1日たった18単位の理学療法士が定時に帰れないのはこの6つが原因だ!




理学療法士は単位時間制で働いています。

1単位20分なので、18単位であれば6時間は患者さんとのリハビリをしているわけですよね。

1日8時間労働ですから、6時間をリハビリに使っても2時間暇な時間があるわけです。

 

なのに定時で帰れない、忙しいと嘆く理学療法士。

なんででしょうね。

 

多くの理学療法士は、この「2時間」の使い方が下手だから帰れないんです。

ここでは、18単位なのに帰れないあなたに向けて、なぜ帰れないのかを考えるきっかけを作っていきます。

 

18単位なのに帰れないのは「仕事を始める時間が遅い」から

18単位しか取ってないのに定時で帰れないのは仕事の開始が遅いからです。

例えば8時半~17時半の仕事なのに、1人目のリハビリ開始を9時からにしてないでしょうか?

 

9時からリハビリする病院の特徴
  • 8時半から朝礼がある
  • 8時半から全員で掃除やタオル畳みをしている
  • 8時半から入院患者の時間表を作っている
  • 8時半はまだ患者が食事をしている
  • なんか雰囲気的に9時スタートで、9時までお茶を飲んでる

 

こういった職場は開始時刻が遅れるので、その分単位は取れないし帰るのも遅くなります。

 

あなたの職場はどうですか?

8時40分から動けば、夕方に20分空けられますよ。

 

18単位なのに帰れないのは「午前中に全力を出さない」から

18単位なのに帰れない人は、均等に仕事をしようとします。

午前9単位、午後9単位とか。

 

それじゃダメです。

帰りたいなら午前に全力を出しなさい。

 

午前に10単位介入するだけで、午後は8単位になり、帰り際にかなり余裕が生まれるはず。

その時間にカルテなり書類なりをこなせば、必ず帰れるはずです。

 

その為には午前を9時~12時で動いていてはだめ。

8時40分~12時で動きましょう。

そうすれば午後は13時~17時半の4時間半のうち8単位(2時間40分)を臨床に当てるだけ。

午後は2時間近く暇ができる計算になります。

 

早く帰りたければ午前に全力を出すべきです!

 

18単位なのに帰れないのは「カルテを書くのが遅い」から

残業する一番の原因はカルテ記載です。

カルテを書くのが長くなってしまう原因は、その書き方にあります。

 

カルテに時間がかかる人の特徴
  • 臨床内容の全てを書こうとする
  • 一番伝えるべき内容を選択できていない
  • その場で何をやったか思い出そうとする
  • メモが汚い
  • コピペしない

 

カルテを早く書く方法は幾らでもあります。

その中で最も大事なのは「本当に伝えたい事のみを書く」ということ。

全てを書いてたら時間なんていくらあっても足りません。

 

できれば担当する1患者に対し3分以内(フォローで入った患者は5分、新患なら10分以内)を目標にしてみましょう。

 

1患者5分だとしても、10人で50分にもなります。

これを就業間際にやろうなんて無理ですよね。

 

そもそもパソコンを打つのが遅い人もいますが、まずはタイピングの練習でもしたらどうですか?

理学療法の勉強をするより、そっちのほうがよっぽど仕事の役に立ちますよ。

 

▽自分のタイピング能力をチェック!▽

腕試しレベルチェック
ウェブ上で無料のタイピング練習ができます。基本からじっくり学びたい方、もう一度練習し直したい方、ぜひご利用ください。楽しくタイピング練習しませんか。

 

18単位なのに帰れないのは「明日に回さない」から

明日でもいい仕事は今日やらなくてもいいので帰りましょう。

計画書やカルテは月末でもない限り、急を要するものではありません。

無理してやる必要ないのでは?

 

え?

そうしたら明日帰れなくなるって?

 

そんなの朝の暇な時間にパパッとやれば大丈夫だし、18単位で午前に10単位取れば午後は2時間も暇ができるんだから大丈夫。

それでもできないんなら仕事量が多すぎるか、無駄が多い証拠なので所属長に相談してみてください。

 

18単位なのに帰れないのは「無駄が多い」から

リハビリを見てると、明らかに無駄が多い人を見かけます。

 

こんなムダ、してませんか?
  • 病棟内自立の患者を迎えに行く、送り届ける
  • セルフエクササイズを近くで見てる
  • 明らかに不要なマッサージを行っている
  • エルゴメーターを近くで見てる
  • 外来患者を待ってる
  • 何度もメモを見返す

 

自分のことはなかなか分からないかもしれませんが、帰れない人の多くは当てはまります。

 

  • エルゴを漕いでる時に近くにいる必要はあるでしょうか?
  • 外来患者をボーッと待ってていいのでしょうか?
  • そのメモ、見返すのに時間がかかってないでしょうか?

 

その時間を業務(書類作成など)に当てればいいのでは?

 

たった5分の無駄も、6回あれば30分です。

ぜひ自分の行動を見返してください。

 

18単位なのに帰れないのは「周囲のスタッフが悪い」から

私が思う最も大きな帰れない原因は「周囲のスタッフが悪い」からです。

 

こんな職場に勤めていませんか?
  • 残業している人が褒められる
  • 定時で帰ると嫌味を言われる
  • スタッフ全員残っているので帰れない雰囲気だ
  • 残業代で稼がないと生活が苦しい

 

これ、本当に深刻。

 

残業すると「仕事してる」

定時で帰ると「サボってる」

 

本当は逆なのにね。

定時退社は悪い?実際に「良いor悪い」という人の意見を聞いた結果
定時で帰るのって悪い事なのか?実際に「悪い派、良い派」の意見を聞いてみました。この記事は、定時退社はなぜよく思われないのか?定時退社したほうがいい理由。について書いています。

 

つまりは働いてる環境が悪いってこと。

そんな職場ではいくら頑張っても定時で帰るなんて無理なんですよね。

 

もしもそんな職場で働いていて「定時で帰りたいな・・・」と思っているなら転職を考えてみてください。

実際に私も20時まで仕事していましたが、転職をして17時半に変えることのできる職場に勤めました。

 

定時で帰れるって本当にいいですよ!

18時には風呂に入ってビール飲んでますからね。

21時には子供と布団の中です。

 

マイナビコメディカルには1万件を超える求人と親切な転職アドバイザーが居るので、まずは情報収集から始めてみるのはいかがでしょうか。

▽【簡単1分】あなたに合った求人を紹介してもらう【無料】▽
マイナビコメディカル

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの残業 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活