プライドが高くて偉そうにしてる理学療法士は嫌いだし人間関係を築かなくてよい




偉そうな理学療法士。

大嫌いです。

 

そもそも「意識が高く、まじめな理学療法士」と「偉そうな理学療法士」は根本的に違います。

理学療法士にとって最も重要なのは「人柄」であり、知識や技術ではありません。

 

▽この記事でも紹介しています▽

患者に拒否されず、社会に選ばれる療法士になるため『人柄』を大事に!
患者に拒否される。周りの人に劣等感を覚える。そんなあなたは、何か自信のあるスキルを身に付けるといいです。その基本的なものが「人柄」です。

 

患者にとっても知識や技術は確かに大事なんですけど、プライドが高く偉そうな理学療法士は患者から拒否されます。

ある程度のプライドを持つのはとてもいいことなんですけど、それが原因で嫌われたら元も子もないですよね。

 

実際に私もプライドが高くて知識をひけらかすような理学療法士が大嫌いです。

そんな人とは一緒に仕事をしたくないですね。

 

こんな偉そうな理学療法士とは人間関係を築きたくない

プライドが高く、偉そうにしている理学療法士はたくさんいます。

幸い、私の職場には意識の高い理学療法士はいるけど、偉そうな理学療法士はいないのでとても助かっています。

 

こんなPTとは距離を置きたい
  • 治療技術を強要する
  • 勉強会に参加した自慢をする
  • 反論されると怒りだす
  • 謝らない
  • 居残り勉強会をさせる

 

こういう方とは本当に距離を置きたいです。

近寄らないでほしい。

 

なんでそう思うのか理由を淡々と書いていきますね。

 

プライドが高い人と話しても面白くない

プライドが高い人と話をしていると、最初は「沢山知識があるひとだな、面白い!」となるんですが、5分もすれば「こいつウッザ…!」と感じます。

その原因はオレオレの話し方に原因があります。

 

どんな話をしても「俺の場合は…」「俺の考えは…」となって非常に面倒くさいです。

会話が楽しいのはキャッチボールができるからであり、相手の自慢話を延々と聞いてる時間ほどウンザリするものもないです。

 

プライドが高い人に話が通用しないから疲れる

プライドが高い人とかかわりを持っても、相手が変化しないから疲れます。

私たちが会話をしているときに、何か新しい気づきがあれば「なるほど!じゃあそうしてみよう!」となりますが、プライドが高い人は「その場合、俺の考えはこうだな!」となって自分を曲げようとしません。

 

正に打つ手なし。

相手の変化がない状態で付き合っていくのは非常に疲れます。

結局、最終的にはこちらが「聞き役」に徹するしかなくなるんですよね。

 

プライドが高い人はいちいちうるさい

プライドが高い人は誰からも相手にされません。

だから自分より劣る人(知識・経験などで)にちょっかいを出してくるのでうるさいです。

 

「〇〇くん、あの勉強会行かないの?」

「そのやり方あちょっと違うな、こういう場合はさ…」

「PTとして成長したいならこの文献を読むべきだよ、貸してあげるから明日までに読んできて感想を聞かせてよ」

 

うっとおしいです。

 

と、このように自分のメンタル的にデメリットばかりなのでプライドが高く偉そうな理学療法士とは人間関係を構築しなくてもいいと思います。

 

そんな自分もプライドが高かった時期がある

プライドが高く、偉そうな理学療法士は大嫌いですが、自分もそんな時期があったように感じます。

 

「そう思った根拠はなに?」

「この文章、どこに書いてあったの?」

「ほかに方法はあるかい?」

 

こんなことを実習生や新人さんに投げかけていた時期もありました。

当然、その時はウザがられていたでしょうね。

 

でもやっぱり「そんなことも分からないの?」と後輩に指導するより「こうしたほうがいいと思うよ」と指導したほうが後輩の表情も良いですし、何より話しかけてくれる回数が全然違います。

 

自分のプライドや偉そうな態度のせいで職場の雰囲気が悪くなるのも嫌ですが、実際に自分が嫌われているかもしれないと感じたときの絶望感はヤバイですよ。

 

プライドを捨てろとは言いません。

ある程度仕事にプライドを持つのは大切ですし、それが成長に繋がります。

ただそのプライドを高く持ちすぎて、周囲の人間に悪影響を与えるようではダメだ、ということですね。

 

私はいま管理職として働いていますが、忙しすぎてたまに後輩に冷たく当たってしまうこともあります。

でもそんな時「ハッ」と自分のやってしまったことを気付けるか、全く気づけないかでその後の信頼性が変わってくると思います。

 

勉強会に参加したり、知識や技術がある理学療法士が偉いわけではありません。

みんなそれぞれのやり方があって当然ですし、それが理学療法の面白さだと思います。

私より患者を良くする新人だっています。

 

それを「あいつのやり方はダメだ」と思うか「あのやり方がいいのか、なるほど」と思えるか。

なたはどっちですか?

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【仕事とストレス】 対人関係
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活