【解説】別紙様式22:廃用症候群に係る評価表の使い方と様式







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

厚労省の現本(P47・48)はこちら≫

 

別紙様式22:廃用症候群に係る評価表は廃用症候群のリハビリを実施する際に月に1度作成する評価表です。

【解説】廃用症候群リハビリテーション料 (H001-2)を分かりやすく日本語で説明≫でも説明していますが、廃用症候群リハビリテーション料を算定する場合は、廃用症候群に係る評価表(別紙様式22)を用いて毎月評価し、明細書とカルテに記載する必要があります。

毎月レセプトや症状詳記の時期に作成するといいですね。

 

様式集に戻る≫