PTの働き方改善!すぐにできるお金と時間を手に入れる方法




今、あなたは働いていて、悩みはありませんか?

  • お金がない
  • 時間が無い
  • スキルアップが望めない
  • 将来どうなるか不安

そのようなことを考えることがあるかと思います。

当然、私もそう考えました。

しかし、このような悩みはすぐに改善できる物でもありませんよね。

短時間でスキルが身に付けば苦労しませんし、来月からお給料がグッと上がるのであればそんない嬉しいことはありません。

 

しかし、考え方を少し変えるだけで、今までの当たり前は当たり前でなくなります。

あなたの仕事の拘束時間を短くし、いつもより10分早く帰るだけで月に6,000円以上の価値が生まれます。

仕事時間を40分短くすれば、月に26,750円もの価値が生まれます。

我々が日々感じている悩みを少しでも改善するために、働き方を改善してみましょう。

 

勤務時間と拘束時間の違い/自分の自由時間はありますか?

 

  • 勤務時間=規定されている働くべき時間
  • 業務時間=実際に会社に拘束されている時間

 

勤務時間は、会社や病院が定めている労働時間です。

例えば、8:00~17:00までの勤務だった場合、休憩が1時間あるはずですので、勤務時間は8時間となります。

しかし、会社に拘束されている時間は、休憩時間も含まれるので、拘束時間は9時間となります。休憩も業務の一部ですので、業務時間も9時間です。

その場合、自由時間は24時間の内、15時間で、睡眠時間(7時間)を除けば8時間が自由時間ということになります。

 

この拘束時間(業務時間)をいかに少なくし、自由時間を増やしていくか。

これが今回のポイントになります。

 

会社で働く以上、拘束時間は短い方が良い

よく求人に『休憩2時間あり!』とか書いてありますが、この場合は勤務時間が8時間としても拘束時間は10時間になってしまいます。

 

その場合、1日24時間のうち拘束時間が10時間、自由時間は14時間、睡眠7時間を除くと自由時間は7時間になってしまう。

 

ここで理解して頂きたいのは『休憩時間も業務の一部』ということ。

 

休憩は自由時間でなく、『午後の仕事をするために休む時間』なのです。

本当の自由時間は仕事が終わった後なので、休憩時間が長いからこの職場を選ぼう!と、安易に職場を決定すると後悔することになります。

 

しかし、この拘束時間を変化させるには、転職をしなければならないのですぐに改善は不可能です。

すぐに改善をするためには業務時間の改善を行いましょう。

【無料で求人検索】>>>年間10,000人利用!PTOT人材バンク

 

盲点?勤務時間と業務時間の関係

勤務時間は先ほど申し上げた通り、8時間です。

業務時間は、実際に仕事場に拘束されている時間の事を指します。

 

  • 勤務時間は8時間
  • 業務時間は会社に拘束されている時間

 

このように考えましょう。

 

すると、あなたは勤務時間以外にも仕事をしていることに気づくはずです。

 

  • 始業時間の何分前に会社についていますか?
  • 終業時間後は、何分くらい会社に残っていますか?

 

実際に比較!AさんとBさんの業務時間

AさんもBさんも8:30~17:30(休憩1時間)で勤務しています。

勤務時間は8時間です。

 

Aさんは8:30~の始業に間に合うように、8:00に出社します。日中、特に休むこともなく業務を行い、17:30に業務が終了。業務終了後に、書類整理や入力などを済ませ、18:00に退勤しました。
Bさんは8:30の始業に間に合うように、8:20に出社しました。日中、業務遂行と共に数分間の空き時間をうまく作り、書類業務や入力をコツコツと仕上げていきました。17:30に業務が終了し、17:40に退勤しました。

 

さて、同じ勤務時間(8時間)ですが、会社に拘束されている業務時間に差が出ていることが分かりますか?

 

【業務時間=休憩を含む会社に拘束されている時間】

Aさんは8:00~18:00までの仕事をし、10時間の業務時間でした。
Bさんは8:20~17:40までの仕事をし、9時間20分の業務時間でした。

 

その差は40分です。

勤務時間はおなじ8時間ですが、業務時間で考えると実に40分も多くAさんが仕事をしていると考えられます。

 

これが1ヵ月(20日間)で、800分(13時間20分)もの差になり、時給2000円として考えると毎月26750円、1年で約32万1,000円の差になります。

 

たった40分、長く職場にいるだけで毎月26,750円も損をしているということになり、逆に業務時間を早く切り上げることで、毎月2万円以上も得をする(給料が上がったものと同じ)ということになります。

 

年収で換算すると32万円。

これは毎年5,000円の昇給があったとしても5年分もの昇給分に匹敵します。

 

今、漠然と

  • お金がない
  • 時間が無い
  • スキルアップが望めない
  • 将来どうなるか不安

と考えている人は、まずこの『業務時間』をいかに減らすか、それを考えてみましょう。

無駄な仕事はしない方が良いに決まっています。

 

業務時間を減らす為に何をしたらよいか

業務時間を減らす為に大切なことは、2つあります。

1つめは『早く出社しすぎないこと』です。

仕事の開始時刻が決まっているのですから、その時間に間に合えばいいはずです。

あなたが30分以上早く職場に到着しているのであれば、毎日5分ずつ家を出る時間を遅くしてみましょう。

もしものこと(渋滞や遅延など)を想定し、始業10分前に着けば十分でしょう。

 

2つめが『残業をしない』ということ。

業務終了時間が来たらすぐに帰りましょう。

誰よりも早く帰る気持ちでいいと思います。

その為には、仕事をきっちりと終わらせておかなければならないので、勤務時間内に終わらせるように配分しておかなければなりません。

そして、業務終了10分前になったら、全ての仕事を受け入れるのを辞めましょう。

ラスト10分は、あなた自身が帰る為に最大限の努力をすべきです。

仕事はなんでも受け入れず、選ぶべきですよ。

 

仕事が断れない!というあなたにおすすめの記事

https://hanasaka-pt.com/ok-job‐no-job

 

さいごに:業務改善は必須!サボるのでなく、業務の効率化を!

仕事は与えられたものをきっちりとこなす必要があります。勤務時間を全うする必要もあります。

ただし、業務時間をあえて増やす必要はありません。

その為には、しっかりと仕事の順序や、優先順位を決定し、空き時間を作っていかなければならないのです。

 

  • 開始時間より30分以上前に来ている
  • 昼休みも仕事をしている
  • 勤務時間終了後にパソコンに向かう

 

このようなことをしていると、いつまでたっても仕事の悩みというジレンマから抜け出せません。

まずは、定時で帰る事。

 

明日できる仕事は明日に回す事。

出来ない事は他のスタッフにお願いすること。

これを徹底してみましょう。

 

▼関連記事>>>絶対に定時で帰る!17時で上がるための3つの考え方

絶対に残業したくない理学療法士に実践してほしい働き方!3つコツ
残業したくないけど、残業ばかり…と、嘆いている理学療法士に向けて働き方の「3つのコツ」を提案します。定時で帰れない人の原因の多くは、病院側でなく自分自身にあるので、まずは定時で帰る努力をしてみましょう。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】 副業・投資
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活