1年目理学療法士の悩み!『知識も技術も無い私に存在価値がない』は本当か?新人の弱さを強みに変える方法




 

学生さん

私は技術もないし、先輩がやったほうが効果があるから存在意義が無いと思う…。
患者もすぐに治してくれる人のほうがいいと思うんです!

 

【この記事で分かること】

  • 知識、技術がない新人の戦い方
  • 自分にしかできない技術を探る方法

 

不安

新人(1年目)の理学療法士がよく感じる『不安』。
それが『知識も技術もない私がこのまま働いていていいのだろうか…』というもの。

入職時はやる気があったけどだんだん不安に思えてくる…

 

入職時はやる気に満ち溢れていた新人も、徐々に仕事が振られていき、仕事にも慣れてきます。
がむしゃらに働いてきてふと気づいたときに、自分を見つめなおす時期がきます。

 

学生さん

あれ?私、なにも成長してないんじゃない?
先輩と比べると全然ダメじゃん!

 

と考えてしまうことも。
ここでは、そんな自信を失いかけている新人に向けてメッセージを発信したいと思います。

 

 

新人理学療法士の悩みは先輩や同僚と比べてしまうことから始まる


新人も担当の患者を受け持っています。
そして、自分の休みの時は先輩や同僚が介入してくれることも多いはず。

自分が休みの時にどんな治療をしているか気になりませんか?

 

めっちゃ気になるよー!!

キム兄
キム兄

気になるのは当たりませだけど、気にしすぎもよくないからね!

 

自分は筋力が足りない!と思って一生懸命筋トレをしていたとして、先輩が介入した時、カルテに

  • 『対象は筋力よりバランス反応の低下にアプローチしたほうが良いと考えられる』

なんて書いてあった日には自分の治療が間違っていたのではないか?と不安になりますよね!

 

ほかにも、自分の担当患者に入った時に

 

患者さん
患者さん

昨日の○○先生に揉んでもらったらすごくラクになったの!

 

と、言われたときも自分の技術のなさを痛感するのではないかと思います。

そんな時に

 

学生さん

あぁ、私がリハビリするより先輩にリハビリしてもらったほうが患者もうれしいんだ…

 

と、悲観的になってしまうこともあるでしょう。

最悪の場合、この仕事が自分に向いてないのでは?と考えてしまうことも。

しかし!そんなことを考える必要はないんです!

 

技術が先輩に追いつかないのは当たり前!みんな通ってきた道

治療技術が先輩に追いつかないのは当たり前です。

 

キム兄
キム兄

むしろたかが1年未満のくせに何をいうか!

 

10年目の先輩は、1日7時間の介入を年200回も続けています。
10年で14,000時間!

新人のキミはまだ実務6か月だから840時間!

もうね、経験のレベルが違うわけですよ。勝てるわけない。

 

そして勘違いしないでほしいのが、先輩も昔からそんな簡単に治療できてるわけじゃないってこと。

 

キム兄
キム兄

ぼくも昔はキミと同じような悩みを持っていたんだよ。

同じ…悩みを…?

 

周りと比べて悲観するより過去の自分と比べて成長を喜ぼう

新人はできなくて当たり前です。
仕事も要領がつかめないので遅いですし、優先順位も分かりません。

それを、先輩と比べても全く意味なし。

同僚と比べるのも同じで、人間には得手不得手がありますし、要領のいい人もいるでしょう。

それを見て『やっぱり私はダメなんだ…』と落ち込むのは全く意味のないことです。

 

 

キム兄
キム兄

周りのことは気にせず、自分の事に集中しなさい!

 

 

周りと比べて悩む前に、まずは過去の自分と比べて成長したかどうか?が重要だと思います。

 

  • 新入職の時にできていないことができるようになった
  • 患者から感謝の言葉をもらえた
  • 新しい仕事を任された

 

自分の成長を噛み締めましょう。

 

キム兄
キム兄

もちろん、今先輩が経ってるポジションも、数年後にあなたが通過できるポジションです。

後輩さん
後輩さん

そっか、今じゃなくて未来の姿が先輩なんだね!

