【大事な悩み】仕事より家庭を優先する!と思ったら実行したい事3つ




ぼくには7歳の子供がいます。

ハッキリ言って、もう7歳か…という感じですが、もっと赤ちゃんの頃に時間を作ってあげればよかったな、と後悔しています。

 

まだ子供が生まれてすぐのころは、仕事で21時に帰宅するのも当たり前でした。

赤ちゃんを起こさないように出かけ、赤ちゃんを起こさないように帰ってくる。

自分の子供なのに赤ちゃんの頃の記憶があんまりないんですよね。

 

それってもったいなくないですか?
ぼくはすごく勿体ないな、と今になって思います。

7歳の子供も可愛いですが、0歳の子供だって超絶に可愛かったに決まっています。

 

昔は、父親は仕事でしっかり稼いで母親が家で子育てをするのが当たり前でしたが、今は時代が違います。

 

キム兄
キム兄

父親だって早く帰って子供と遊びたい!

 

結局、ぼくが娘との時間を取れるようになったのは娘が2歳になってから。

世のお父さん方には僕のようになってほしくないので、ぼくが子供との時間を作れるようになった方法をお伝えしたいと思います。

 

結果的に、今の職場じゃどう考えても無理だったのでぼくは転職しました。

 

転職だけが方法ではありません。
しかたなく転職したんです。

ぼくが転職に至るまで、どうやって「家庭と仕事の両立を図ろうとしてきたか」父親目線ですが、その全記録を聞いてください。

 

仕事より家庭を優先したいと思ったら実行したい3つのこと

生活で仕事のほうが比重が重くなると幸せにはなりません。

できれば『家庭7:3仕事』くらいが一番いいんです。

ぼくが「できるだけ家にいたい!」「仕事だけで消耗するのはイヤだ!」と思った時に実践したことは

 

  1. 残業時間を減らす
  2. 通勤時間を減らす
  3. 転職をする

 

の3つです。
実際、1と2を実行に移しても特に生活は変わらなかったのでやむを得ず転職したという感じ。

できれば「残業時間を減らす」「通勤時間を減らす」方法で家族との時間を得られればベストです。

まずは、この2つに対してお話をしたいと思います。

 

子供との時間を確保するために「仕事時間」と「通勤時間」を減らす!

当時、ぼくの職場の業務時間は10時間半(休憩時間含む)もありました。
しかもそこに残業が加わりますので、仕事の拘束時間は11時間半~12時間といったところ。

通常は休憩を入れても9時間の所が多いので、どれだけ拘束時間が長いのか分かると思います。

 

しかも通勤時間が往復2時間半ほどかかっていたので、仕事に関する時間だけでも14時間以上という膨大な時間を捧げていたんです。

さすがにぼくもメチャクチャイヤになってきたので、働き方のテコ入れをすることにしました。

 

【僕の働き方改革】

  1. 残業を極力減らす
  2. 最寄り駅までバスを辞め、乗り換えの無い駅まで原付で通う

 

残業を減らしたけど…あまり変わらなかった

まずは残業を減らすように心がけました。

残業の主な仕事はカルテ記入なので、昼休みに書けるところは書いたり、テンプレート化してなるべく時間がかからないようにしました。

それでも残業がある日はほぼ毎日(患者が業務終了間際に来る)なので、残業時間を60分→30分にするのがせいぜいで、あまり効果は望なかったですね。

 

原付で通って通勤時間を短縮!したけどあまり効果なし

いままでは

 

  1. バス10分
  2. 電車20分(乗り換え)
  3. 電車30分
  4. 徒歩10分

 

という経路でした。(待ち時間含む)

これを原付で「3.」の乗り換えをする駅まで行ってしまうことで、バスと電車の待ち時間をカット。

15分くらいで駅には着くのですが、そこからさらに電車で30分も揺られるので時間的には70分→55分となっただけであまり変わりませんでした。

 

最も無駄な時間は「仕事の時間」と通勤時間である

いろいろ試行錯誤しましたが、あまり効果が出ません。
ここで気づきます(うすうす気づいていましたが)

 

  • そもそも仕事時間が長すぎる(休憩入れて11時間もある)
  • そもそも通勤時間が長すぎる(往復140分)

 

ここをテコ入れして

 

  • 仕事時間を11時間→9時間(休憩含む)で-2時間
  • 通勤時間を140分→20分で-2時間

 

これだけで4時間も時間を削ることができる。

これはもう転職するしかない!

