入ってすぐ後悔!辞めたほうがいい職場の見分け方【絶対に選んではいけない】




職場を辞めたい…

そう思っているのであれば、その理由は何ですか?

 

  • 給与
  • 休日
  • 人間関係
  • 残業

 

いろいろあると思いますが、理学療法士が辞めたいと思う原因は「本人」ではなく9割は「職場」に原因があります。

そのため職場選びは非常に重要で、いかに「辞めたい」と思わない職場に勤められるか?が勝負になります。

 

新卒の方も、転職をお考えの方もぜひ「選んではいけない求人や職場」を知ってください。

選ぶべき職場でなく、選んではいけない職場を知ることで「辞めたい」とおもってしまう職場に入職することを極力避けることができます。

 

ここでは、2度の転職経験で50件以上の求人を見てきた私が「選んではいけない職場」の見分け方をお伝えします。

 

入ってすぐ後悔!辞めたほうがいい職場の見分け方5選

理学療法士が「辞めたい」と思いやすい職場には特徴があります。

 

選んではいけない求人の特徴
  • 給料の金額が曖昧で、振れ幅が大きい
  • 会社・当院規定によるという項目が多い
  • 長期間に渡って求人が掲載され続けている
  • ふわっとした言葉が多く掲載されている
  • 病院ホームページがない、または使いづらい

どんな求人の職場が怪しいのかを知っていれば、ブラック企業に入社してしまうリスクを抑えることができます。

その見分け方の5つを参考に、職場選びをしてみてください。

 

給料の金額が曖昧で、振れ幅が大きい

求人を見る時に、まず着目してほしいところが「給与」です。

この給与の金額が曖昧だったり、振れ幅が広すぎる場合は入職するのを見送ったほうが良いでしょう。

 

【例】

  • 月収25万円以上(曖昧)
  • 年収400万円以上可(曖昧)
  • 給与:198,000円~332,000円(振れ幅が大きい)

 

このように、給料の提示が曖昧だったり、振れ幅が大きい場合は避けたほうがいいでしょう。

ロクな事になりません。

 

選ぶべきは

 

  • 大卒給与:基本給225,000円、職種手当30,000円

など、明確な給与提示をしている所がいいです。

【関連記事】
理学療法士が給料で選ぶときに騙されない!500万、600万円級の正しい年収の選び方>>>

 

会社・当院規定によるという項目が多い

【求人】

  • 給与:当院規定による
  • 勤務時間:当院規定による
  • 休日:当院規定による

 

こんな職場どう思いますか?怪しさ満点ですよえね。

なんで明確な数字を出せないのでしょうか?

 

当院規定によると書かざるを得ないのは、年齢や職種、現場によって給料や勤務形態が変わるからです。

病院ではこういった様々な勤務形態の人は多いので仕方ないかもしれませんが、理学療法士にそこまで様々な働き方があるかは疑問です。

しっかりと給与や勤務時間、休日が明示されているものを選びましょう。

 

長期間に渡って求人が掲載され続けている

長いこと求人広告が出ている職場は、人の入れ替わりが激しいということです。

ひどい所になると、本当に1年中求人が出ています。

 

本当に人が足りないだけかもしれないのですが、こういった職場は避けたほうが無難です。

同時に、多くの転職サイトに複数求人を出している職場も要注意ですね。

 

ふわっとした言葉が多く掲載されている

理学療法士の求人にも多く掲載されているのですが、なんかはっきりとイメージできない言葉がある求人は避けたほうがいいでしょう。

 

【避けたほうが良い例】

  • リハビリ業務
  • 機能訓練業務

 

リハビリテーション業務といっても多岐にわたりますから、詳しい内容が書かれていない求人は避けてもいいと思います。

逆に、しっかりと業務内容が書かれていればOKでしょう。

 

【選んでも良い例】

  • リハビリテーション科での『回復期リハビリテーション業務』
  • 老人保健施設での機能回復訓練
  • 整形外科での物理療法、機能訓練を中心としたリハビリ業務

 

このように『どこで』『どんな業務をするか』を明記してあるところがいです。

 

今は一般病院でも『デイケア』や『訪問リハ』をやってるところも多いから、病院で働きたいのに訪問に配属された!なんてこともあるから注意が必要だね。

なるほど、仕事の内容がちゃんと載ってる所を探したほうがいいんですね!

 

他にも

 

  • アットホームな職場です!
  • 勉強会多数実施!
  • ゆったりと仕事ができます!
  • 風通しの良い職場です。

 

など、抽象的な文言が多い職場にも注意してください。

 

病院ホームページがない、または使いづらい

最近はホームページはどの病院でも作っています。

そのホームページがさびれていたり、ずっと更新されていなかったりする病院は怪しいです。

 

本来は患者の為に作成してあるホームページですから、ホームページが使いにくい場合もちょっと怪しんでみてみましょう。

 

見るべきポイントは

  1. 病院までの行き方がわかりやすいか
  2. 診療時間がすぐにわかるか
  3. 診療科が一目でわかるか
  4. お問い合わせ先がすぐにわかるか

 

このあたりを注意してみてください。

 

求人を見れば「選んではいけない」職場かどうかわかる!

怪しい=わかりにくい文章や言葉がないか?

ここをチェックしてください。

求人も、病院ホームページもそうですが『見てくれる相手のため』を思えばわかりにくく作ろうとはしないはずです。

ぜひ来てほしい!うちで働いてほしい!と考えているのであれば、細かく書いていくはず。

 

  • 理学療法士募集

より

  • 5年目の理学療法士(訪問経験あり)募集

 

のほうが求人のスタンスとしては明確でわかりやすいですよね。

こういった求人を探していくことが、「辞めたい」と思わない職場を選ぶコツです。

 

ブラック企業は職員を大切に思っていませんから『年齢不問!未経験者OK!』と入職のハードルを下げ、『月収40万円可!』と、あたかも高給であると錯覚させようとしてきます。

 

そこに気づけるかどうか?が分かれ道となるんです!

 

後輩さん
後輩さん

でも一人でそんなことチェックできるかな?
転職経験もないし…

キム兄
キム兄

そんな人は転職アドバイザーに相談してみよう!

 

理学療法士の転職を成功させる確率を高めてくれるのが転職サイトであり、転職サイトに登録することでブラック企業に勤める可能性を限りなく低くしてくれます。

 

エージェント
エージェント

私たち転職のプロにお任せください!

 

特に、PTOT人材バンク は転職サポートも手厚く、求人の紹介から面接まですべて転職アドバイザーがやってくれるので仕事をしながらでも転職活動ができます。

求人票だけでは分からない実際の年収や休みなどの詳細情報も伝えてくれるから、ブラック企業なんて選びようがないんです。

 

だから「選んではいけない職場」を選ぶリスクを限りなくゼロにするには、転職サイトに登録するのは必須であると考えます。

▽無料登録はこちら▽

 

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職のコツ
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活