コロナでボーナスカット!?それって許されるの?法律的に考えてみる




新型コロナウィルスが猛威を振るっており、理学療法士の給料が下がっている人の話もチラホラ聞きます。

コロナで給料カットされる悲惨な職場で働く理学療法士の将来が不安だ
理学療法士はコロナでも給与カットされにくい職種ですが、給与カットされてしまうような病院で働いている人は将来が不安です。その病院、あなたが定年まで存続できますか?

 

そこで気になるのがボーナス(賞与)ですよね。

日本企業の約90%が夏のボーナスが出ていますが、もしかしたらコロナの関係でボーナスがカットになるかもしれない…。

 

でもそれって良いの?

契約違反にならないの?

 

そんな疑問に、法律的な観点から考えていってみましょう。

 

ボーナスは労働基準法第89条で明記されている

企業が制度として賞与を支給することを定める場合、「賃金支払の五原則」に基づいた支給基準や計算方法、支給時期等は就業規則に記載しなければならない(労働基準法第89条)

月給などの一般的な賃金は「賃金支払の五原則」(労働基準法第24条)にのっとって支給しなければならないが、賞与の支給については労働基準法に定めがなく、法令上支給が強制されているものではないので、支給の有無やその計算方法、支給時期等は原則として各企業の任意である。

 

つまりボーナスに関しては法的な明記が一切なく、ボーナスを出すも出さないも企業次第ということ。

つまり、コロナでボーナスがカットされたとしてもそれは全く問題ないことなんですね。

 

ただし、各職場の就業規則にボーナスの事は載っています。

当院の場合ですと

 

  1. 年3回(基本給+役職手当の4か月分)を支給
  2. 業績により増減や見送りはあり得る

 

となっています。

 

このような表記があると「見送りはあり得る」となっているので夏のボーナスが出なくても文句は言えませんね。

一度就業規則を確認することをおすすめします。

 

理学療法士のボーナスの平均額

理学療法士のボーナスの平均額は以下の通りです。

  • 2017年:63万9,900円
  • 2016年:70万1,200円
  • 2015年:63万9,900円
  • 2014年:60万9,900円

 

新人理学療法士の場合、夏のボーナスは出ません。

詳しくはこちらの記事でご確認ください。

 

理学療法士のボーナスはいくら?賞与カットされる職場は将来性ゼロ!
理学療法士がいくらボーナスを貰っているか気になりませんか?また、ボーナスが出ていない人、将来が不安ですよね?その不安を解決していきます。

 

不当なボーナスカットはあり得るのか?

あり得ます。

なぜなら「ボーナスを出さなければいけない法律はない」からです。

しかし、就業規則にボーナスの事柄が記載されているので、そこを確認すべきでしょうね。

 

就業規則に「業績により増減または見送りもあり得る」と合った場合はカットされても文句は言えません。

むしろ、今までボーナスを貰えていたことが会社からの恩恵なのですから。

 

でも今までボーナスがしっかり出ていたのに、コロナの影響でカットされてしまうのは痛いですよね。

というか、コロナ患者をメインに受け入れているならまだしも、全く患者を受け入れていないにもかかわらずボーナスに影響が出るような病院は今後も存続が怪しいです。

コロナの影響が表面化してまだ2~3か月じゃないですか。

たったそれだけの影響で経営が傾くような病院に未来は無いと思いますよ。

 

ボーナスカットの宣告をされているような病院は将来が心配なので長く勤めないほうが良いと思います。

理学療法士の求人はまだまだ多くあり、コロナの影響は受けているものの従業員の給与やボーナスは確保できている病院も多数あります。

コロナ程度で経営が傾くような病院にしがみつくより、新しい職場で安心して働いたほうが絶対に良いですよ!

 

マイナビコメディカルには多くの求人が出ており、転職エージェントも親身になった求人を探してくれます。

豊富な案件のなかから、ボーナスもしっかり出る職場も多数ありますので、将来が不安な方は登録しておくのをおすすめしています。

▽【簡単1分】あなたに合った求人を紹介してもらう【無料】▽
マイナビコメディカル

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】 年収・ボーナス
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活