理学療法士は残業なし…はウソ!本当は多いブラックなサービス残業と対処法




いま、日本では超過勤務(残業)が大きな社会問題となっています。

規定を越えた超過勤務により、過労死や病気、さらには自分で命を絶つものもあるんですから。

【電通違法残業事件】パワハラと過労死について忘れてはならない事実
電通の違法残業事件と過労死についての見解。会社は守ってくれない?SOSを出して届かない理由とは。パワハラを含めたブラック企業への対策案。

 

そんな中、理学療法士は残業が無い、もしくは少ないと言われていますよね。

求人を見ても、残業に関する記述は特にないものが多いです。

 

でも実際は理学療法士には残業はありますし、賃金が出ない「サービス残業」もあるのでその実態をここでお話しできたらと、思います。

 

理学療法士の残業とサービス残業

理学療法士の残業のデータをPDFですが見つけましたので、ご参照ください。

参考|理学療法士実態調査報告pdf

 

内容を大まかに説明すると、理学療法士の80%は月1時間以上の残業をしており、そのうちの40%しか正当な賃金を貰っていないという内容です。

実に60%の理学療法士が、残業をしても満額の残業代を貰えていないということ。

これ、はっきり言って違法ですからね。

 

詳しくはこちらの記事に書いてあります。

理学療法士は残業が多いのか?平均時間外労働からわかる異常な働き方
理学療法士の残業の実態をデータから調べると70%が残業をしており、その内30%は無給で働いている。理学療法士とサービス残業の異常な関係とは?

 

残業代が出ない労働、サービス残業のことですが、このサービス残業が、実はかなり多くの施設で問題になっているんです。

定時で帰るための大きな弊害であるサービス残業。

もしも毎日30分以上サービス残業をしているのであれば、そんな職場辞めた方がいいかもしれませんよ。

 

▽定時で帰れる職場を探す▽

 

 

理学療法士が残業をしなければならない理由

理学療法士が残業をする理由は多々ありますが、その中でも最も大きな足かせとなっているのが書類業務ではないでしょうか。

 

  • 計画書

患者の治療計画を立てた書類。月に1回算出できます。

点数は240点、もしくは300点なので、2,400~3,000円の報酬を病院が受け取ることができます。

 

  • 目標設定等支援・管理料

要介護の被保険者に対するリハビリテーションについて、予後の見通しの説明、目標設定の支援を書類にしたもので、3ヶ月に1回算出できます。

点数は初回250点、2回目以降100点。

算出しなかった場合は診療報酬が10%減ります(算定外算出)

 

  • 入院時訪問指導加算

入院した時に家屋訪問指導を行う事で150点の加算ができます。

これらは大きな点数ではないのですが、積み重なると大きな報酬になるのでぜひ算出しておきたいものです。(3,000円も100人で30万円の売り上げとなる)

これらの類が、いわゆる『残業』として認められる業務内容になります。

これらを実行すると、理学療法士本人にも『超過勤務代』としていくらかのお金が入ってくるのです。

 

残業代は基本給÷勤務日数÷勤務時間×1.25

 

残業代は、時給換算の25%増しですので、大体1時間で3,000円程度の加算となるわけです。

 

【例】
基本給200,000÷20日勤務=日給10,000円
日給10,000÷8時間勤務=時給1,250円
時給1,250円×1.25(25%増)=1562円

 

こうなり、残業代は1時間1,562円、30分で780円という計算です。

残業代の詳しい計算についてはこちらの記事をどうぞ!

【残業代未払い】支払われない残業代の計算方法と出ない場合の対処法
残業代が未払い、なんてことはありませんか?残業代が派生する仕事ってどんなものがあるか知っていますか?あまり知らない残業代の謎を、ここで解き明かしていきます。

 

でもよく考えて下さい。

例えば計画書を作成するとして、1時間の残業申請をした場合、計画書の点週は300点で3,000円の収入となります。

しかし、その計画書を作成した理学療法士には1,562円払わなければならない。

 

これを見て病院はどう思うでしょうか?

病院の儲けは1,438円しかなくなってしまいますので、こう言われるでしょう。

 

病院
病院

計画書は勤務時間内に作ってください。

 

さて、その時理学療法士はどうするのでしょうか?

そう、残業申請せずに残業をする、いわゆるサービス残業をするんですね。

 

理学療法士とサービス残業

理学療法士の仕事は、先ほども申しあげたように『単位時間制』です。

20分を1単位とし、1日に18~22単位を取得します。

繁盛している病院は、概ね21単位で推移しているはずです。

 

時間にすると420分、7時間となります。

つまり、臨床以外の時間が1時間あるという事。

この1時間の使い方がカギで、この時間にやらなければならないことがたくさんあるんです。

 

臨床以外の仕事
  • 朝礼・夕礼
  • カルテ作成
  • 計画書の作成
  • 家屋評価報告書の作成
  • 目標管理シートの作成
  • カンファレンスシートの作成
  • カンファレンスへの参加
  • OT・ST・Ns・Drへの報告や相談
  • 学生指導
  • 他部門から回る書類のチェック
  • 整理整頓・片付け
  • リハ室の清掃
  • 院内勉強会資料の作成
  • その他雑務

 

 

…無理じゃね?

