【スポーツ整形】運動器のリハビリが良くわかる!認定PTおすすめの参考書7冊




理学療法士は分野ごとに学ぶべき領域が違います。

今回は「スポーツ整形」「運動器疾患」に携わる理学療法士にぜひ手に取ってほしいおすすめの書籍(参考書)をおすすめします。

 

理学療法士のみならず、整体師やマッサージ師にもお勧めですよ!

運動器の認定理学療法士で、かつスポーツ整形の急性期に従事している理学療法士が7冊選びました!

 

整形外科疾患のおすすめ参考書はこちら
  • 筋骨格系のキネシオロジー
  • 骨格筋の形と触察法
  • 運動のつながりから導く肩の理学療法
  • 腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック
  • 股関節・膝関節・足関節理学療法マネジメント(3冊分)

 

筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版

運動器疾患をメインに見ているなら1度は目を通してほしい1冊。

この1冊さえあれば運動学の参考書は不要です。

人間の生理的・解剖学的・運動学的な動きはほぼ網羅されているので、恐らくこれだけで「動き」に関しては全く問題ないでしょう。

 

骨格筋の形と触察法 第2版

 

触察、筋の形などを網羅する骨格筋に特化した解剖学の参考書です。

整形外科疾患の要となる骨格筋に対する知識はこれ1冊で賄えます。

なるべく早い時期から取り入れていきたい1冊ですね!

 

運動のつながりから導く肩の理学療法

肩に関する運動療法はこちらの書籍が分かりやすいです。

肩障害が理解しにくい原因はその複雑な解剖学的構造によるものですが、その難しさを運動の繋がりからうまく紐解いてくれる書籍です。

中高生の野球選手から五十肩の患者にまで幅広く活用できます。

 

腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック

 

腰痛は整形外科疾患でかなりの割合を占めています。

そんな腰ですが、かなり奥が深いもの。

難しい腰椎の動きや治療法をDVDで分かりやすく解説してくれます。

1冊買ってスタッフでシェアするのがおすすめですね。

 

股関節・膝関節・足関節理学療法マネジメント(3冊分)

 

 

 

可能なら3冊いっぺんに揃えてほしいです。

それぞれの関節を得意とする臨床家が全力で機能障害に関して説明しているので非常に役に立ちます。

下肢に関してはこの3冊があれば全く問題ないと言えますね。

 

まとめ:運動器疾患の特徴に合わせた書籍選びをしよう

今回は整形外科(運動器疾患)に対する参考書を7冊選ばせていただきました。

しかし、この7冊すべてが必要なわけではありません。

あなたの職場の患者の質や疾患によって購入すべき書籍を選ぶべきです。

 

私の場合、股関節・膝関節・足関節理学療法マネジメントの3冊は自分で購入し、ほかの4冊は職場物品として病院に頼んで経費で購入しました。

参考書もかなり高いので無暗に購入するのでなく、仲間と一緒に購入するなど節約しながら知識を仕入れることをおすすめします。

 

また、学校の教科書などは「国試に受かるための物」なので臨床ではほとんど役に立ちません。

学校の教科書を医学書専門に買い取るメディカルマイスターに高値で買い取って頂き、そのお金で新しい参考書を購入するのも1つの手です。

 

学校の教科書を大事に取っておいても使わなければゴミと同じなので、さっさと売って、本当に自分に必要な参考書を購入したほうが絶対に良いですよ!

 

▽無料で査定してもらう▽

 

 

▽関連記事▽

学校で買った教科書を仕事で使わない!残しておいても全く無駄である理由
学校の教科書は仕事で使いません。それは使用の目的が違うから。本当に必要な参考書を選び、学校の教科書なんかさっさと処分してしまいましょう!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【リハビリ】 参考書
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活