理学療法士の転職で何がしたいかわからない人が理想の転職を叶える方法

転職したい。

でも次にどんな仕事をしたいか分からない。

  • 病院?
  • 老健?
  • 訪問リハ?
  • デイケア?

そんな「転職したいけど何がしたいかわからない」という悩みは誰にでもあると思います。

特に「職場環境が悪い」「給料を上げたい」などが目的で転職を考えている方に多いです。

 

何がしたいかわからないまま転職をすると、自分に合わない仕事をすることになったり、「やりたかったことと違う…」と後悔する可能性があります。

そうならないためにも、自分が本当は何をしたいのか?を明確にする方法をお伝えします。

せっかく転職したのに、また転職を繰り返さないようにするために「自分のやりたい事を知る」ことは重要です。

 

転職で何がしたいかわからない人が適職を見つける方法

私が転職する際にも「次はどんな仕事をしようか…」と悩みました。

いままで整形外科クリニックでしか働いたことが無いので、次の職場のイメージが全く湧かなかったんです。

ただ闇雲に転職先を決めても、結局自分のやりたいことは見つかりません。

単に『お金』や『休み』だけで転職先を選ぶと失敗してしまうような気はしていました。

 

そこでふと考えたのですが、もう一度同じ仕事をしたいか?と自問自答すると、出た答えはNOだったんです。

整形外科クリニックで働いてみた結果、私は整形外科クリニックで働く事が嫌いになっていました。(整形外科学は好きです。)

 

そこで、次の転職先について考えたときに、「何をやりたいのか?」ではなく「何をやりたくないのか?」を考えるようにしました。

これはエッセンシャル思考という本にも書いてあったのですが「何をやるか?より何をやらないか?」が非常に大切なんです。

 

やりたいことが分からない人でも、やりたくないこと意外と分かるものです。

まず、このやりたくない事をピックアップして、それをひたすら避けていけば最終的に「やりたい事」に繋がる、というわけです。

 

次に何がしたいかわからない人に役に立つシート

転職に向けて、自分がどんな条件を求めるかを明確にしようと思い、このようなシートを作成しました。

【やりたくない仕事】には、自分が絶対にやりたくない仕事を羅列していきます。

【絶対に必要な条件】には、自分が転職するにあたって絶対に譲れない条件を羅列していきます。

これをすれば、【やりたくない仕事】を避けつつ【絶対に必要な条件】を満たす職場を探せばいいということになります。

 

結果的に、私はこういったシートができあがりました。

 

これが当時の私の最低基準です。

色々と批判のコメント等あるかと思いますが、当時は本当にこう思っていました。

 

やりたくない事リストの結果

このやりたくない事リストにより、転職先が決まってきます。

まずやりたくない仕事に「オムツ交換」「清潔感のない患者」と書いてあることから、老健・特養とデイサービスは転職先から消えました。

また、「訪問リハビリ」「個人経営のクリニック」も消えました。

 

そうなると転職先は「急性期・回復期・慢性期の病院またはリハビリテーション病院」か「リハ特化型デイケア」に絞られます。

あとは自分の住んでる地域から「電車通勤しない近い範囲」「車・バイク通勤可」「残業無し」の病院かデイケアを探せばいいだけです。

さらに必要条件である「年収400万円以上」「年休120日以上」「18時までに帰れる職場」かどうかを照らし合わせるだけ。

 

結果的に、家からバイクで5分(駐車場有り)、看護師さんと介護士さんが沢山いてリハスタッフがシモの世話をすることが絶対にないかなり大きめの医療法人一般病院に転職することが決まりました。

※病院によっては療法士がオムツ交換する場所もあります。

 

リストに書いた条件は絶対に譲らない

このリストに書いた条件は絶対に妥協しないでください。

どこかで妥協するとあとで絶対に後悔します。

例えば、年収400万円以上と書いたのであれば、年収399万円の職場には絶対に転職しないようにしてください。

 

これは転職サイトを活用した際も、担当アドバイザーにも何度も訴えてください。

このように「やりたくない事リスト」まとめる事で、転職する際の面接の時にも自分の希望をはっきりと言えます。

そして、転職希望で「どんな職場が良いか?」という質問にも答えることが出来ます。

 

転職を考えている全ての人にやりたいことがあるわけではないんですよね。

向上心がある人ばかりでもありません。

今の職場から逃げたいという一心で転職活動をしている人もいます。

そんな人が「やりたい事」なんて考えられるはずがありません。

だから「やりたくない事」を考えるべきです。

 

どうせ簡単に就職できるんだから、思い切って自分の要求をぶちまけましょう!

 

転職で何がしたいかわからなかった人が転職した結果

やりたくない事リストを活用し、何度かPT・OT・ST WORKERの転職アドバイザーとやりとりをして一般病院への転職が決まりました。

希望通り、駅からすごく近い上に、自分の家からも自転車で行けるくらいの距離です。

 

転職後の収入と福利厚生

収入と福利厚生
・総支給:29万円程度
・手取り:25万円程度
・休日:日・月の年間121日
・8:30~17:30勤務
・賞与4か月
・年収:420万円
  • 年収は希望を上回る420万円
  • 勤務時間も希望の18時を上回る17:30終業
  • 通勤時間はバイクで5分

収入もグッと上がり、何と言ってもボーナスの量が半端じゃなく上がりました。

クリニックでは15万円/年しかもらえなかったものが、ここでは70万円以上/年となり、年収は前職から80万円のアップとなった!

 

業務時間も残業無しで17時30終業ですぐに帰れるようになりました。

家に着くのは18時前で、まるで仕事終わりにまだ半休があるような錯覚に陥りました。

18時に家について24時の就寝まで6時間も余裕があるなんてすばらしい!

早く上がれて家が近い!18時前には家でビールを開けている、そんな生活になったのです。(お金に余裕ができて毎日ビールが飲めるのも嬉しかった)

 

理学療法士が転職で何がしたいかわからなくても良い

私は転職する時、次の仕事で何をしたいのか全く考えていませんでした。

だって経験もないし、どんな仕事が自分に合ってるかも分からない。

でもそれでいいんです。

 

とりあえず「やりたくない事」をさけて、できる仕事をやれば。

いきなりやりたい事が見つかるわけではないんですよね。

仕事を続けていくうちに、その仕事が好きになったり夢中になったりするんです。

 

だから続けられる仕事に就く。

それだけ。

嫌な仕事、やりたくない仕事は続かないから、そんな仕事はやらない。

実にシンプルな考え方だと思います。

 

実際に今、私は転職して何年も経っていますが特に不満もなく働けています。

年収も今では500万円を超えました。

毎日18時にビールを飲む生活は続いています。

有休も消化できています。

 

それでいいんだと思います。

最高に楽しい仕事や、夢中になれる仕事をする必要はないと思います。

毎日そそこそこ楽しく過ごせればいいのではないでしょうか。

 

私は転職するにあたり、PT・OT・ST WORKERマイナビコメディカルの2つのサイトに登録しました。

今でも登録したままになっています。

先ほどの「やりたくない事リスト」に自分の条件を当てはめ、転職アドバイザーにお伝えすればスタッフがその条件を満たす求人を見つけてくれるので非常に楽ですし、いい求人も多いです。

 

今の職場を辞めたくて、でもやることが見つからなくて…

そんな人こそ、「やりたくない事リスト」を作ってPT・OT・ST WORKERに登録して相談して下さい。

やりたい事がないから転職できないなんてことはありませんから!

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
20代の転職30代の転職【転職のコツ】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活