 

 

知識・技術がない新人理学療法士の戦い方

後輩さん
後輩さん

過去の自分より成長できてるのは分かったけど、やっぱりみんなの役に立ちたいし自信もつけたいよ…

キム兄
キム兄

そうだね。じゃあ自分にしかない強みを武器に戦おうか。

 

技術が無い新人はどうやってぼくらと対等に渡り合えるか?というと、新人がぼくたちに『絶対に勝てるもの』があるはずなのでそれを利用しましょう。

新人がぼくたちに絶対勝てるもの…それが

 

  1. 若さ
  2. 元気
  3. 知識のなさ

 

キム兄
キム兄

いまのキミたちにしかないこの3つのスキルを存分に発揮しよう!

 

新人は若さを武器にして戦う

患者は基本的に高齢者です。
その高齢者にとって、22歳(または21歳)というのは孫みたいなもんです。

 

新人の理学療法士、22歳です!

 

患者さん
患者さん

あらあら?私の孫よりお若いのね

 

孫と同じ年代の人に優しくされたり、楽しく話をされたりしていやな気分になる人なんてほとんどいないです。

もちろん、患者にもよりますが、その若さを武器に患者に接していきましょう。

 

【例えば】

  • 自己紹介で年齢を伝える
  • 肩を揉んであげる
  • 昔の遊びを教えてもらう(患者に先生になってもらう)

 

キム兄
キム兄

ぼくはリハビリの前後に握手をするようにしえるよ。
高齢者は若い人に触れる機会も少なくなるので、こういったスキンシップのほうが喜ばれることが多いんだ。

後輩さん
後輩さん

有名な眼科医も握手に始まり、握手で終わるってテレビでやってたね!

 

 

新人は元気を武器にして戦う

新人は元気であるべきです。

技術もない、知識もない、そのうえ元気もないんじゃどうしようもない。

 

患者は病気や怪我で入院しているので、全員元気がないと思ってください。
元気のある患者もいますが、それでも入院前よりは活気が落ちてるはず。

 

  • そんな患者より元気がない理学療法士ってどうですか?
  • そんな理学療法士に治療してもらいたいと思いますか?

 

知識や技術がなくて落ち込むのもわかるけど、そんなの患者に関係ないです。
今自分ができることをきっちりやっていくべき!

 

元気な声で話しかける、にっこりと笑いながら話しかける。

これなら知識や技術がなくてもできるんじゃないでしょうか。

 

キム兄
キム兄

理学療法士は手技以前に『話術』で患者の気分を高めてあげる必要がある。

後輩さん
後輩さん

うまく乗せるってことね!

 

新人は知識のなさを武器にして戦う

知識がないのは当たり前。でもそれを武器にしてみたら?

 

後輩さん
後輩さん

知識がないのが武器になるの?

キム兄
キム兄

もちろん!理学療法士だって完璧じゃないからね。

 

人間は誰かに物を教えるのが好きです。
どや顔をするのが好きです。

平成生まれのキミたちが知らないことを、昭和や大正生まれの患者は知っています。

 

だったら逆に教えてもらいましょう。

 

キム兄
キム兄

ぼくもよく使う手ですが、戦争の時代の話を聞いたりバブルの話を聞いたり…

 

そんな話をしていると自然と緊張がほぐれ、病棟の廊下ですれ違った時も挨拶をしてくれたりします。

そうやってラポール形成をするんです。もちろん、治療にも使えるます!

知識のなさを嘆くのでなく、それを武器にしてしまいましょう!

 

【例えば】

  • お手玉を教えてもらう
  • 編み物を教えてもらう
  • 昔のテレビをyoutubeで一緒に見る
後輩さん
後輩さん

患者さんに教えて貰うことってたくさんあるのね

キム兄
キム兄

あとは『揉み方』『強さ』なんかも患者から教わることが多いよ。

 

 

信頼関係を築く話し方はこちらの記事をどうぞ!

