学校で買った教科書を仕事で使わない!残しておいても全く無駄である理由




大学や専門学校で購入した教科書は30冊ほどあります。

でも、その教科書を仕事で使うか?と言ったらNOです。

 

実際に私が仕事で使ったのは1年目の時くらいで、それ以降はほとんど使っていません。

 

段ボールに入れて、こんな有様ですからね。

 

学校で買った教科書は仕事では使いません。

残しておいても無駄なのですが、捨てるのも勿体ないので売ってしまいましょう。

 

メディカルマイスターは医学書やリハビリテーションの教科書を専門で買い取って頂けるサイトです。

ここに売れば町の古本屋に持っていくより何倍も高く買い取ってくれるのでお勧めです。

このお金で新しい参考書を買うほうがよっぽど為になります。

 

 

なぜ学校の教科書を仕事で使わないのか?

なぜ学校で高いお金を出して買った教科書を使わないのか?というと目的が違うからです。

 

学校の教科書の目的は

  1. 理学療法を知る、学ぶ
  2. 臨床現場に出るための基礎を学ぶ
  3. 国家試験に合格する

 

ですが、仕事で必要とする参考書は

 

  1. 特定の疾患の治療やポイントなどを深く知る
  2. 過去の実績から治療効果のエビデンスを得る
  3. 短時間で効果の出る効率的な治療法を知る
  4. 今まで知りえなかった新しい情報を得る

 

という目的に代わるから。

 

仕事で使うなら学校の教科書のような当たり障りのない「骨折の種類による評価法と治療法」よりも「大腿骨頸部骨折術後の評価と治療」というようによりピンポイントでの情報が必要となります。

 

学校の教科書のような「運動療法学 各論」より「大腿骨頸部骨折の理学療法」を求めます。

だから学校の教科書はほとんど臨床では役に立たないんです。

 

学校の教科書で仕事で使う教科書は1冊のみ

一応、私が仕事で使っている教科書は1冊だけです。

それは「基礎運動学」

研究にも使えますし、いまだにこの教科書の内容を全て把握できているか?というとNOです。

急性期から慢性期まで幅広く使える教科書ですね。

 

それ以外は特に使用していません。

実際に私が使用している参考書は卒後に買い足したものです。

 

もしかしたらすでに学校で使っている方も居るかもしれませんが、これから挙げる参考書は持っていて損はないものとなります。

 

理学療法士が仕事でよく使う参考書

  • 動作分析 臨床活用講座―バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践
  • 筋骨格系のキネシオロジー
  • 脳卒中理学療法の理論と技術

上記3つは全ての理学療法士にお勧めできる書物です。

 

動作分析 臨床活用講座―バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践

有名な本ですが、動作分析を基本とする理学療法士はぜひ持っておきたい1冊です。

動作分析が苦手な方も多いようですが、この本を読んで実際に患者と照らし合わせることでメキメキと理解できるのでおすすめ。

 

筋骨格系のキネシオロジー

解剖学をより深く学ぶならコレ。

リアルな図解と動画解説もあるので非常にわかりやすいです。

800ページ以上あるので、いかに深く紐解いているかわかりますよね。

学校の教科書に比べたら、ため池とマリアナ海溝くらい違いますね。

 

脳卒中理学療法の理論と技術

脳神経外科関係を学ぶならこちら。

理学療法士として重要な脳の疾患について、深くわかりやすく学ぶことが出来ます。

基本的な評価は載っていません。

運動連鎖、プッシャー症候群、ロボットリハビリテーション、CI療法、バイオフィードバック、退院後の生活などより深く書かれています。

ただし、内容はちょっと難しいです…。

 

まとめ

理学療法士が仕事で使う参考書は学校で購入した教科書ではありません。

自分の仕事に合ったものを使用しなければいつまでたっても「学生レベルの知識」から抜け出すことができません。

いいかげん、学校の教科書を使うのを辞めて将来を見据えた参考書を活用しましょう!

 

購入に何万円もかけた学校の教科書を捨ててしまうのは勿体ないです。

かといって、ブックオフに持っていっても大したお金になりません。

専門書は「専門書の買取店」に出すと高価買取してくれます。

メディカルマイスターは医学書・医学専門書、理学療法・作業療法・運動療法・整形外科学・解剖学などのリハビリテーションの教科書や専門書を専門に全国から送料無料で買取しています。

多少の書き込みがあっても買取でき、記名や蔵書印・押印のある本やカバーや箱を紛失された本も買い取ってくれるのも嬉しいですね。

 

古い教科書を売ったお金で、自分が本当に必要としている参考書の購入に充ててみてはいかがでしょうか。

 

▽教科書の処分に困った方はこちら▽

【捨てる・売る】大学や専門書の保管場所に困ったから処分の方法を調べてみた
家の押し入れを圧迫する読んでもいない大学や専門学校の教科書や参考書。その処分の方法をお伝えします。教科書の捨て方はもちろん、なんと売れる事はご存知ですか?

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【リハビリ】 参考書
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活