【決断できない】即決しても悩んでも答えは変わらないらしい|即決のメリット




  • レストランでメニューを決められない
  • 休みの日の過ごし方に迷う
  • 降水確率30%で傘を持っていくか悩む

 

人生は「選択」の連続ですが、そこで悩むのは時間がもったいないです。

多くの日常で起こる判断は、その後の人生に左右しない全くどうでもいい選択が多いことや、どちらを選んでも結局同一のゴールに到着することが多いそう。

 

結局、どちらの選択肢を選んでも変わらないのであれば、決断にかける時間は少ないほうが良いに決まっていますよね。

ここでは、そんな「決断力が無い、優柔不断」なあなたに、決断力を高めるための2つのルールをお伝えします。

 

決断できないのはもったいない!即決しても悩んでも結果は変わらない?

悩んでもあまり意味がない

ある研究によると、人は即決しても悩んで決めても、80%は同じ答えを導き出すとされています。

そして、悩んだ事柄の実に90%以上は、どちらを選んでも特に問題ないとか。

 

例えば飛行機の機内食で「ビーフorチキン?」と聞かれて悩んだとしても、どっちにしろ美味しいですしどちらもお腹は膨れます。

ビーフを選んだからその後の生活に支障が出る、なんてことはほとんどありませんよね。

 

これは仕事でも同じで、A案とB案、どちらを選んでもプロジェクトは成功します(もちろん、時間が掛かったり周囲の反対を受ける場合もありますが…。)

彼女のプレゼントもAとBどちらを選んでも大して喜んでくれないかもしれません。

 

私も多くの選択肢を経験していますが、どちらを選んでも差し支えないことが多いです。

 

選ぶのに慎重にならざるを得ないケース

逆に、選ぶのに慎重にならなければいけないことってなんでしょう?

  • 進学
  • 結婚
  • 投資
  • 家の購入

などたくさんあると思いますが、結局これもそこまで大きな影響をあなたに与えないかもしれません。

 

例えば、私は理学療法士の資格を取るのにA大学とB大学で悩みましたが、よく考えればどっちを選んでも理学療法士にはなれるのでそこまで大きな問題ではないですよね。

 

結婚や家の購入もそうです。

どっちにしろ幸せに過ごせるんだから、極論を言えば何を選んでも同じかもしれません。

 

決断できない人の特徴

どっちも選べない

極論を言えば何を選んでも変わらないのであれば、なぜ悩むのでしょうか?

そこには「損得勘定」が働いてしまうからなんですね。

 

  • A大学は学費が100万円だけど一人暮らしが必要で入試が難しい
  • B大学は学費が400万円だけど実家から通えて入試も比較的簡単

 

  • A地区の家は広くて安いけど駅から遠い
  • B地区の家は狭くて高いけど駅の目の前

 

どっちも結果的に幸せになるのですが、どうしても損得で考えてしまうんですね。

 

最悪の結末を考えてしまう

悪い結果におののく

例えば家を購入する際に「もしもローンが払えなくて家を手放すときに高く売れたほうが良いかも…」と、最悪の結末を考えて悩んでしまうこともしばしば。

 

  • 高くて良いものだけど来年には使っていないかもしれない
  • 楽しそうだけど続かないかもしれない
  • やってみたら後悔するのではないだろうか

 

そうやっていろんなことを考えてしまうと、どんどん悩みは深まっていってしまいます。

 

情報が多すぎる

インターネットや口コミサイト、SNSの普及で情報はものすごく多くあります。

これはいい!と思った商品でも、悪い口コミを見るとためらってしまう事ってありませんか?

 

情報が多いのは良いことなんですけど、あまりに情報が多すぎると決断できなくなってしまうんです。

 

決断するためのルールを作ろう

マイルールで決断力アップ!

では決断するためにはどすればいいのか?というと、マイルールを作るのが手っ取り早いです。

  • 迷ったらやめる
  • 迷ったらやってみる
  • 迷ったら親に相談する
  • 迷ったら時間を置く

といったマイルールがあると、決断しやすくなるのでお勧めです。

 

興味がどれくらいあるか点数化しよう

決断する前に、自分が迷っている・悩んでいる案件を点数化してみましょう。

  • A案は自分がやりたい度は90点
  • B案もやりたいけど準備が大変だから70点

というように数値化することで、本当に自分が選びたい方を選べるようにします。

 

どっちも同じ点数だった場合は思い切って両方パスしてしまいましょう。

エッセンシャル思考と言う本では、自分の出した点数が90点未満のものは全てNOだ!と言い切っています。

これくらい思い切りがあってもいいかもしれませんね。

【エッセンシャル思考】頭の中のゴチャゴチャをスッキリ整理してシンプルに考えよう!
いろいろな仕事が舞い込んでくる…やることが多すぎて何から手を付けていいか分かんない!思考を整理するための教科書、エッセンシャル思で無駄を省き、自分の時間を持つ!

 

損害がデカい方を捨てよう

いま悩んでいる案件の良い所ばかりでなく、損失が大きい方を省くという選び方もいいかもしれません。

 

  • A地区の家は2,000万円で広いけど駅が遠い
    損失:公共交通機関の利用難、老後の生活の不安
  • B地区の家は5,000万円で狭いけど駅が近い
    損失:ローンが予算を超える、子どもがいると少々手狭、車が1台しか置けない

 

人によってどちらを選ぶかは変わってくると思います。

私は、最寄り駅というか電車にほとんど乗らないし、職場までもバイクで通っています。

そして、親が遊びに来た時など車は3台置けた方がいいし、老後はこの家に住む気はないのでA地区の家を購入しました。

 

こうして、損失から選ぶことで時間をかけずに選ぶことができます。

平均通勤時間は47分!通勤が10分以内になり劇的に変わって良かった事
通勤時間の考え方はそれぞれですが、ぼくは無駄だと考えています。通勤時間が60分短くなって劇的に変わったことをまとめました。

 

その場ですぐ決断するメリット

  • グダグダ同じことでストップせず次に行ける
  • やるべきことが溜まっていかない
  • アタマがモヤモヤしない
  • 決断力があると評価される

すぐに決断することで、いろいろなメリットがあります。

もちろん、すぐに決断することで失敗することもありますが、たぶん悩んで決めても失敗します。

 

そんな時は「もっとよく考えればよかった」と後悔するのでなく、「こうしたら失敗したから次は気を付けよう」と考えればいいんです。

人生の選択にはかならず「次」があります。

 

アレコレ悩んでいるうちに次の選択肢が迫ってきてしまうと二重苦ですよね。

パッパパッパと決断して、どんどん物事を進めていきましょう。

 

悩んでも結果は変わりませんし、悩んでいてもまた次の悩みが来ちゃいますよ!

仕事で成果・実績を上げるには日頃の過ごし方を見直せばすぐついてくる
仕事で成果・実績を上げるためには日々の生活を変える必要があります。どうやって生活習慣を変えていけばいいのでしょうか?私が実践している内容をお伝えします。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活