新人指導は難しい?簡単な指導のマニュアルと絶対に与えてはいけない2つの指示




新人が使えない!

そんな悩みを抱えている職場もあるようですが、ちょっと待ってください。

 

もしかしたら私たちの指導がダメなのかもしれません。

新人は教育の仕方で良くも悪くもなります。

 

新人は右も左も分からない状態ですからこちらの意図をうまく汲み取れなかったり、上手く伝わらないこともしばしば。

でもそんな時こそ新人を責めるのでなく、私たちが「伝えられるように」修正していきましょう。

 

ここでは、新人教育や新人指導の簡単なマニュアルと、新人にしてはいけないNGの指導法をお伝えしていきます。

 

新人指導の簡単な指導のマニュアル

新人指導に限らず、誰かにモノを教える場合には5つの流れがあります。

指導の基本の流れ
  • 説明
  • 見学
  • 模倣
  • 実施
  • 助言
  • 確認

この流れで指導していけば、新人だろうがベテランだろうが仕事内容や接遇などをキチンと覚えることができます。

 

説明

まずは説明しよう

我々には当たり前の仕事も、新人にとっては初めての経験になります。

まずはこの仕事や作業が「なぜ必要で、どのような意味があるのか」を説明する必要があります。

 

  • いつやるのか
  • どこでやるのか
  • どこにあるのか
  • なぜやるのか
  • どのような手段でやるのか
  • 注意するポイントはどこか

などを1つ1つ丁寧に説明しましょう。

 

細かいことを言うと、「昼食を取る場所」「喫煙所」「帰りの時間」など、実際には仕事にあまり関係ないことも教えてあげるほうがいいですね。

 

見学

見学をしよう

説明したら次は見学です。

ただ「見ててくださいね」だけでは見学の意味が全くないので、見るべきポイントをその都度伝えていきます。

全く仕事をしたことのない新人が見て覚えるのは不可能なので、キチンと着目点を伝えながら見学させていきます。

 

模倣

見学で覚えられることは全体の10%ほどなので、見学で終わりにしてはいけません。

模倣と言って、指導者の真似をさせることが必要不可欠。

 

学ぶことは、まず真似をすることから始まるんですよ。

 

実施

模倣してもらい、ある程度動きができるようになったら一人で実施してもらいます。

指導者の前で動く場合と、自分ひとりで動く場合とではどうしても違いが生まれます。

1人で実践をすることで、初めて自分の足りない部分、分からない部分が見えてくるんです。

 

助言・アドバイス

アドバイスをしよう

実施したら、必ず助言をします。

  • ここをこうしたら良くなる
  • こうしたほうが効率的
  • あの判断は良かった

など、客観的に見て感じたことを伝えてあげましょう。

ポイントは「注意・叱る」ことでなく「伝える」ことです。

 

フォロー

最後にフォローをしてあげます。

助言と少し被る部分もありますが、新人の仕事のミスや不備はわれわれ指導者がフォローアップしていくべきです。

出来てないことを叱るのは教育ではありません。

フォローしつつ、きちんと失敗のポイントと修正したポイントを伝えてあげましょう。

 

新人もバカではないので、「ここ間違えたはずなのに直されてる…」と気付き、次から気を付けるようになりますよ。

 

これらは理学療法学生の臨床参加研修のCCSにも使われている教育法です。

こちらの記事も合わせて読むと、より深く理解できます。

【初めての実習指導】2020年から本格導入!クリニカルクラークシップでの指導方法を説明
クリニカル・クラークシップは実際に診療に参加することで、実践的なスキルを高めていくという指導方式です。講習会や研修会でぼくが学んできたクリニカルクラークシップについて分かりやすく説明します。

 

新人に絶対に与えてはいけない2つの指示

私が新人の時に、この指導は嫌だったな…というのが2つあります。

  • 待機
  • 見学

です。

 

新人指導をする際、「待機させるだけ」「見学させるだけ」という指導は極力避けるべきです。

 

待機

待つのはみんな嫌です

「ちょっと待っててね」

といって、10分も20分も放置することは新人指導の際によく見かける光景かもしれません。

 

でもこの待機時間って、なんの生産性もない無駄な時間です。

新人はこの「無駄な時間」をすごく嫌がります。

もちろん私も嫌でした。

 

待機させるぐらいなら、一緒にどこにでも連れまわしてやってください。

他病棟でも拒否の強い患者でも総務課でもトイレでもどこでもいいです。

あなたについていくことで、仕事の手順や仕事以外の立ち振る舞いを覚えることができます。

 

看護師のプリセプター・プリセプティはこのような考えの元、新人教育をしていますよね。

 

見学

見学は重要ですが、ただ見学しているだけの時間も無駄すぎます。

「見自分でポイントを絞ってみるべきだ」という先輩の声も聞こえてきますが、それができないから新人なんです。

 

実習でやってきたことなんてたかが知れているので、きちんとこちらが見るべきポイントを明確にすべきだし、その後模倣・実施へとつなげていく必要があります。

新人が一番嫌がるのは暇

暇は与えない

新人が一番いやなのは「暇なこと」「仕事がないこと」です。

未だと時間が経つのはすごく遅いですし、仕事が無いと「自分は必要ないのかな…」とネガティブになってしまいます。

 

だかた新人教育において、「ちょっとまってて」という指示は極力避けるべき。

できる事なら常に行動を共にしていきましょう。

 

そして、雑用でもなんでもいいから仕事を与えてください。

こんな仕事やらせたら可哀そう…とおもうかもしれませんが、仕事を与えないほうが可哀そうですよ。

 

まとめ:新人指導は基本を守ればめんどうな事ない

新人指導の手順
  • 説明
  • 見学
  • 模倣
  • 実施
  • 助言
  • 確認

この流れを意識して新人指導をしていきましょう。

無能な教育者は「見ててね」「待っててね」という発言が非常に多いです。

果たして「見る」「待つ」が仕事に何の役に立つんでしょうかね?

 

「ここを見てね」「一緒に来てね」と言えるだけで新人の伸びは変わってきます。

ぜひお試しください。

 

【合わせて読みたい】

 

 

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【仕事とストレス】 対人関係
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活