 

こう考えたときに、いままで憂鬱だった毎日に一筋の光が見えたような気になりました。

新しい道が開けたような感覚です。

 

働く時間の半分でも子供と居る時間はありますか?

  • 仕事に追われて毎日イライラ
  • 子供が起きてる時間に会えない
  • 奥さんとの関係が悪くなっている

 

キム兄
キム兄

自分の時間がなくてイライラ…子供に当たって自己嫌悪になるパターンも多いとか。

後輩さん
後輩さん

子供は悪くないのにね。

 

イライラしてしまう原因は、自分の時間が持てないから。

仕事があるから自分の時間が失われているということに気付くべきです。

仕事時間の半分(8時間労働なら4時間)くらいは子供と一緒にいる時間を作れていますか?

 

子供といる時間が増える(子育てをしている時間が増える)ことで、奥さんとの関係も良くなっていきます。

 

子育て中の父母は、子育ての役割分担として、妻が6割、夫が4割を理想とする人が最も多いが、実態は妻が8割、夫が2割という認識が最も多くなっている。
日本の父親が平日に子どもと過ごす時間は3.1時間と、調査対象6か国(日本、韓国、タイ、アメリカ、フランス、スウェーデン)の中で韓国(2.8時間)に次いで短い。
内閣府

 

内閣府の調査でも、父親の子育て時間が短いことが指摘されています。
でも、父親が子育てをしたくないわけじゃないんですよね。

子育てしたくても、時間が無くてできないんですよ。

 

あなたの仕事時間は1日何時間?

ここで言う仕事時間とは玄関を出て、仕事をして玄関に戻ってくるまでの時間です。

 

仕事の時間は『仕事に関係している時間』なので休憩時間や通勤時間も含めると考えています。
この『仕事時間』が10時間以上だと要注意!

 

サービス残業ががあると当然この時間も長くなります。

職場が遠すぎても長くなりますよね。

 

まず自分の生活に余裕がない!時間がない!と感じてる方はこの『仕事時間』を計算してみてください。

10時間を超えているようだと、仕事によってあなたの時間が奪われている可能性が高いです。

 

キム兄
キム兄

当時、ぼくは仕事時間が15時間でした。

 

睡眠の6時間を差し引いても、余暇時間はたった3時間。

それじゃ子育てに参加するなんてむりですよね。

 

仕事のせいで子供に寂しい思いをさせていませんか?

僕たちは仕事があるので、子供は保育園に預かってもらっていることが多いと思います。
しかし保育園に預かってもらってるから子供に関しては大丈夫!というわけではありません。

保育園は楽しいかもしれませんが、もしかしたら子供は長い時間保育園でさみしい時間を過ごしているかもしれないですよ。

 

【子供は親が職場にいるより長い時間保育園に預けられている】

 

キム兄
キム兄

子供は親が職場に居るより長い時間保育園にいるんだ

後輩さん
後輩さん

それはかわいそう。

 

だから子供の小さな『寂しい』という訴えも出てきます。

親が気づいてないだけで、子供はものすごく寂しい思いをしているのかもしれません。

だけど仕事があるし…と思うかもしれませんが、自分の子供より大切な仕事なんてあるのでしょうか?