もちろん毎日やらなくてもいい仕事もありますが、結果的にいつかはやらなければならない仕事。

しかも病院にとってお金にならなそうなものばかり。

当然、残業申請が降りることはないでしょう。

 

じゃあどうするの?

仕事は多すぎるし、時間内に終わらない。

でも病院からは残業するなと言われる。

答えは1つ。

 

サービス残業しかないでしょう。

 

これらの業務は病院で理学療法士としては働いている以上、必ず行わなければなりません。

しかし、臨床に21単位入っていると圧倒的に時間が足りない!

しかし病院からの要求は変わりません。

 

病院
病院
  • 売り上げを上げろ!
  • 21単位とれ!
  • 余計な出費を抑えろ!
  • 残業するな!

 

こうなるともうお手上げで、ぼくたちに残された手段は『残業申請はしないけど残って仕事をする』

ということになるんです。

 

こわいですね。

 

社会人なら労働基準法の残業の項目を知っておこう

ここでちょっと残業についておさらいを。

実は残業時間って何時間やってもいいわけではないんです。

しっかりと法律(労働基準法)で決まってますので、残業の規定値を確認しておきましょう。

 

労働基準法第36条:36協定(サブロクキョウテイ)

【厚生労働省|36協定

その中で、残業できる時間はその期間内で変わってきます。

 

一般労働者(我々のような通常雇用)
  • 1週間 15時間
  • 2週間 27時間
  • 4週間 43時間
  • 1ヵ月 45時間
  • 2ヵ月 81時間
  • 3ヵ月 120時間
  • 1年間 360時間

 

 

この時間を超えて残業してはいけません。

これを超える場合は、手続きが必要となります。

 

これは雇用者(雇ってくれている人)が提出するものなので、我々は手続きの方法を知らなくてOKですが、上記の時間を超えて残業している場合はちょっと不審に思いましょう

 

労働基準法第36条における残業の上限

36協定によって「月45時間、年360時間まで」の残業が認められています。

それを超える場合は手続きが必要ですが、その手続きをすればいくら残業をしてもいいという訳ではありません。

 

改善しない働き方と過労による健康被害が相次ぐ中、政府は「年間720時間」という残業の数値を出しました。

2~6ヵ月の平均で80時間、1ヵ月で100時間をMAXとして時間外労働を制限しました。

 

なぜ2~6ヶ月の平均が80時間で、1ヶ月の残業実績が100時間かというと、過労死の認定基準を参考にして定められたようです。

もしも現在、月に80時間以上の残業をしている人は要注意。

 

サービス残業は仕事上最大の悪事!対処法を知ろう!

残業の制度について理解していただけたでしょうか?

理学療法士は残業が多いということも合わせて理解していただければ幸いです。

 

もしも残業があまりにも多かったり、残業代が支払われないという被害に遭った場合は以下の対策を取ることが重要です。

 

残業代が出ない時の対処法
  • 雇用契約を確認する
  • 働いているという証拠を集める
  • 社内の労働組合に相談する
  • 労働基準監督署に相談する
  • 全労連労働相談ホットラインに相談する

 

詳しい対処法はこちらの記事で説明していますので、残業被害に遭っている方はぜひ目を通してください。

【残業代未払い】支払われない残業代の計算方法と出ない場合の対処法
残業代が未払い、なんてことはありませんか?残業代が派生する仕事ってどんなものがあるか知っていますか?あまり知らない残業代の謎を、ここで解き明かしていきます。

 

まとめ:理学療法士は残業が多いというのは知っておこう!

理学療法士は残業がないからいい。

なんて言われていますが、実際はそんなことはありません。

80%のスタッフは残業を経験しており、そのうちの60%のスタッフは十分な残業代を貰えていないんです。

 

これは大問題なのですが、一番問題なのは『サービス残業を受け入れてしまっているPT』です。

サービス残業があたりまえという雰囲気を作ってはいけません。

そういった雰囲気を作っているのはほかでもない、あなたかもしれませんよ。

 

もしも残業が月に20時間以上あったり、残業代が支払われない職場に勤めているとしたら、その職場はブラック企業と言えると思います。

 

頑張っても定時で帰れないし、残業代も出ないし、昇給もしない。

そんな病院にいても自分にメリットはないので、さっさとやめてしまいましょう。

 

ぼくは今残業はほとんどしないのですが、精神衛生上、本当に楽です。

業務時間が終わったのに、まだ1時間も残るとか本当に嫌ですよ。

本当に残業のない職場も今なら択さなるので、残業に苦しんでいるようだったらぜひ転職することをおすすめします。

 

▽無料登録はこちら▽

PTOT人材バンク

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの残業
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活