知識だけじゃない!理学療法士の自信に繋げる勉強会に参加するメリット




理学療法士を含むコメディカルは、資格を取得したら終わりではありません。

むしろそこからがスタート!

 

我々は一般的な会社員と比べて、勉強会に参加する頻度も多いのではないでしょうか。

自分1人ではなかなか勉強はできなくても、誰かと一緒なら意外とすんなり勉強できるもの。

周りに人が居た方がやる気も出ますし、なにより集中できる気がしませんか?

 

これって学校の授業に通ずるものですよね。

しかし、その勉強会をどうやって選ぼうか悩むところでもあります。

 

  • 院内勉強会に参加するメリットは?
  • 外部の勉強会は何を基準に選んだらいいの?

 

今回は勉強会の選び方と、勉強会に参加することで得られるメリットを挙げてみましょう。

 

 

勉強会の種類:院内勉強会と外部の勉強会の違い

勉強会といえば

 

  • 病院内で総務課やリハ科が率先して実施する勉強会(研修会)
  • 院外でその道のスペシャリストが実施する勉強会(講習会/研修会)

 

に分かれます。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご確認ください。

 

 

院内勉強会の特徴と参加するメリット

 

院内勉強会は
自分が所属している病院や会社の中で発信する勉強会のこと

 

病院全体というくくりでなく、課内や部門で分かれて開かれるものも多いです。

 

院内勉強会に参加するメリットは
今現在、その病院や会社、あなたの所属している課(科)に必要であろうカテゴリーでの勉強会を実施できるということ。

 

その為、効果の即効性あり!

 

【例】

  • 新人に向けたビジネスマナー
  • 法改正により、変化した書類の書き方研修会
  • 今起こっている問題解決

 

このように今、その病院や会社が必要であると判断された内容がタイムリーに学べることがメリットです。

 

また、院内なので勉強会に参加する費用はかかりません。

しかも、業務時間内に実施することがおおいので有給などを使う必要がないので非常にありがたいのも魅力です。

 

 

院内勉強会に参加するデメリット

院内勉強会のデメリットといえば『講師がいない』という所。

院内の勉強会での講師は、その分野にと特出している人が請け負うものです。

 

  • ビジネスマナーなら総務課
  • サルコペニアの勉強会なら栄養科
  • 感染対策なら看護科

 

プレコ君
プレコ君

私も勉強会と称してスタッフの前で発表したことがありますし、運動器不安定症の講習会を地域の一般人の方をお招きして開いたこともあります。

 

 

病院の中での勉強会、いわゆる研修会は為になることが多いのですが、その講師が素人(知識や技術が…という意味でなく、誰かに発信するスキルのこと)というのがデメリットです。

 

講師は経験が必要です。

何度も後援会をしている人の話は聞きやすく、分かりやすいのですが、私のように講師の素人が講演をするとたいへん!

 

  • 時間はオーバーする
  • カミまくる
  • 分かりやすく説明できない

 

このようなデメリットが院内勉強会にはついて回ります。

たまにいませんか?

 

  • えー…あー…を連発
  • で、あるからして…などの接続語が多い
  • 話し方にメリハリがなく、どこが重要か分からない

 

分かりにくい勉強会に参加するほど時間の無駄はありませんよね!

 

【院内の勉強会まとめ】
メリット:タイムリーな議題の提供|無料で参加
デメリット:講師が勉強会講師の素人だとわかりにくい

 

 

外部の勉強会の特徴と参加するメリット

外部の勉強会は、あなたの病院に所属していない人間が発信している勉強会です。

 

理学療法士の勉強会で有名なのは『理学療法士協会』。
様々な場所で勉強会を開催しており、私も年に数回参加させて頂いています。
他にも、医療法人や個別企業などが開催している場合もあります。

 

公益社団法人 日本理学療法士協会
日本理学療法士協会

 

もちろん、そういった場で発表する講師は年に何度も勉強会を開いていますのでスキルが違います。

分かりやすく、かつ的確に勉強会を開いてくれるでしょう。

 

外部の勉強会は『自分で選ぶ』事が可能ですので、自分の目的に合った勉強会に参加することができるので、モチベーションが違います。

 

外部の面教会で選ぶポイントは

 

  • 講義内容
  • 講師
  • 場所
  • 金額
  • 受講時間

 

などで選ぶと良いです。

 

外部の勉強会は自分で好きなものを選ぶことができます。

 

外部の勉強会に参加するには、『自分の弱点』を知っておき、自分の知りたいことや学びたいことが明確でなければ、なかなか選ぶ事は困難かと思います。

 

 

院外勉強会の特徴と参加するデメリット

外部の勉強会はお金がかかる場合がほとんどであり、だいたい2000円~10000円前後かかってきます。

 

プレコ君
プレコ君

高い物であれば数万円~10万円以上かかるものも!?

