絶対に残業したくない理学療法士に実践してほしい働き方!3つコツ




ぼくはもう3年近く残業せずにいます。

よく「どうやったらそんなに早く帰れるんですか?」と聞かれるんですが、しっかりと仕事の中で時間を作り出せば残業しないで帰ることが可能です。

 

時間をうまく作り出すことで、スキマ時間にカルテを書いたり書類を作ったりすることができます。

【残業したくない!】仕事を効率的にこなして定時で帰る方法まとめ >>>でも紹介してあるように、残業しないで帰るためにはちょっとしたコツがあります。

そのコツを掴んで、みんなハッピーに定時で帰ってしまいましょう!

 

【残業をしない3つのコツ】

  • 臨床時間の使い方を工夫する
  • 仕事の優先順位をつける
  • 断る勇気、頼む勇気を持つ

 

残業したくないなら臨床時間を工夫しよう

そもそも、残業の多い理学療法士は臨床時間の使い方を間違えている人が多いです。

臨床時間が9:00~10:00の患者さんに対し、10:00までみっちり介入するような人は定時で帰れませんね。

 

臨床時間が60分と設定されているのであれば、その中でどう動くかを考えなければいけません。意識としては「リハビリを60分間するのでなく、その患者に対する関りを60分間する」ということでしょうか。

つまり、この60分間の中に

  1. 患者の送迎
  2. バイタルチェック
  3. リハビリ
  4. カルテ記載

が含まれているということ。
ここで60分間みっちりリハビリをすると、患者送迎の分、次の患者への介入が遅れたり、カルテを記載する時間が無くて残業時間にカルテを書く羽目になります。

 

後輩さん
後輩さん

そんなこと言ったって、きっちりリハビリしてあげたいよ!

 

そう思うのであれば、患者送迎を辞めて時間になったら患者自身に来てもらって、終わったら帰ってもらうなどの工夫が必要です。

そのための評価・治療をしていますか?

 

臨床時間を少しかぶせるという技もOK!

リハビリは、1人の臨床が終わると次の人に移ります。
この時、ちょっとだけ時間をかぶせてしまいましょう。

 

【具体的な例】

  1. 1人目の介入:9:00~10:00
  2. 2人目の介入:9:50~10:50
  3. 3人目の介入:10:40~11:40

するとどうでしょう。

今まで9:00~12:00まで3時間で3人の介入をしていたのに対し、この方法だと9:00~11:40までの2時間40分で済むことになります。

 

では、どうやって時間を被せるのかというと『物理療法』『セルフエクササイズ』を利用します。
物理療法はなんでもいいのですが、セルフエクササイズはエルゴメーターが最も適していると考えています。

体力強化もできますしね。

 

【介入時間を被せる具体的な方法】

1人目
9:00~9:40まで運動療法 9:50~10:00までエルゴメーター
2人目
9:50~10:40まで運動療法 10:40~10:50までエルゴメーター
3人目
10:40~11:30まで運動療法 11:30~11:40までエルゴメーター

別に臨床としてはズルしてるわけではありませんよね。

もちろん、患者はある程度の自立している必要はありますが、自立度の低い方にはホットパックなどで代用してもいいでしょう。

セルフエクササイズはどういったものがいいか?というと、雑誌などで勉強するのが一番!

この本には筋トレの方法がたくさん載ってます。

運動の指導がわからないという方は、参考になるかもしれません。

このように時間を被せることで30分の空き時間ができます。
30分くらい残業している意図であれば、このように時間を作ることで相殺できますよね。

残業がイヤだ…と泣き言を言う前に自分でできることはやってみましょうよ!

 

とは言うものの、実際に言葉で言うのは簡単ですが、やってみると結構忙しいです。

介入中もエルゴメーターを気にしなければなりませんし、2時間40分の時間で3時間分の仕事をしなければなりませんから。

毎日これをやるとヘトヘトになり、書類業務どころじゃなくなってしまうので、ほどほどにしましょう。

 

残業したくないなら仕事の優先順位をつける

今日やるべき仕事は今日中に片付ける。
これは社会人としてあたりまえですよね。

しかし、明後日までに仕上げればいい仕事を今日やる必要ってあるんでしょうか?

