50歳でも現役でできる?理学療法士の老後を考える




私は35歳ですが、今のまま臨床をバリバリやっている姿を50歳、60歳の自分に投影するとピンとこないんですよね。

50歳すぎて、自分より年下の患者に「ここの筋肉が硬いですね」「こうすればもっと楽に家事ができますよ」といいつつ、自分は常に腰が痛いし疲労も貯まる…

 

私は50歳を過ぎても現役でバリバリに理学療法士をできるのか?

 

普通に不安になります。

そこで、世の50歳以上の理学療法士はどういう仕事をしているのか調べてみました。

 

日本理学療法士協会会員の50歳以上の人数

まず知っておきたいのは、50歳以上の理学療法士が何人いるのか?ということ。

日本理学療法士協会の統計情報によると、51歳以上の理学療法士の人数は男性:4808人、女性:2298人で、合計7,106人です。

日本理学療法士協会:統計情報

これは、日本理学療法士協会会員数(125,372人)の5.67%に当たります。
※2020年3月現在

 

今の職場に20人スタッフがいれば、その内の1人が50歳以上という計算なのでかなり少ないことが分かると思います。

2020年に50歳になる人は1970年生まれであり、理学療法士の資格取得をしたのが22歳だとすると1992年に資格を取った人、という事になります。

 

平成4年は初めて理学療法士の合格者数が1万人を超えた年でもあり、今後は50歳以上の理学療法士が増えていく事が予想されます。

日本理学療法士協会:統計情報

 

つまり、自分たちも50歳の時にどういう仕事をしているのか予想しておく必要があるんです。

 

今の職場で仕事を続けていていいんでしょうか?

 

50歳以上の理学療法士が考える理想

50歳以上の理学療法士が将来どう考えているか?

大きく分けて4つの道が存在するようです。

 

  1. 職場でスキルを高め、管理職として活躍する
  2. 臨床を引退し教員などの教育や指導者の道に進む
  3. 理学療法士自体を辞め、新たな道に進む
  4. 現場でバリバリ活躍する

 

さぁ、あなたはどうしますか?

 

職場でスキルを高め、管理職として活躍する

50歳代であれば、多くの経験をし、スキルも身についています。

臨床現場でバリバリやるというより、管理職としてリハビリテーション科を運営していく立場にばっていく道です。

 

私もリハ科主任として働いていますが、この道が王道だと思います。

給料も上がりますし、収入も安定します。

 

臨床を引退し教員などの教育や指導者の道に進む

病院や老健などで仕事をするのをやめ、大学や講師などをして教育現場に移行する道です。

多くの経験から指導力もあるでしょうし、若い人材を育成するという点では非常にやりがいもありますし、学校教員は私も目指しているものの1つです。

 

でもできれば理学療法士協会とかで働いてみたい…。

現場でなく、教育分野なので得手不得手はありますが、体力を使う仕事ではないのでかなりおススメです。

 

理学療法士自体を辞め、新たな道に進む

理学療法士を辞め、全く別の道に進むのも1つの方法です。

自分でマッサージ店を建てて経営したり、ブログやYouTubeなどを行ってもいいですし、書籍を手掛けても良いですね。

 

もちろん、収入は下がる可能性はありますし、上手くいかない事もあります。

いままで理学療法士の仕事しかしてきていないので当然ですが、夢を叶えるなら50歳代以降がラストチャンスです。

 

私の患者で98歳の女性がいますが、60歳の時にフルートを演奏したかったらしいのですが、年齢を理由に諦めたそうです。

でも、60歳の時にフルートを始めていたら、すでに38年もフルートに没頭できたのに…と後悔していました。

始めるのに遅いことはありません。

 

現場でバリバリ活躍する

常に臨床現場に立ち続けるのも立派な道です。

今の職場でもいいし、転職して新しい職場に行ってもいいのですが、経験はそのまま実績になります。

しかし、日々変わる医療業界に対し、日々学ぶ姿勢が無いと第一線で活躍することはできません。

 

体力的にも不安ですが、50歳以上でも現役で働いているかたは多くいます。

 

50歳代の自分の仕事を考えるコツ

50歳になるころは、まだまだ遠い未来だと感じている人も多いと思います。

でも実際に人生はあっという間です。

 

自分のやりたいことを一生懸命やることで、よりよい人生となっていくんです。

そうすると、自分が50歳になった時にどんな人間になっていたいかをしっかりと考えておく必要があります。

 

まずは、どれくらいの給料があるといいのか?

