今からでも間に合う!認定理学療法士(新規)の申請の準備って何をすればいいの?




学生さん

認定理学療法士になりたい!
今からでも間に合うかな?

 

【この記事で分かること】

  • 今から認定理学療法士の申請に間に合わせる方法
  • 認定理学療法士の申請に必要なもの

※この記事は2018年9月1日に作成されたものです。現在は2018年度の協会指定研修・ 認定必須研修会は受講を締め切りとなっていますのでご了承ください。

※2019年5月16日に加筆・修正しています。

 

認定理学療法士試験

 

ついにこの季節がやってきました。

認定理学療法士の試験は毎年3月の頭に実施され、申請期間は毎年9月~10月に公式HPで発表されます。

そして、例年と変わらなければ2019年度の申請期間は2019年11月1日~11月30日までです。

 

準備をしておきましょう。

認定理学療法士の資取得はキャリアアップの近道!ぜひ手に入れておきたいですね。

【合わせて読みたい】
理学療法士のキャリアプランを考えよう!新人から定年までの生き方とは?>>>

 

 

認定理学療法士の受験資格は?

  1. 日本理学療法士協会会員であること
  2. 新人教育プログラムを修了していること
  3. 専門分野登録をし、2年以上経過していること
  4. 講習会の参加で100ポイント以上獲得していること

 

この4つの条件がなければ、受講するのは不可能です。
また来年に向けて準備を始めてください。

 

上記4つをクリアしている方は、受講できる可能性が残されています。

ここからさらに必要なのが

 

  1. 協会指定研修を受講
  2. 認定必須研修会を受講
  3. 症例報告10ケースの作成

 

この3つを2018年11月30日までに終わらせ、受験の申し込み申請をする必要があります。

 

協会ホームページからマイページに移動してご確認ください】

キム兄
キム兄

厳密にはポイント反映に時間がかかるから10月までにやっておくべし!

 

日本理学療法士協会の会員になろう!

日本理学療法士協会の会員になるには、協会の公式HPから参加することができます。
入会ページはこちら|日本理学療法士協会

様々な特典もありますので、ぜひ入会していただきたいですね。

日本理学療法士協会の会員になるメリットってあるの?と疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご参照ください。

入会する?しない?入会10年目のPTが解説!理学療法士協会に毎年2万円払って入るメリットとデメリットとは? >>>

 

入会すれば新人教育プログラムの流れや、専門分野登録の方法などもできるようになります。

 

認定理学療法士になるために必ず必要な研修とレポート

認定理学療法士の受験をするにあたり、必ず受けなければならないことをまとめます。

協会指定研修を受講

協会指定研修会は、今年はe-ラーニングというパソコン上で視聴可能になりました(全ての領域が対象です)

 

  1. 協会のホームページに入る
  2. マイページに入る
  3. 生涯学習管理
  4. 履修ポイント基準確認
  5. No52 講習会・研修会等の受講

 

ここにあります。

※2018/10/10以降は申し込みが終了しています

2019年度は今まさに受付中ですのでお早めにどうぞ。
7560円で自宅で受講できるので、とても便利!

受講すれば5年間は有効なので、今回落ちても来年の受講時に指定研修は免除されます。

 

 

認定必須研修会を受講

認定必須研修会も分野によってはe-ラーニングで視聴できます。

 

  1. 代謝
  2. 運動器
  3. 脳卒中

 

この3つは用意されています。

 

  1. 協会のホームページに入る
  2. マイページに入る
  3. 生涯学習管理
  4. 履修ポイント基準確認
  5. No11 講習会・研修会等の受講

 

ここから、自分の専門分野の必須研修を受けてください。

※2018/10/20以降は申し込みが終了しています

2019年度は今まさに受付中ですのでお早めにどうぞ。

受講すれば5年間は有効なので、今回落ちても来年の受講時に必須研修は免除されます。

 

症例報告10ケースの作成

症例報告は協会指定の用紙に関連症例を10例、レポートとして作成します。
1症例1200文字程度なので、カルテ等を見直しながら作成しましょう。

 

新背書類は協会ホームページからダウンロードします。

協会ホームページ】

※返却されないので注意!また、今年落ちたとしても翌年は新たに10症例のレポートが必要だと思われます。

 

以上のものが揃えば、11月1日以降に協会に資料を郵送して登録が完了となります。

3月の試験に備えて勉強しておきましょう。

【合わせて読みたい】
やって分かった!認定理学療法士の申し込みで注意すべき4つのこと>>>

 

 

まとめ:認定理学療法士の受験に必要な準備

  1. 合計180ポイントの受講ポイント(新プロ/指定研修/認定研修を含む)
  2. 症例レポート10例
  3. 専門分野登録2年以上

 

以上が必要になります。
詳しくは協会ホームページをご覧ください。

協会ホームページ
 

まだホームページ上は2017年の内容も多く見受けられますので、更新があったらここで報告させて頂きます。

現在更新されております。

キャリアアップに重要な役割の認定理学療法士をゲットしよう!

 

【その後どうなったかというと…?】
平成30年度:認定理学療法士合格発表!運動器認定理学療法士に合格しました! >>>

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【技術・知識】認定資格
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活