教養が身についていない!と言われるPTの多くは本を読んでいません。医学書でなく、教養が身につく本を読んでみることをおすすめします。

 

時間を意識する

時間と言うのは何かをしていても、していなくても常に一定で流れていきます。

この時間を意識できるかどうかで、仕事への成果に繋がっていくんです。

 

成果が出ない人の言い訳の多くは「時間がない」「やることが多い」と時間に追われているアピールです。

でもそれは時間を意識していないから起きる事なので、意識してしまえば変わります。

 

例えば、明日までにしなければいけない事はなにか?と自分に問いかけることで、本当に優先度の高い仕事が洗い出されるはず。

つまり「明日までにやらなくて良いものはムダ」と判断し、バッサリ切り落とすことも大事だということ。

 

この時間軸が曖昧だと、膨大な作業量に押しつぶされ、本当にやるべきことができない可能性があります。

それではとても成果が上げられませんね。

忙しい毎日をぶっ壊せ!マイルールで時間に【余白】を作って余裕のある生活をする方法!
毎日が忙しすぎて目が回る!時間がなさ過ぎて…余裕のある生活を送りたいよー!【この記事で分かること】・忙しい毎日に少しだけ時間の『余白』を作る方法・同じ毎日を少しだけ変えて時間の『余白』を生み出す方法

 

何か1つの事について勉強する

私は天才ではないので、すべてを完璧にすることはできません。

だから何か一つ、秀でたものを得るのが精いっぱいじゃないでしょうか。

 

仕事に関するモノなら何でもいいので、何か1つ誇れるくらい勉強してみるのをおすすめします。

8時間も仕事をしているので、仕事中にも学べることは多くあるはず。

 

学生の頃の話ですが、私は運動学をメチャクチャ勉強して毎回テストでは100点を目指していました。

他の教科はそっちのけで。

 

えも、何か一つに全力で取り組むと、それ以外の勉強もつられて点数が上昇してくるんです。

不思議な事ですが、1つの事を極めるとほかのスキルも上がってくるので、まずは1点集中で勉強してみてはどうでしょう。

勉強しない大人はアウト?社会で学ぶべき分野とプライベートの過ごし方
日本人の大人は勉強しないそうです。これからの時代、大人こそ勉強していかなければ置いていかれますし、自分の身も守れないですよ!

 

とりあえず挑戦してみる

悩む暇があったら、チャレンジしてみましょう。

  • これをやってみたいけど無駄かな?
  • 自分ができるわけないな…
  • 興味があるけどお金がかかるな…

挑戦は自分のスキルアップのチャンスです。

 

やってみたい・興味があるというものを「お金」や「時間」や「自己評価」で不意にするのはもったいないですよ。

まずはチャレンジ!

 

チャレンジすることでしか、自分の力は伸ばせません。

子どもなんか毎日何かにチャレンジしてるじゃないですか!

 

学会発表でも株でもyoutubeでもなんでもいいので、興味を持ったらやってみてください。

このブログもそうやって誕生しました。

 

まとめ:仕事で成果・実績を上げるには生活や試行を変化させる

チャレンジの毎日

自分の生活や考え方を変えるのは大変です。

なぜなら、今の生活が最もラクで考えなくて済む方法だから。

 

でもそれでは成果を上げることはできません。

成果を上げるためには、チャレンジと修正を繰り返していくのが大事なんです。

 

自分で生活や仕事の方法を考え、ここで挙げたことをやってみて少しずつ変えてみてください。

そうすることで、周囲の人から「変わった」「すごい」「ありがとう」と言われることが増えてきます。

 

これも成果ですよね?

そうすると仕事が楽しくなったり、もっと頑張ろう!という気になってくるから不思議なんですよね。

こうなると後は成果がドンドンついてくるので、結果を出し続ける人になれます。

 

【実践】仕事が面白くない、会社がつまらないと感じる人におすすめの改善方法!
仕事が面白くないと感じたときに実践している内容をまとめました。効果は抜群ですので、ぜひ試してみてください。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活