【正社員の時給はいくら?】正しく計算すると時給は1000円以下に?




学生さん

なんか働いてる時間に比べてお給料が少ない気がする!

私の時給ってどれくらいなのかな…

 

【この記事で分かること】

  • 働く時間は8時間ではない!
  • 休憩時間と通勤時間は仕事に含まれる!
  • きちんと時給を計算すると1000円以下になる!

 

今、会社から給料を貰って生活している人が大半だと思いますが、月給はいくらですか?

 

学生さん

20万円くらいかしら?

毎月もらっているものなので、すぐに答えられると思います。

では、あなたの時給はいくらですか?

 

学生さん

え?20万円を働いた時間で割って・・・

時給は働いて得た金額を時間で割ったものになります。

 


月収20万円÷160時間勤務=1250
時給は1250円です。

 

勤務時間は1日の勤務時間に月の勤務日数を掛ければ出てきます。

 

  • 1日8時間×20日勤務=160時間
  • 20万円÷160=時給1250円

 

しかし、この計算であなたの本当の時給が分かるのでしょうか?

私はこの計算は間違っていると断言します。

 

その理由は

  • 休憩中の時間
  • 通勤の時間

が含まれていないから。

 

休憩も通勤時間も『仕事のための時間』なので、仕事に含まれると考えられませんか?

 

だって、仕事をしてなければ『休憩』は要りませんし、『通勤』も不要です。

だから休憩時間や通勤時間に事故や怪我をしたら、『労働災害』が適応されるんでしょ?

 

▽高収入の仕事を探す▽

 

【時給の計算】拘束時間で計算する

休憩中や出勤時間も、すべては仕事をするために必要です。

 

  • 休憩は、その後の仕事を効率的にするために必要
  • 通勤は仕事をする為にその場所に移動する時間

 

と、いうことは、『休憩時間』も『通勤時間』も仕事として考える必要があります。

『休憩時間』と『通勤時間』が仕事である、と言われてもピンとこないと思いますので、少し詳しく説明します。

 

休憩中も仕事として換算すべき

我々が8時間働くと、60分の休憩がもらえます。

これは厚生労働省でも言われており、働く時間に応じて休憩時間はことなりますが、必ず取得しなければなりません。

 

【引用】
Q 休憩時間は法律で決まっていますか?

A 労働基準法第34条で、労働時間が 6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分 8時間を超える場合は、少なくとも1時間の休憩を与えなければならない、と定めています。

【参考:厚生労働省/労働時間・休憩・休日関係

 

まず、『労働』基準法に休憩の旨が記されている時点で、休憩は仕事のうちに分類されます。

仕事が無ければ休憩をわざわざ取る必要はありませんから、休憩時間も仕事としてみなす必要があるんです。

 

実際、この休憩時間を含めて職場にいる時間を『拘束時間』と呼びます。

会社に拘束されている以上、これは立派な会社奉仕ではないでしょうか。

 

つまり、休憩が1時間ある人で労働時間が8時間だった場合、9時間労働をしている!として考えるべきです。

そうすると、月収20万円の人は20万円÷160時間=1,250円でなく、以下の通りになります。

 

  • 1日8時間勤務+1時間休憩=9時間労働
  • 労働時間は月に20時間増え、160時間→180時間に
  • 20万円÷180=時給1111円

 

時給は休憩を労働時間に入れていない時の1250円から1111円まで139円も下がります。
バイト代を50円上げるのにかなり苦労しますので、この下がり方は異常だということに気づいてください。

 

それくらい、休憩時間は非生産的なのです。

 

通勤時間も仕事として換算すべき

通勤時間についてはどうでしょう。

仕事?仕事じゃない?

 

みなさん交通費もらってますよね。

その交通費はしっかりと給料明細に記載されていますし、通勤中に事故に合ったら、会社が事故の対応(労災認定など)をしてくれます。

つまり、通勤にかかるお金は会社が負担するし、通勤中に問題が起こると、それは会社の問題になるということ。

 

ということは、この通勤時間も仕事ではないでしょうか?

家のドアを出てからすでに仕事です。

 

 

ですから、通勤時間が30分かかる人は往復の60分を勤務時間に入れなければいけないです

 

月収20万円、休憩1時間、通勤往復1時間の場合
  • 労働時間200時間
  • 20万円÷200=時給1000円

ついに時給1000円になってしまいました。

もちろん、通勤時間はもっとかかる人もいると思いますので、各々で計算してみてください。

 

家のドアを出てから帰ってくるまでを仕事として考えよう

ドアを出た瞬間から仕事です。

その間は帰りに何か用事を済ませる以外は全て仕事と捉えていきます。

 

 

そう考えてみるとノー残業で仕事をしている私ですら朝7時45分~17:45分までの勤務となります。※規定時間は8:30~17:15

 

時間にするとなんと10時間!

20日勤務なので200時間働いていることになります。

月収20万円だった場合、時給はたったの1000円です。

 

さて、あなたの時給はいくらですか?

 

月収が20万円で休憩が60分より長かったり、通勤に往復60分以上かかる場合は時給1000円を切りますよ。

 

 

時給早見表

ご参照ください。

 

 

まとめ:働く時間の考え方によって時給は変わる

時給は『実際に働いている時間』として考えると、比較的高くなります。

しかし、私の考えのように『拘束時間』で考えると、その時給はガッツリさがってしまいます。

 

今の時代、給料を上げることはなかなか難しいです。しかし、時給は上げることができます。

時給を上げるためにはどうしたらいいか?というと、カンのいい皆さんならもうお分かりですね。

 

通勤時間を短くしたり、病院にいる時間を短くすればいいんです。

定時で退社するのはあたりまえとして、なんとかして、この拘束時間を短くしていくようにしましょう。

 

▽合わせて読みたい▽

【時給を上げろ!】給与は上げずに時給を上げる方法って知ってますか?
仕事の時間は8時間?あなたはそれ以上働いているかもしれません。毎日の仕事を10分早く切り上げるだけで月に6000円も得をする!時間とお金を手に入れる方法とは?

 

▽残業をせずに退社する方法はこちら▽

【絶対に残業しない!】理学療法士が定時で帰るための効率的な3つの方法
理学療法士が残業せず定時で帰るための方法をまとめました。いかにして早く退社するかを考えていきましょう。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】 年収・ボーナス
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活