認定理学療法士からみた登録理学療法士の印象と考察【登録PTのメリットってなに?】




2019年6月に開催された第48回定時総会で、理学療法士協会の新生涯学習制度の運用が2021年4月より開始されることが発表されました。

新制度で注目されるのが「登録理学療法士」です。

 

  • 登録理学療法士とはなんなのか?
  • 登録理学療法士と認定理学療法士との違いは何なのか?
  • 認定理学療法士はこれからどうなるのか?

【日本理学療法士協会】の告知や資料から簡単にわかりやすく説明し、考察していきたいと思います。

 

※この記事は2019年11月1日に更新したものです。内容のズレ等あるかもしれませんがご了承ください。考察内容は筆者の見解になり、日本理学療法士協会の見解と異なります。また、会員限定コンテンツも参考にしていますが、限定内容なので画像等ありません。

【参考|日本理学療法士協会

 

登録理学療法士とは

登録理学療法士は異本理学療法士協会が2021年4月から開始する新制度のひとつです。

 

登録理学療法士になるには

  1. 日本理学療法士協会に登録
  2. 前期研修の履修
  3. 後期研修の履修

を済ませることで登録することができます。

 

日本理学療法士協会の関連記事

入会する?しない?入会10年目のPTが解説!理学療法士協会に毎年2万円払って入るメリットとデメリットとは?
理学療法士協会って入る必要あるの?毎年2万円も払うのって正直イヤなんだけど…。【この記事で分かること】・理学療法士協会に入るとどんなメリットがあるの?・理学療法士協会に入らないと、どんなデメリットがあるの?・実際に理学療法士協会って入会したほうがいいの?

 

前期研修の履修

日本理学療法士協会会員になると1年目から前期研修が始まります。

新人教育プログラムと同じ役割を持つと考えられています

前期のプログラム
  • 座学:33時間
  • 実地研修:48時間
  • 合計:54コマ/81時間

 

履修目安は2年間です。

 

後期研修の履修

前期研修が終わると、次は後期研修に入ります

後期のプログラム
  • 座学:76.5時間
    A:臨床推論
    B:臨床疫学
    C:領域別研修(座学)
    D:関連領域
    E:領域別研修(事例)(育成)
    F:最近の知見
  • 実地経験:3年程度(6,000時間相当)

 

実地経験は仕事をしてればOKなので、後期にすることは76時間の座学だけです。

つまり、登録理学療法士になるためには最低でも5年はかかるということですね。

 

登録理学療法士の維持

登録理学療法士となった会員は、5年ごとに更新していかなければなりません。

どういうシステム化は公表されていませんが、認定理学療法士のように協会主催の研修会に参加するとポイントが貰え、それを加算させていくシステムじゃないかな?と思います。

 

なぜ登録理学療法士の制度が生まれたか?

なぜ登録理学療法士という制度が出てきたかというと、生涯学習をして理学療法士の質の向上と知識・技術の向上をしていこうというのが根底にあります。

認定理学療法士もそうですが、5年ごとに更新が必要ということはそれなりにポイントを集めるために研修会に参加しなければなりません。

 

つまり学習していくということに繋げていくのが狙いであると考えられます。

 

登録理学療法士になるメリット

登録理学療法士になることでどんなメリットがあるのか?は協会から以下のように声明が出ています。

将来的には登録理学療法士となることで、登録理学療法士でない会員との差が社会や勤務先での評価に反映されるような制度になることを望んで新制度を構築しています。

 

登録理学療法士になってると、優遇されるよ!ということ。

でもその具体案は出ていません。

大丈夫なのだろうか…?

 

認定理学療法士免許が剥奪される?

いま理学療法士界隈で問題になっているのが「認定理学療法士を取得している人は、一旦、全員登録理学療法士からのスタートになるのでは?」ということ。

 

せっかく認定理学療法士になっても、廃止されるかもしれないという噂が流れ、すでに認定理学療法士を持っている会員や、これから取得を目指す会員から「それはダメだろう!」と声が上がっています。

 

一応、ここで私の考えを伝えさせていただくと、認定理学療法士・専門理学療法士はまた別に住み分けさせていくように感じます。

日本理学療法士協会では、認定理学療法士と専門理学療法士を2019年秋頃までに 制度確定を目指す。としています。

 

これがどういう意味なのか詳しくわかりませんが、恐らく登録理学療法士とは別で考えていくという事だと思います。


  • 登録理学療法士→理学療法士全体としての知識・技術の底上げ
  • 認定・専門理学療法士→専門分野に特化した知識・技術をもつ者

という認識かな?