理学療法士の平均年収は407万円ですが、50歳代でその金額はちょっと少ないです。

最低でも500万円はほしいですよね。

 

理学療法士の年収の平均は407万円!転職とキャリアアップで年収500万円~1000万円を狙えることが判明!
理学療法士の年収って低いよね…。なんとかしてもう少し年収を上げられないかなぁ?【この記事で分かること】・理学療法士の平均年収・理学療法士の年齢別の年収・年収を500~1000万円に上げる方法

 

そして、どんな働き方をしたいか?

  • 残業がなく定時で帰りたい
  • 訪問リハビリをしたい
  • 回復期でじっくり見たい
  • 運動器を見たい

そういった希望が必ずあるはずなので、自分に合った仕事や働き方ができる仕事を考えていきましょう。

 

毎日定時退社すると得られる15のメリット!3年以上残業なしで帰った結果…
定時退社するとどんないいことがあるの?残業代をもらう以上のメリットってあるのかな。【この記事でわかること】・定時退社のすばらしさを存分に理解できる・残業していると気づかない、定時退社の意外な事実を知る

 

そして最後に、家族は周囲の人間を幸せにできるか?

家族を持っていた李、家を購入している人だと50歳代はまだまだ働き盛りです。

そんな中、無謀な転職をしたり新しい夢に挑戦するのはリスクが付きまといます。

 

自分で考え、行動するのは非常に素晴らしいことなのですが、あなたの人生はすでにあなたのものだけではない可能性もあります。

まずは周囲の人間に相談することをおすすめします。

 

周囲の人間から反対を受けたらおとなしく引き下がるのも賢明な判断です。

客観的にあなたの事を見ている人の判断は意外と正しいものですから。

 

そしたら、副業をしてみたり、収入の良い速場に転職する方法を取ったほうがいいかもしれませんね。

 

50歳以上になった時のことを考えて行動を!

いま理学療法士としてバリバリ働いている人は分からないかもしれませんが、自分が50歳代になった時にどう行動するかでその後の人生がかなり変わってきます。

50歳でも臨床をバリバリやっている自分を想像できますか?

 

私はそうは思えませんでした。

だかた認定理学療法士も取り、臨床実習指導者も取り、マネジメント系の資格も取りました。

50歳で臨床業務をするのは病院にとって非常にコスパが悪いんです。

 

月収40万円で週100単位取る50歳と

月収22万円で週100単位取る22歳だったら、病院は若くて給料の安いセラピストを残しておきたいに決まっています。

 

だったら、50歳でも活躍できる職場に転職したり、教育関連施設への転身を考えるのが良いのではないかと考えます。

また、管理マネジメント業務ができれば、年収550万円以上も。

実際、私は35歳ですが管理職をしていて年収は500万円を超えています。

 

【理学療法士の出世】主任になったら仕事が楽しくなったからメリットを5つ紹介する
理学療法士が出世して管理職として働いたら色々と世界が変わりました。まだ主任業務ですが、管理職になって分かったメリットをいくつか挙げていきます。出世ってこんな感じ!

 

PTOT人材バンクでは管理職の求人も多く募集していますし、マイナビコメディカルでは利用者も多く顧客満足度もかなり高いです。

転職や、職種変更を考えるのであれば、このような転職サイトに登録しておくのをおすすめします。

よい求人はすぐに応募で埋まってしまいますが、まだまだ求人は多くあります。

 

私も教育関連の求人を探すために登録しています。

定年が今後伸びていく可能性もあり、50歳でも定年までまだ10年以上あることを考えると、早めに行動しておいた方がいいのは間違いありませんね。

 

▽【簡単1分】あなたに合った求人を紹介してもらう【無料】▽
PTOT人材バンク

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの転職】 転職の悩み
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活