介護老人保健施設とはどんな所?かかる費用やリハビリの内容を詳しくご紹介!




高齢者向け施設について詳しく知っていますか?

 

介護老人保健施設(老健)で働く理学療法士が増えてきています。

それに伴い、老健に転職する理学療法士も増えています。

 

でも、老健ってどんな所かよく理解していない理学療法士も多いようなきがします。

ここでは、以下のような疑問を解決していきます。

 

こんな疑問を解決!
  • 老健ってどんな所なの?
  • 老健のサービスはどんな感じ?
  • 老健に多い入所者は?
  • 老健のリハビリ内容は?
  • 老健の年収は?

 

それでは、詳しく解説していきます。

 

キム兄
キム兄

この記事を書いたのは私です。
認定理学療法士・介護認定推進リーダーを取得しており、介護保険の講習会経験があります。

介護老人保健施設ってどんな所?

介護老人保健施設には3つの種類があります。

介護老人保健施設の種類
  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

 

簡単に違いを説明すると以下の通りです。

施設特別養護老人ホーム介護老人保健施設介護療養型医療施設
入居者要介護3以上要介護以上要介護以上
月額費用5~20万円5~15万円5~20万円
リハビリありありあり
看取りありなしなし

※収入や課税金額によって費用は変わります。
※入居金は必要ありません。

 

ここで説明するのは介護老人保健施設です。

その他の施設については、こちらから移動してください。

 

  • 特別養護老人ホームはこちら>>>
  • 介護療養型医療施設はこちら>>>

 

介護老人保健施設ってどんな所なの?

介護老人保健施設は、病院で治療(リハビリ)していた人が在宅復帰を目指してさらにリハビリを続けるために入所する施設です。

リハビリが中心になり、レクリエーション活動も多いのでかなり活発に生活することができます。

 

また、病院からの入所が多いので回復期状態にある利用者も多く、リハビリとしても様々なアクティビティを準備する必要があり、かなり積極的な介入が見込めます。

入所期間は3か月で、要介護1以上の利用者が対象となります。

 

介護老人保健施設の利用者

  • 65歳以上
  • 要介護1以上
  • 症状が安定しており、入院の必要が無い
  • 在宅復帰を目指す

以上の条件を満たした人が対象になります。

 

介護老人保健施設の費用

介護老人保健施設には複数人部屋と個人部屋があります。

複数人部屋は2~6人部屋で、1部屋8㎡以上と規定されています。

その為、費用は複数人部屋のほうが安く設定されており、金額は以下の通り。

 

  • 複数人部屋:6~10万円/月
  • 個人部屋:8~15万円/月

低収入の人には軽減措置があります。(負担限度額認定証

 

施設サービス料、居住費、生活費などが含まれ、リハビリは別料金で介護保険負担割合に応じた金額を支払います。(3割負担で1回300~500円程度)

 

介護老人保健施設のリハビリ内容

介護老人保健施設は24時間全ての生活がリハビリテーションであるという考えの元実施しています。

理学療法士が介入する時間以外にも、食事・排泄・更衣・整容・入浴も含めてリハビリです。

 

もちろん、歩行練習は筋力強化練習などの身体機能向上運動や、認知療法などの認知機能訓練も実施します。

でも基本は在宅に向けた生活活動の指導や支援が中心になりますね。

 

介護老人保健施設の理学療法士の年収はいくら?

介護老人保健施設で働く理学療法士の年収は350,640円です(第28回社会保障審議会介護給付費分科会|厚生労働省資料より)

年収にすると4,207,680円となります(ボーナス含む)

 

ちなみに理学療法士の平均年収は407万円ですので、やや良い給料が支払われている計算になります。

それだけ忙しいですけどね。

▽老健の求人多数▽

 

知りたい!理学療法士のお金の疑問!PTの仕事で生活していけるの?年収アップの方法など
現在は理学療法士は稼げない!というのが常識です。理学療法士がどの程度のお金を稼ぎ、どのような生活をしているのか?お金にまつわる話をまとめています。

 

介護老人保健施設の入所方法

介護認定が通ると専属のケアマネージャーがつきます。

ケアマネージャーに相談することで、施設入所の申し込みが可能です。

 

1つの施設に申し込んでも、入所までに時間がかかるので2つ、もしくは3つの施設に同時に申し込むの一般的ですね。

 

その他の高齢者向け施設についてはこちらからどうぞ

  • 特別養護老人ホームはこちら>>>
  • 介護療養型医療施設はこちら>>>

 

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク
PT/OT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

 

スポンサーリンク
PTの働き方【仕事の悩み】
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活