定時で帰りたい!毎日残業しないで帰った結果、ほぼ定時で帰れる職場が分かった




定時で帰りたい!

そう思っている人も多いと思います。

実際、定時で帰れない人の割合は6割を超えるとか。(日経ビジネスより)

 

マジかよ、そんなにみんな残業してるの?

でもまぁ定時で帰れてる人も4割いるので、その4割に入りたいですよね。

 

私は理学療法士として病院で勤務しているのですが、特に医療関係は意図しない残業が多い職場だと感じます。

定時間終了後に仕事が舞い込んでくることもしばしば。

まぁ全部断るんですけどね。

 

そんな残業をしない生活を2年以上続けて、こんなブログを書いているものだから色々な情報が入ってくるわけです。

そして、ついに残業のない職場の特徴を捉えることに成功したんです!

ここでは、残業のない職場の特徴を書いていくので、自分の職場が当てはまっているかどうかを確認してみてください。

 

もしも当てはまらなければ、その職場は残業に汚染されているので、自分の時間が欲しいなら早めに逃げ出したほうが良いかも。

6割の中に入ってしまいますよ。

 

▼【登録無料】定時で帰れる職場を探してみる▼

 

 

定時で帰りたい!ほぼ定時で帰れる職場の特徴

残業のなさそうな職場というのはだいたい決まっています。

 


  • ノー残業デイがあります!
  • 定時上がりを推奨する職場です!
  • 働きやすい職場です!

 

こういった言葉に惑わされないでください。

この言葉に信憑性は無いです。

 

残業が無い=残業代を支払っていないとういう考え方もできます。
サービス残業があれば、それはノー残業とはいえないですよね。

 

そんな職場側の発する情報より、もっと客観的な情報から残業の有無を判断することができます。

100%ではないですけど、今から挙げる職場は意外と残業はすくないので参考にしてみてください。

 

夜勤勤務する人がいない職場は残業が少ない

病院でいうと、入院患者を受け入れている場合は24時間稼働していると言えます。

しかし、外来のみの整形外科や、訪問リハ、通所サービスなどは時間になると職場自体が閉まってしまいます。

このように定時刻になると職場自体が閉鎖する仕事は残業は少ないです。

 

実際、私が見学に行った老健の残業は17時で、その時間には所属長くらいしか残っていませんでした。

 

 

仕事量が決まっている職場は残業が少ない

仕事があればあるほどその仕事を処理しようとします。

仕事に終わりが見えないとダラダラと残ってしまうでしょう。

 

だから仕事は定量で終わる方がいいです。

例えば

 

  • 1日21単位取得
  • 18時で患者受け入れ終了
  • 10人分の書類作成

 

と言った具合に『量』と『時間』のどちらかでビシッと終わる方がいいです。

 

IT関係の仕事なんかは、その仕事に終わりが見えません。そうすると、つい残って仕事をしてしまうんですよね。
同じように総務部や人事部の仕事にも終わりはない仕事です。

 

結婚してる女性の多い職場は定時で帰りやすい

既婚女性が多い職場というのはいくつかのメリットがあります。

 

既婚者が多いと…
  • 働きやすい職場である
  • 子供の迎えなどで早く帰る
  • 仕事時間以外の時間を大切に考えてくれている
  • 不測の事態に対応(子供の熱など)できる人員が揃っている

といえます。

既婚の女性が多く働いている職場は、保育園のお迎えなどがあるので定時でみんな帰っていきます。

逆に、男性の多い職場は独身でも既婚でも帰りが遅いように感じますね。

 

緊急性のある仕事が入ってこない職場は定時で帰りやすい

帰り際に急に仕事が舞い込んでこない職場は、定時で帰りやすいです。

病院で言うと救急車の受け入れをしているような病院は定時で帰りにくいといえますね。

 

あと意外と知られていないのですが訪問リハビリも書類がかなり多い。

そのため月末月初は定時で帰れなかったり、家で仕事をする場合も多いようなのでここも避けた方がいいかもしれませんね。

 

残業をしたくない!定時で帰るためには断固たる決意が必要

仕事をしている以上、その仕事には相手がいます。

その相手が困っているようなら、こちらは残業をしてでも対処してあげたいと思うのは当然の事。

 

でも職場によってはそこまで緊急性のない仕事も沢山あります。

 

学生さん

定時で帰りたい!

 

そう願うのであれば、まずは基本的に定時上がりを推奨している職場で働くことが絶対条件です。

残業するのが当たり前になってる職場だけど毎日17時に帰りたい!

そう思ってもそりゃ無理ですよ。

 

定時で帰る為に必要なものは3つ!

  • 定時上がりを推奨している
  • 業務終了時間が明確
  • 絶対に帰る(仕事を終わらせる)といった強い意思

この3つが揃っていれば定時で帰るのはそこまで難しいことではありません。

 

特に定時上がりを推奨している職場であれば、例えサービス残業が横行していても帰りやすいです。

職務規定上、残業しない!と設定されていますので。

 

定時で帰りたい!毎日残業しないで帰った結果

私は毎日定時で帰っていますが、定時で帰ると本当に1日を有意義に使えます。

帰ってから寝るまでの時間が6時間くらいありますし、その分自分の時間も多く取れます。

 

実際に私がこうしてブログの時間を捻出できるのも、定時上りで時間があるというのが要因ですね。

 

とはいえ

とはいえ毎日8時間勤務は長いです。

もう少し短くならないかなぁ?

 

希望としては週休3日制、1日6時間労働くらいがちょうどいいですね。

参考記事
休みがない!休みたいあなたへ2勤1休のススメ:働きすぎてないですか?>>>

 

毎日定時退社することで、自分の時間を取り戻してください。

サービス残業なんて違法行為だから絶対にやっちゃダメですよ!

 

まとめ:今の職場に不満があるなら早めの対処を!

時間は有限です。

あなたの生活が残業に蝕まれ、仕事が人生の大半を占めているようならちょっと考えてみてください。

いつか会社を辞めようと思ているなら、今すぐ行動していったほうが絶対に良いです。

 

転職には1年近く時間がかかります。

いつか来る「転職」の為に、今から準備をしておいた方がいいと思いますよ。

 

▼無料登録はこちら▼

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】転職の悩み
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活