【新型コロナ】2021年2月から医療従事者はワクチン接種を強制させられる可能性が高い

新型コロナウィルスに対抗するワクチンが出てきました。

2021年2月から、医療従事者は接種開始となるそうです。

ソース:〈独自〉新型コロナワクチン、3独法傘下病院で先行接種へ 厚労省打診≫

色々な問題もあるでしょうが、自分の考えと照らし合わせて実施していきたいものです。

 

ワクチン接種を回避することは可能なの?

今のところワクチンに絶対的な効果と信頼性があるかは疑問ですよね。

効果が無くて副作用が強かったら、誰も接種したがらないでしょう。

 

でも我々医療従事者が接種を回避できるか?というと、ちょっと厳しいかもしれません。

むしろ「医療従事者なんだから摂取すべき」みたいな圧力も生まれてきそうですね。

 

また、ワクチンを打ってないと勤務できないなどの指示があるかもしれません。

また、一般人もワクチンを打ってないと外出禁止、打ってないと入店禁止などの措置が出てくるかも。

 

今のところ、絶対に打たなければならない、と言うわけではなさそうですが、そういった制約が出てきてもおかしくないです。

 

ワクチン接種をどうやって知る?

ワクチンを接種したかどうか、それはマイナンバーカードなどで管理すればイッパツです。

例えば、お薬手帳みたいなものを持参し、ワクチン接種したらカードやパスポートなどをもらえ、お店に入店するときはそのカードやパスポートを提示しなければならないとか。

 

そんなことも考えられます。

 

ワクチンを接種したい医療従事者っているの?

実際にワクチンがあったとして、それを摂取したい医療従事者はいるのでしょうか?

日本製ならともかく、今日本に入ってくるワクチンはアメリカのファイザーというメーカーです。

もうすでに1憶回分以上のワクチンを日本は購入しました。

ソース:ワクチン 米製薬大手ファイザーと契約を正式締結と発表 厚労相≫

 

これ、安全なんですかね。

よくわからないですけど、これを接種したい人っていますか?

医療従事者からじゃなく、政府関係者から打てばいいのに。

 

我々は人柱になるようなもんです。

副作用があってもたぶん政府は知らんぷりですよ。

だったら日本のメーカーのワクチンを接種したいと思うのは私だけじゃないはず。

 

病院勤務でワクチン強制接種を強要される場合転職も考える

医療従事者は、社会的な世間体もあってワクチン接種を断りにくいですよね。

職場によっては「絶対に打ちなさい」と強制になる場合もありそう。

 

でも副作用が怖いし打ちたくない。

もしもワクチン接種が強制されるようであれば、ワクチン接種が強制されない職場・職種への転職も考えてしまいます。

人によってはワクチン接種を期に転職を考えるのもアリだとは思います。

 

 

 

失敗せず、希望条件に合った転職をするには?

次の職場を決めずに現職に退職願を出すのはNGです。

また自分に合わない職場を選ぶリスクが付きまとうのでお勧めしていません。

 

でも早く退職願を出して、今の職場から解放されたいのもわかります。

転職するのは、かなり面倒ですが、おすすめの方法は転職支援サイトを活用することです。

エージェントと呼ばれる代理人が、あなたの理想とする職場を探してくれるんです。

 

サイトの登録は1分以内に終わる簡単なもので、登録料も一切かかりません。

転職サイトは、無料であなたの理想の職場を探してくれる便利なサイトなんです。

 

数ある転職サイトの中でもおすすめはPT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトです。

 

サイト登録後は、電話でエージェントに希望条件を伝えることで、希望条件に合った職場をメールやLINEで教えてくれるのでとっても便利。

だから好条件の職場が見つけることができますし、病院見学や面接の段取りもしてくれるので働きながら転職活動をすることもできます。

 

転職サイトに登録すると、エージェントが求人案内・面接予約・入職までのスケジュール管理、さらに履歴書の書き方や面接時のアドバイスなどもしてくれますので心強いですね。

これが無料ですので、使わない手はないです。

 

転職支援サイトはいくつかありますが、転職に悩んでいる人はPT・OT・ST WORKERがおすすめです。

PT・OT・ST WORKERは大手転職サイトであり、求人の多さはどのサイトよりも充実しています。

きっと、あなたの希望にあった求人情報を得る事ができるでしょう。

実際に私も使ってみたので、興味があればこちらの記事もご参照ください。

PTOTSTワーカーを実際に使ってみた!評判も口コミは本当にいいの? | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

転職するなら転職サイトを使ったほうが良い理由▼

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由 | 理学療法士の残業ゼロ生活 (hanasaka-pt.com)

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
PTとストレス【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活