【第55回:理学療法士国家試験の難易度】今年は難しい?予想合格率と国試対策




 

学生さん

第55回の理学療法士の国家試験の難易度はどれくらいかな?
分かりやすい対策法はあるのかな?

 

【この記事で分かること】

  • 第55回理学療法士国家試験の難易度
  • ほかの国家資格と比べて難しい?
  • 出題範囲と出題傾向

 

理学療法士国家試験

 

学生さんは勉強しているでしょうか?

ここでは、今回の国家試験

 

  • 令和元年度(2020年)第54回理学療法士国家試験

 

の難易度をちょっと考えてみましょう。

 

キム兄
キム兄

調べたら去年より難しいかもね

 

▼第55回:国家試験解答はこちら▼

404 NOT FOUND | 理学療法士の残業ゼロ生活

 

過去の理学療法士国家試験の合格率

難易度を考えるには、合格率を確認するのが手っ取り早いです。

過去5年分の合格率は

 

  • 第54回:85.8%
  • 第53回:81.4%
  • 第52回:90.3%
  • 第51回:74.1%
  • 第50回:82.7%

 

となっています。

結構バラついていますが、概ね80%前後と考えていでしょう。

 

過去10年分の合格率はこちらからご確認ください。

【第55回】令和元年度:理学療法士国家試験の概要(日時・出題範囲・合格率)
第55回PT国家試験の詳細を載せています。

 

近年の国家試験の特徴は『バラツキ』

先ほど、過去5年分を例として挙げました。

なぜ5年分か?というと、ここに近年の国家試験の特徴が集約されているから。

 


  • 第54回:85.8%
  • 第53回:81.4%
  • 第52回:90.3%
  • 第51回:74.1%
  • 第50回:82.7%

 

けっこうバラツキが大きいことに気が付きませんか?

ちなみに、その前の4年間はこうです。

 


  • 第50回:82.7
  • 第49回:83.7
  • 第48回:88.6
  • 第47回:82.4

 

バラツキは少ないですよね?

このように、最近の国家試験は合格率の変動が大きいので非常に予想しにくくなっています。

 

第55回国家試験の合格率予想

第55回国家試験の合格率の予想は81%前後と予想されます。

昨年より下がると予想しています。

 

その理由はこちらの記事で、データから算出して詳しく説明しているので参考にどうぞ!

【第55回】理学療法士国家試験は難しい?データから見る合格率予想
第55回、理学療法士国家試験の合格率予想をデータから紐解いてみます。第55回を受験する方は1度目を通すことをおすすめします。

 

ほかの国家試験の資格と比べて合格率と難易度はどうか?

その他コメディカルの国家試験別に比べると

 

  • 看護師:91%
  • 介護福祉士:70%
  • 薬剤師:70%
  • 作業療法士:81%
  • 言語聴覚士:75%
  • 技師装具士:85%
  • 放射線技師:75%

 

となっており、理学療法士とほぼ変わらない数字です。

5人に4人以上は合格する計算なので、難易度はさほど高くないと考えられます。

 

理学療法士国家試験の出題範囲と合格基準

出題範囲と合格基準に関しては、こちらの記事をご参照ください。

丁寧に解説しています。

【第55回】令和元年度:理学療法士国家試験の概要(日時・出題範囲・合格率)
第55回PT国家試験の詳細を載せています。

 

理学療法士国家試験に向けての対策法

国家試験対策はいくつか提示しています。

 

▼基本的な勉強方法はこちら▼

【理学療法士国家試験】本番で9割近く取れた!効率のいい勉強時間と方法
理学療法士の国家試験で余裕を持って合格するための効率のいい勉強法をお伝えしています。無駄を省いて頑張っていきましょう!

 

▼合格に向けた国試対策の参考書まとめ▼

【2020完全版】理学療法士の国家試験対策:おすすめの参考書まとめ
国家試験に向けた参考書がほしいな。でも沢山あるからどれを選べばいいか分からない。おすすめを教えて欲しいな。【この記事で分かる事】・理学療法士国家試験対策の参考書の種類・時期や勉強法によっておすすめの参考書

 

▼家以外でも勉強して学力アップ!▼

【第55回】理学療法士国家試験対策をいつでもどこでもアプリで勉強する方法
机で教科書を開いて勉強するのが苦手な人はスマホやタブレットを使ったオンライン(Web)での勉強をおすすめします!

 

国家試験まであと少しです。

今まで勉強してきた集大成となりますので、全力で頑張ってみてください!

 

キム兄
キム兄

ぼくも人生で一番勉強したよ!

学生には金の合格(五角)えんぴつを配ってます

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【技術・知識】国家試験
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活