もちろん、なるべく早く仕事を片付けてしまったほうが良いのは間違いないです。
でも、そうやって期限まで時間のある仕事に追われて残業になっている人が非常に多い!

 

仕事には期限が決まっているものも多く、その期限までに出せばいんです!
仕事なんか早く終わらせてもメリットはないどころか、デメリットだらけ。

次の仕事がドンドン舞い込んできてしまいますから。

 

だったらいっそのこと今日やらなくていいものは明日以降にしてしまいましょう。
そしてなるべく残業にならないようにしましょう。

なぁに、どうしても今日やらなければならない仕事なんて意外と少ないもんですわ。

 

仕事を早く終わらせたら給料が上がる!というならいですけど、給料はどうせ変わらない上に新しい仕事が舞い込んでくるんだから一生懸命こなす必要もないでしょう。

一生懸命やるのは馬鹿げています。

 

仕事なんか周りに迷惑を掛けない程度で、ほどほどにやればいいんじゃないですか?
明日以降でいい仕事は残して、さっさと帰りましょう。

 

残業したくないなら断る勇気、頼む勇気を持つ

仕事を断れていますか?
仕事を誰かに頼めていますか?

ハイハイ引き受けるYesマンや、自分ですべてを背負いこもうとしている人は残業をしたくなくても残業をしなくてはなりません。

自分のキャパシティを越えた仕事量を請け負ってるわけですから。

 

仕事は大きく2つの仕事に分けられます。

 

  1. 自分じゃなければできない仕事(担当者会議・カンファレンスなど)
  2. 誰でもできる仕事(患者の送迎・物理療法のセッティングなど)

 

果たして、その仕事は「1」と「2」のどちらでしょうか?

「1」であれば、自分でこなす必要があります。
しっかりと時間を作って定時で帰れるように調整しましょう。

「2」であれば、その仕事を「断る」か「誰かに振る」ようにしましょう。

仕事は全職員に平等に振り分けられるべきです。
多少の能力差はありますが…。

あなたが定時で帰れないというのであれば、明らかに仕事量が多すぎるということになります。
そうなったとき、「2:誰でもできる仕事」を同僚にドンドン振ってしまうクセを付けてください。

 

もしもすべてを引き受けてしまうと、「あの人に頼めば大丈夫」という雰囲気になってしまいまた仕事が増えていきます。

残業をしたくないと考えているのであれば、仕事を断ったり、誰かに頼むようにします。
確かに断りにくいし、頼みにくい。

でもそうしないとあなたがずっと貧乏くじを引き続けることになりますよ!

もしそれでもできない!と思うのであれば、この本を読んでみてください。

 

自分の生活の中の「無駄」を排除し、スマートに考えられる秘訣が書かれています。

 

 

まとめ:残業をしたくないのであれば、何かを変えなければならない!

残業したくないなら守りたい3つのこと

  • 臨床時間の使い方を工夫する
  • 仕事の優先順位をつける
  • 断る勇気、頼む勇気を持つ

これは、いますぐにできることだと思います。

残業をしたくないんだけど、残業ばかり…と、嘆いている理学療法士はまず行動してみましょう。定時で帰れない人の原因の多くは、病院側でなく自分自身にあります。

本当に残業をしたくないのであれば、ここであげた3つの事にチャレンジしてみましょう。
驚くほど簡単に定時で帰ることができますよ!

 

それでも残業がなくならない人は転職がおすすめ!

自分で努力しても残業がなくならない場合、もうその職場のシステムが破綻している可能性が高いです。
そうなるともう自分の力ではどうにもならないので、転職をおすすめしています。

 

【残業が多くて疲れが取れない…】
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク『残業が多くて、疲れがとれない』『やりたいことをする時間がない』友達と遊ぶ時間も、勉強する時間もまともにとれない生活に別れを!土日休みや残業なしの求人数はナンバーワン!仕事も時間も、どっちも大事にしたいならぜひ相談を!



マイナビコメディカルは年間休日120日以上、17時上がりといった案件も豊富に取り揃えています。『帰りが遅くて、家族サービスができない…』仕事はダラダラやらず、ビシッと終わらせて家族も大事にしましょうよ!仕事も大事ですが、自分の時間はもっと大事にしなければいけません。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの残業
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活