【3/1追記】医療者が調べた「新型コロナウイルス」を超簡単に解説




新型コロナウイルスが流行っています。

 

私も医療者の端くれとして、新型コロナウイルスについて調べたことをなるべくわかりやすく解説していきます。

※2020年1月30日現在

※2020年3月1日加筆

 

新型コロナウイルスってなんだろう?

コロナウイルスは全部で6種類あるのですが、有名どころはMERS(中東呼吸器症候群)ですね。

でも今回、中国で発見されたコロナウイルスは、この6種類とは異なったものだったそう。

なぜコロナウイルスと言うのかというと、見た目(外膜)が太陽のコロナのようだから。

コロナウイルスは、細菌ではないので抗生物質は効きません。

 

新型コロナウイルスの感染ルート

コロナウイルスはヒトからヒトへの感染が確認されています。

 

感染ルート

 

空気感染はしないと言われているので、防ぎようはあります。

 

新型コロナウイルスを防ぐ方法

  1. 感染した人が飛沫を出さない(せき・くしゃみ)
  2. 感染した人の触ったものに触れない

 

簡単に言えばインフルエンザの予防と同じことをすればいいんです。

 

  1. マスクの着用
  2. こまめな手指衛生(消毒用アルコール)
  3. 不特定多数が振れた所には触らない(つり革など)
  4. 物品消毒(次亜塩素酸ナトリウム)

 

咳エチケットに関しては東京都感染症情報センター>>>が出しているものが分かりやすいです。

 

新型コロナウイルスとマスクの着用

コロナウイルスにマスクの着用は、かなり効果がある様子。

感染者は飛沫を出さないし、接触者は飛沫を浴びにくくなる。

 

でもマスクには隙間が出来てしまうので効果が無いという意見もあります。

首相官邸HPには

「予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物などの換気が不十分な場所では1つの予防策と考えられます」

と発表されています。

 

本気で防ぐならN95規格のマスクじゃないとダメとか。

 

 

新型コロナウイルスの感染者の推移

3月1日現在

  • 性差:男>女
  • 年齢:40歳以上
  • 基礎疾患:関係なし

症状

  • 発熱:ほぼ100%
  • 体温:38度以上が多い
  • 咳:70%以上
  • 筋痛/倦怠感
  • 呼吸困難

 

新型コロナウイルスとほかのウイルスの識別

MERSやSARSと同じコロナウイルスですが明確な違いがあります。

全て「熱発」「咳」「呼吸困難」が高い確率で起こりますが、新型コロナウイルスは「下痢」「咽頭痛」がほぼ起こりません。

これがMERSやSARSとの識別になります。

 

とはいえ、症状だけでは識別は難しいので医療機関でポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法と呼ばれる検査手法を実施する必要があります。

 

潜伏期間は7~14日程度とのこと。

 

新型コロナウイルスで重症化しやすい人

2020年1月30日現在、中国全土で170人を超えました。

2020年3月1日現在、新型コロナウイルスの感染者が確認された国と地域は61となっています。

中国での死者2835人 感染者7万9251人です。

 

この数はまだ増えていくと思われます。

感染者は7711人、重症患者は1370人です。

※2月12日現在、死者は1000人を超えています

 

 

重症化しやすい人は

  • 高齢者(60歳以上)
  • 基礎疾患あり(高血圧、糖尿病など)

 

肺炎を起こした人の6人に1人が重症化し、致死率は3%と言われています。

 

新型コロナウイルスの治療法

抗ウイルス薬は無いので、支持療法のみです。

SARS、MERSの薬が効果あるかも?

ステロイドや風邪薬は効果がないようです。

 

現在、新型インフルエンザの薬が効くかもしれないということで2月中旬から投与が始まっています。

薬は『アビガン』といい、備蓄もあることから効果に期待されています。

 

加藤勝信厚労相は2月22日、新型コロナウイルス感染症の治療の一環として、新型インフルエンザ治療薬のアビガン錠(一般名:ファビピラビル)を投与する考えを示した。同剤は、富士フィルム富山化学が製造販売元のRNAポリメラーゼ阻害剤。2医療機関で投与に向けた準備を進め、全国へ広めることも視野に入れる。21日には、国立国際医療センターを中心とする研究班を立ち上げ、22日からは、1医療機関ですでに投与を開始した。加藤厚労相は、「安全性に十分留意する必要があるが、観察研究に参加する医療機関を順次拡大する環境を作っていきたい」と述べた。

 

新型コロナウイルスの発生源:中国への渡航はやめるべき

2020年1月30日現在、外務省は武漢市の感染症危険レベルを3に引き上げました。

中国への渡航はやめるべきです。

 

2020年3月1日現在

【危険度】

  • 中国湖北省全域
    レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
  • 中国浙江省温州市
    レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)
  • 上記以外の中国
    レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

 

外務省ホームページ

 

従業員が新型コロナウイルスにかかったらどうする?

発熱・倦怠感・咳・呼吸苦などの症状が出たら、まずは病院に行き、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法と呼ばれる検査手法を実施します。

陽性反応が出たら隔離し、治療に当たります。

 

現場に居合わせたスタッフはすぐに検査する必要はありませんが、万が一のために14日間の在宅療養をおすすめします。

その間が潜伏期間なので、14日経って何もなければ感染していないと考えていいでしょう。

 

WHOの知見によれば、現時点で潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、また、これまでのコロナウイルスの情報などから、未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています。

厚生労働省|新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)より

 

GMOインターネットグループ、楽天、野村ホールディングスも接触のあるスタッフを在宅勤務対応にしているそうです。

 

新型コロナウイルスの最新状況を知る

 

新型コロナウイルスで国家試験、認定理学療法士試験はどうなる?

新型コロナウイルスの蔓延が現在の状況だと、このまま国家試験も認定理学療法士試験も予定通り実施されます。

しかし、日本でも感染が拡大したり、非常事態宣言がでると場合によっては何らかの措置が取られるかもしれません。

 

続報をまちつつ、体調管理に気を付けて学業に励みましょう。

もしもコロナウイルスに感染してしまったら、受験は出来ないと思いますので本当に気を付けてください。

 

国家試験に関しては通常通り実施されました。

しかし認定理学療法士試験の実施は中止となり、日を改めて延期となっています。

【試験中止】2020年の認定理学療法士の試験は中止になりました。返金や今後の対応は?
2020年(2019年度)認定理学療法士試験は中止になりました。それに伴い、2019年度の学会や研修会も中止になっていますのでご注意ください。その対応をまとめました。

 

また、学術大会などの中止も決まっているので、理学療法士協会のホームページや各県士会のホームページを参考にしてください。

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
PTの働き方 【仕事とストレス】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活