 

こういったことを考えると、やっぱり今のままの職場じゃダメなんじゃないかな、と思いました。

このまま我慢して働いても、子供と合う時間は少ないし肉体は消耗されるし奥さんは子育てで大変そうだし良いことは一つもないと思います。

 

仕事と家庭を両立したい…だから僕は転職した

仕事もしっかりとこなして、家でもしっかりと子育てを「楽しみたい」

そんな思いから、ぼくは前の職場に見切りをつけて転職をしました。

転職先の条件は

 

  1. 勤務が18時までに終わる
  2. 通勤時間が20分以内である
  3. 休日が年間120日ある
  4. 残業無し
  5. 年収は下がらない

 

という5つの条件から考えました。
この条件は人によって優先順位や内容が変わると思います。

優先順位の付け方は、こちらの記事をご参照ください。

【実話】理学療法士が2度目の転職でやっと良い職場に巡り合えた秘訣
理学療法士の転職体験談!全て実話で収録しています。転職で年収はどう変わる?休みは?働く時間は?どうすればいい転職ができるの?そういった悩みを解決するには、失敗体験を学ぶ事。転職で成功を掴む秘訣が満載!

 

自分で探す時間もないし、見つからない…だから転職サイトを利用する

転職を決めても、ぼくはまだ働いています。
転職ではなるべく空白時間(無職でいる時間)が少ないほうがいいから。

なので働きながら求人を探していますが、何百・何千とある求人から自分の目的にあった職場を探すのは至難の業です。

 

キム兄
キム兄

毎日通勤電車やバスの中で見てたけど、微妙に条件が合わなかったりして困ってました。

 

  • 通勤時間がちょっとかかってしまう
  • 年収が下がってしまう

 

など、自分の希望とは少し異なる求人が多いんですよね。

このまま妥協して就職しようかと考えましたが、やっぱり妥協はしたくない!ということで求人サイトに登録することにしたんです。

ぼくが登録したのは2社

 

  1. PTOT人材バンク
  2. マイナビコメディカル

 

です。

 

転職サイトってすごい!あっという間に転職完了!

ぼくが転職サイトに登録して、やった事といえばたったの3つ

 

  1. 登録後に電話が掛かってくるので、そこで希望を伝える
  2. いくつかの求人が提案されるので、選ぶ
  3. 面接をする

 

これだけです。

転職サイトの何がすごいかというと

 

  1. 希望を伝えるだけでそれに合った求人を探してくれる
  2. 聞きにくい給料や福利厚生の話を聞きだしてくれる
  3. 面接の日程を組んでくれる
  4. これらを無料でやってくれる

 

という所です。
働きながら転職したいぼくのようなお父さんPTはとてもありがたい存在です。

 

キム兄
キム兄

電話が出れない状況が多いなら、メールで対応してくれるのも◎!

 

結果的にぼくは転職サイトを利用して

 

  1. 8:30~17:30の勤務
  2. 年間休日121日
  3. 年収450万円以上
  4. バイクで5分

 

という職場に転職することができました。

今では18時前に家でビールを飲んでますし、子供も夕飯前にお風呂に入れることが出来ています。

子供もすっかりぼくに懐いてくれてているので、奥さんも大助かり。

 

転職て面倒だな…と思っていた時期がありましたが、今は転職してよかったと思っています。

 

家庭と両立したい…仕事に不満があったらまずは行動を!

ぼくは結果的に転職しましたが、転職はそれなりにエネルギーを使います。

できれば、転職せず働き方を変えて対応出来たほうが良いです。

 

しかし、ぼくのように

 

  • 勤務時間がそもそも「長い」
  • 通勤時間が「かかる」

 

と、自分の力ではどうしようもない問題があれば転職してもいいと思います。

 

今では理学療法士の20%近くが転職しているんですから、転職が「悪い」というイメージも少なくなっています。

働き方改革をするのも、転職をするのも、その根底にあるのは「行動」です。

仕事や今の環境に文句を言う前に、まずは自分で行動して生活改善を計ってみてはいかがでしょうか。

 

【僕の使った転職サイトを詳しく見る】

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活