【好き?嫌い】理学療法士の仕事

理学療法士の仕事は特殊です。

技術職でもあり、接客業でもあり、専門職でもあります。

その仕事内容はなかなか理解されないことも多いですよね。

 

キム兄
キム兄

理学療法士の仕事の良い面も悪い面も知っておくべき。

 

理学療法士という特殊な「仕事の悩み」について詳しくお話していきたいと思います。

まず知っておきたいのは、理学療法士の退職率は比較的高いということ。

 

理学療法士のリアリティショックおよび バーンアウトの状況調査 ≫によると、理学療法士の離職率は医療機関で10.2%、介護福 祉施設で18.8%とされています。

しかも21~25歳の理学療法士の離職率は16.5%だそう。

あなたの職場のPTが10人だとすれば、その内の1.6人は25歳までに離職している計算になります。

 

理学療法士と「ストレス」

理学療法士は常にストレスとの戦いです。

  • 仕事のストレス
  • 人間関係のストレス
  • 家庭のストレス
  • 患者とのストレス

 

理学療法士は多くの人とかかわりを持つので、ストレスとなる相手も様々です。

 

多くの人とかかわりを持つ

 

  • 医師が高圧的だ
  • OT、STと治療方針が合わない
  • 看護師が協力的じゃない
  • 患者が拒否的だ

 

いろいろな問題が出てきます。

私はこれらのストレスに耐えて10年以上理学療法士を続けてきた実績があります。

理学療法士が受けやすいストレスや、その対処法などをご紹介しています。

ストレスに関する記事はこちら≫

 

理学療法士と「残業」

理学療法士の80%は月1時間以上の残業をしており、そのうちの40%しか正当な賃金を貰っていません。

これを聞いてどう思いますか?

 

理学療法士は残業がないからいい。

なんて言われていますが、実際はそんなことはありません。

80%のスタッフは残業を経験しており、そのうちの60%のスタッフは十分な残業代を貰えていないんです。

もしも残業が月に20時間以上あったり、残業代が支払われない職場に勤めているとしたら、その職場はブラック企業と言えると思います。

 

理学療法士が残業せず仕事する方法をお教えします。

残業に関する記事はこちら≫

 

理学療法士と「技術」

理学療法士は技術が大事!

ここでお伝えする技術は「片麻痺の治療技術」とかじゃなくて、もっと仕事で役立ちそうな技術についてです。

  • 新人指導の技術
  • 文章の書き方の技術
  • 患者にモテる技術
  • 学生指導の技術
  • 物理療法の技術

など。

もし興味があるなら一度覗いてみるのもいいかもしれません。

BBS(バーグバランススケール)の実施方法とカットオフを新人でも分かりやすく解説! | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)はなぜか非常に人気がある記事ですよ

 

技術に関する記事はこちら≫

 

理学療法士と「報酬・制度」

理学療法士のくせに、自分の仕事の報酬や制度について知らない人多すぎ。

せめて自分の職場がどのような診療報酬を受け取っているか知っておいた方がいいですよ。

特に管理職として働く人は必須。

 

ふつうに厚生労働省とかPTOTSTネットで確認できるのですが、難しい用語や回りくどい言い回しが多くて理解できません。

そんな悩みを払拭するために、私が翻訳したものをまとめています。

日本語を日本語に訳すのはかなり大変でしたが・・・頑張りました。

 

報酬・制度に関する記事はこちら≫

 

まとめ

  1. 理学療法士の退職率(離職率)は18.8%
  2. 理学療法士はストレスを受ける
  3. 理学療法士は残業が多い
  4. 理学療法士は技術が必要
  5. 理学療法士は報酬・制度を知らなすぎ

 

 

私は実際にPTOT人材バンクを実際に使ってみて、どんな求人があるのか、そして使い勝手はどうだったのかを体験してきました。

詳しい記事はこちらになりますので、転職をお考えの方はぜひ読んでみてください。

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
PTとストレス【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活