404 NOT FOUND | 理学療法士の残業ゼロ生活

 

新人こそオンリーワンになれ!自分の強みを探す方法

新人が先輩に対して劣等感を感じるのは仕方のないことです。

しかし、それは『治療技術』という側面で見た場合のみ。

新人が、先輩よりも高いスキルを持っていることもありますので、そのスキルをまずは探してみましょう。

 

  • 学生時代に得意だったこと
  • 大好きな趣味
  • ずっと続けていること

 

これは強みです。

また、『弱み』も『強み』になる場合があります。

 

  • 深い知識がない→浅く、多くのことを経験してきた
  • 部活4年間補欠だった→4年間腐ることなく一生懸命練習してきた
  • 治療技術がない→それでも理学療法士になれたということは能力がある

 

あなた独自の強みがきっとあるはずです。

 

キム兄
キム兄

先輩や同僚の真似をしても、それはあくまでコピー。
自分の強みを生かしてたった1人の理学療法士になれるといいね。

後輩さん
後輩さん

わかりました!自信をもって仕事してみます!

 

まとめ:新人理学療法士だからこそできることがある!

新人には新人の良さがあります。

 

  • 新人だから…
  • 知識がないから…
  • 技術がないから…

 

そんなことでヘコむのは終わりにしません?

新人にしかできない治療というのは必ずあります。

 

理学療法士は手技だけじゃなく、話術でも治すことが可能。
だって患者の体を治すのは患者自身だから。ぼくらはアドバイスやコツを教えているだけ。

 

ぼくらが治療している訳ではないということをもう一度念頭におき、患者に接してみてください。

そして、自分にしかない強みを生かし、自信をもって介入していきましょう!

 

 

キム兄
キム兄

ぼくは新人たちを羨ましいと思ってみているよ!

 

それでも理学療法士に向いていない…と考える方はこちらの記事を読んでみてください!

【新人理学療法士】うまく評価・治療ができない…理学療法士に向いていないと悩む前に知っておきたいこと
仕事が先輩みたいに評価も治療も上手くできない…私は理学療法士に向いていないのかも…仕事も楽しくないなぁ【この記事で分かること】・仕事ができないと悩む前に知っておきたい『あたりまえ』・新人理学療法士が自信をつける方法とは?・新人理学療法士が不安に思う原因は『環境が悪い!』

 

新人が戦える場所を提供されていますか?

これまで話してきたことは、あくまで一般的な病院の話です。
場所によっては、新人に戦う場所を提供させていない病院もあるとか。

 

  1. 評価が上手くできていない!という理由で臨床参加させない
  2. リハ助手のようなことばかりやらせる
  3. 指導という名のレポート作成などで業務に支障が出る

 

このような病院では、いかにあなたが素晴らしい人材でもその能力を発揮させることは困難です。

 

キム兄
キム兄

こういった職場は呆れるばかり。新人を育てようとする気持ちがまるで見えないね。

 

新人だから、という理由で臨床参加させなかったり、指導という名目で大変な仕事や業務に関係ないことを押し付けるのは単なる新人いじめです。

もしも心当たりがある方は、【職場での嫌がらせ、いじめに対する戦い方】を読んでください。

職場で嫌がらせやいじめを受けないようにするための方法は「お世辞」
職場でいじめられないためにすべきことはいじめる人に「お世辞」をいう事です。相手が良い気分になればこっちのもので、いじめられなくなります。

 

そして、もしもそのような職場で働いているようでしたら、あなたの能力を最大限発揮できる職場に転職するのも一つの手段です。

『理学療法士』として働ける場所を探し、どんどん知識と経験と技術を付けていったほうが絶対に良いです!

【新人だけど仕事がイヤになってきた…】


マイナビコメディカルは相談員の質と人数が豊富で、様々な悩みを解決してくれるスペシャリスト集団です。『ほかに良い職場があるかもしれない』そんな思いがあればマイナビコメディカルに相談してみるのもいいでしょう。

 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」
メドフィットは仕事に悩む新人へのアドバイスも親身に受け答えてくれます。『なんとなく仕事が合ってない気がする…』『新人だけど辞めたい!でも根性なしと思われるのもい嫌だ!』というような相談まで受けています。仕事で悩んだらぜひ相談を!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活