 

だから認定理学療法士も、登録理学療法士として会員登録されると思いますよ。

 

登録理学療法士は登録年度で難易度が変わる

日本理学療法士協会から送られてくる冊子【JPTA NEWS】に登録理学療法士になるための概要が載ってますのでご確認ください。

 

内容を簡単に説明すると、登録理学療法士になるには協会に会員登録した年月日で登録理学療法士になるためのハードルが変化するということ。

新人教育プログラムが終わってない場合は、最初(前期研修)からやらなければなりませんが、新プロが終わっていればある程度優遇されるみたいです。

 

登録理学療法士になるには
  • 認定理学療法士取得者:登録理学療法士とする
  • 2011年以前に入会:登録理学療法士とする
  • 2012~16年に入会:獲得ポイント200以上で登録理学療法士とする
    それ以外は指定の研修に参加する必要があるが、ポイント数で研修数が異なる
  • 2017以降に入会:認定理学療法士を持ていても指定される研修に参加しなければならない

詳しくは冊子を見てください。

と、いうことは2016年度より前に協会に入ってる人は、2021年4月までに200ポイント取っていれば面倒な前期・後期研修を受けなくて済む、ということ。

 

恐らくですが、今のうちにドンドン研修会に参加することをおすすめします。

 

認定理学療法士制度と登録理学療法士制度の将来

今のところ、登録理学療法士を取らなくても問題ないのかな?と思っています。

認定理学療法士も持ってるだけでなんの役にも立ちませんし、これから登録理学療法士も会員との差が社会や勤務先での評価に反映されるような制度になることを望んで新制度を構築できるとは思えません。

 

私は認定理学療法士として、院内勉強会を開催したりしていますがその認知度も低く、保険点数も変わらないのでメリットはないですね。

むしろ3学会合同呼吸療法認定士を取ったほうがメリットは多いです。

 

認定理学療法士制度を活用したい

日本理学療法士は新制度を打ち立てるよりもまず、認定理学療法士が影響を及ぼせるような環境にしていくべきだと思います。

 

認定理学療法士を持っていても、そこらの理学療法士とスキルや知識は変わりません。

試験だって、1000文字程度の簡単なレポート10症例と、丸暗記するだけの試験に合格しただけで専門的な知識がついたとは思えませんし、そこまで難しくもないのでやる意味はほぼないです。

 

ある理学療法士は、認定・専門理学療法士を廃止するのはいいことだ、という声もあります。

確かに、このままではクソほど意味が無いのですが、認定理学療法士になるためにそれまでに費やした時間やお金を考えるとそれは無いんじゃないかな?と思います。

 

もっと、現存する認定理学療法士・専門理学療法士という制度を上手く活用していくことはできないのかな?と考えてしまいますね。

例えば、認定理学療法士は年に1度学術発表をしなければならない!とか、認定理学療法士は協会の費用が半額になるとか。

 

本当は認定理学療法士は保険点数が1割くらい上がれば病院も認定理学療法士を採用したがるんでしょうけど、現状は無理そうですもんね。

協会を含めて、個々の会員の技術・知識・スキルの底上げが必須だろと考え、勉強会に参加していきます。

 

そうそう、勉強会って参加するより開催したほうが知識は増えるので、院内でもいから勉強会はドンドン開催したほうが良いですよ!

 

https://hanasaka-pt.com/medical‐license

今からでも間に合う!認定理学療法士(新規)の申請の準備って何をすればいいの?
認定理学療法士になりたい!今からでも間に合うかな?【この記事で分かること】・今から認定理学療法士の申請に間に合わせる方法・認定理学療法士の申請に必要な流れ

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
【技術・知識】認定資格
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活