 

 

 

講習時間は半日~2日、長ければ数日に渡るものもありますので、自分の休みに応じて参加しなければならないのがデメリットです。

私は連休を取るのがなかなか大変なので、2日連続(主に土・日)の勉強会には参加しにくい場合が多いですね。

 

 

勉強会は院内/院外のどちらに参加したらよいか?

基本的に勉強会はどちらに参加しても問題ないです。

どちらも自分のスキルアップに繋がりますし、やる気があれば無駄な事なんてないです。

 

しかし、自分の興味のある分野がハッキリしていれば『外部の勉強会』に参加したほうが効率的だと思います。

院内勉強会では、いくらスキルアップに繋がるとはいえ興味のない分野だと話半分で聞いてしまいます。

 

気付いたら寝てた…なんてことも?

 

さすがにそれは時間の無駄なので、自分の興味のある分野があれば外部のものに参加した方がいいでしょう。

例え数千円のお金がかかったとしても、自分の身になればそれは投資です。

 

プレコ君
プレコ君

私は年間5万円を勉強会参加の予算(研修費や交通費含む)として確保し、参加しています。

 

 

 

 

外部の勉強会に参加することで得られるのリターン

外部の勉強会の講師は、その道のスペシャリストであり、何らかの肩書きがあります。(認定療法士だったり、大学の教授だったり、代表であったり。)

 

そのような人の話を聞く機会というのはなかなかないので、外部の勉強会をお勧めします。

 

教科書や指導書に載っていないことや、その講師がいままで研究してきた内容なんかもここで知る事が出来ます。
しかも、実技講習があった場合、その講師のスキルをそのまま体験できたりするので非常にお得です。

 

金額はかかりますが、それを出す価値がある!と自分が思えば参加するべきです。

なんでもかんでも参加するのではなく、『1回の講習が6000円以内、月に1度以内』などとルールを決めて参加しましょう。

 

 

勉強会はセミナー!講師のPTスキルを吸収しよう!

 

勉強会に参加するメリットは知識の向上だけにあらず。勉強会はただ単に『知識』を得る為だけではありません。

勉強会に参加する事で『自信』に繋がります。

 

いま、仕事の事で悩んでいませんか?

自分の技術不足や、認識不足で、十分な効果を出せていない場合、落ち込むことはあると思います。

 

  • それを誰かにうまく相談できない場合もあるでしょう
  • 相談したとしても『そのままで大丈夫だよ』といわれることもあるでしょう

 

本当に大丈夫なのかな…?

そう思った時は勉強会に参加してください。

 

我々は人間ですから、やっぱりその道のプロに話を聞いてもらったりすると安心します。

 

プロの言葉、その道で成功を収めている人の言葉は重みがある!
その言葉を聞きたい。もっと自分の為になる重い言葉を。

 

だから勉強会へ参加するんです。

 

  • 自分の考えていた治療法とその勉強会で有名講師が言ったことが少しでも一致していれば自信に繋がります
  • もし違っていたとしてもその勉強会で得た知識を臨床に応用することで新たな道が切り開けます
  • 自分の治療法に限界を感じたり、自信をなくしたときはその道のプロの話を聞くことで安心しますし、納得も出来ます

 

勉強会はあなたの知識を増やすだけでなく、あなたの間違えて進もうとしている道を正そうともしてくれる。

 

だから自信を無くしたときこそ、ぜひ勉強会に参加してみましょう。

 

まとめ:勉強会に参加すると自信になり、さらに向上心が増す

勉強会に参加する事でいままでの常識が覆されたり、自分の考えがさらに深まったりと色々なメリットがあります。

その中で最もよい効果はやはり『自分の自信』に繋がる。

というところでしょうか。

 

勉強会に行って知識が付けば、おのずと仕事にも積極的に取り組めるようになります。

可能であれば、できるだけ肩書きの強い人の所や、専門分野の色濃い人の所に行き、自分のスキルを上げていきましょう。

 

そして、いつか自分自身も、そのような講習会を開けるようになっていきたいものです。

私は今、そこを目指しています。

 

プレコ君
プレコ君

講師をやりたいんだよね。何の?と聞かれても困るけど

 

何人もの人が私の話を『お金と時間を割いて聞きに来る』

これって結構すごいことだと思いませんか?

 

いつかそうなれるよう今でも院外の勉強会や講習会に参加しております。

そして、繋がりを持とうとしています。

まずは私自身にスキルと自信をつける為に。

 

ブログもその一環と思って、日々精進しているところです。

 

この手の本はいくつか読みましたが、働く人は必読です。
人生100年の時代であり、学生の頃の勉強のみで一生生きられるわけではない。
学生時代の勉強法から大人の勉強法へ…仕事や稼ぎにつながるレベルの「体系の理解」「本質の理解」まで勉強をするという非常に気づかされることが多い書籍です。

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】出世
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活