理学療法士が病院勤務だけで月100万円稼ぐのは物理的に不可能である




理学療法士の将来性はありますか?という質問をよく聞かれますが、将来性はあります。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

理学療法士の将来性は?需要がなくなると言われているけど本当なのか?
理学療法士の将来性が不安だ…という方に向けた記事です。PTの需要はあるのですが、今の仕事の需要があるかはまた別問題です。今から対策をしておいた方がいいかもしれません。

 

でも将来性がある=稼げるわけではありません。

特に病院勤務している理学療法士は医療保険や介護保険に依存している部分が多く、仕事の制限もあるため大きく稼ぐことは不可能です。

理学療法士はたくさん働いても技術を身に付けても給料が上がらない理由
理学療法士は技術を上げるだけでは年収は上がりません。収入を増やすためには、臨床技術以外の何かを得なければなりません。その「何か」をお教えします。

 

ここでは理学療法士が限界まで稼ぐと幾らもらえるのか?

そして大きく稼ぐための方法をお伝えしていこうと思います。

 

理学療法士が月100万円稼ぐのは不可能

理学療法士が月100万円稼ぐのは不可能です。

医療保険ベースで考えると、理学療法士は疾患別運動療法で医療点数を取り、売り上げとして計上しています。

 

【1単位(20分)あたりの医療点数】

  • 脳血管疾患:245点
  • 運動器疾患:185点
  • 廃用症候群:180点
  • 呼吸器疾患:175点
  • 心大血管:205点

※全て施設基準Ⅰの場合

この点数に×10円することで、請求額が決まります。

 

理学療法士は1日8時間働いていますが、その全てを単位取得につぎ込むことが出来ません。

理学療法士の取得単位は決まっており

 

  • 24単位/日以下
  • 108単位/週以下

 

の両方をクリアしていないといけません。

つまり、週5勤務の場合毎日24単位取得すると120単位となり、108単位を超える為12単位分は計上することはできません。

 

理学療法士の取得単位のMAXが週108単位であり、最も医療点数が高い脳血管疾患で計算したとしても週に26万4600円、月(4.5週)に換算しても119万700円です。

 

この金額がそのまま理学療法士の懐に入ればいいのですがそうはいきません。

  • 病院の運営費(電気・水道・ガス等)
  • 雑費(プリンターインク、印刷用紙、付箋、ペンなど)
  • 人件費(医事課、総務課、掃除の方など)

これらのお金を賄わなければいけないので、119万円稼いだとしてもその半分でも入れば御の字です。

 

単位取得以外で稼ぐ「書類業務」

理学療法士は単位以外で稼ぐ方法として書類業務があります。

 

  • リハビリテーション実施計画書:月1回300点
  • 目標設定支援等管理料:3か月に1回250点
  • 退院前訪問指導料:1回のみ580点

 

こういった業務をキッチリすることで、理学療法士の売り上げが上がります。

 

しかし、いくら理学療法士がお金を稼いだとしても病院は「運営費」が必要であり、理学療法士が稼いだお金を全て理学療法士に還元するのは難しいです。

稼いだ金額の20~30%が理学療法士に支払われることになると思います。

 

理学療法士ができるだけお金を稼ぐ方法

理学療法士がお金をできるだけ稼ぐ方法のひとつに訪問リハビリがあります。

訪問リハビリの医療点数を紹介しますと

 

  • 1単位:290点
  • リハマネ加算(Ⅰ):330点/月
  • 短期集中加算:110点/日

 

訪問リハは病院に比べ運営費が安く、理学療法士にバックされる金額も多いんです。

70件(210単位)までは固定給で、その後は歩合と言う形で1件(3単位)の訪問で5,000円前後のお給料を貰えるので、訪問リハビリであれば大きく稼ぐことが出来ます。

 

月100件(300単位)程度の訪問リハビリで40万円以上の給料を貰える場合もあるので、条件の良い訪問リハビリで働くことでガッツリ稼ぐことが出来ます。

 

訪問リハビリの求人はマイナビコメディカルにたくさん載っているので、ちょっと覗いてみるのも面白いですよ!

 

理学療法士は将来性はあるが大きく稼げない

理学療法士は需要はあります。

ただし、稼げるか?と言ったら微妙です。

 

今後、医療保険や介護保険の改定があると思いますし、点数が下がれば結果的に給料も下がると思います。

とはいえ、仕事を選べばまだまだ給料の良い職場はあり、訪問リハであれば月40万円以上稼げる職場もありますし、病院でも月30万円以上貰える職場もあります。

 

まずは年収450万円を目指してみてはいかがでしょうか?

マイナビコメディカルPTOT人材バンクには給料の良い求人が沢山出ています。

今の給料に満足していないのであれば、これらの転職サイトを活用してみるのも1つの手段です。

 

▽【簡単1分】あなたに合った求人を紹介してもらう【無料】▽
マイナビコメディカル

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

ぼくは転職を2度してきて、今が3つ目の職場になります。

使用した転職サイトは5つになりますが、その中でここは良かった!という転職サイトを紹介します。

 

  • 求人が充実していて選択肢が多かった!
  • エージェントが親切だった!
  • 要望に対する対応が早かった!

 

どの転職サイトも良い対応をしてくれましたが、ここで挙げる3つの転職サイトはどれも対応が素晴らしく、結果的に今のお給料や休日にも満足していますし、仕事以外の時間で子供と遊んだり、趣味やブログ執筆などをしています。

 

転職サイトに登録することで、転職のプロのアドバイスがもらえ、働きながらでも安心して転職活動を行うことができるのが最大の魅力。

もちろん、職務経歴書の書き方や面接の対応などのフォローも万全ですし、転職サイトにお願いすることでより多くの情報を得ることもできます。

各サイトによって扱う求人も異なりますので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルはの利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

メドフィット
リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

メドフィットは、医療系のみならず介護系まで扱う専門の転職サイトです。
医療・介護の求人数はかなり多く、30秒で登録可能で3日で入職もできる迅速な対応は使ってみると本当に驚きます。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。
介護領域にも視野に入れてる人は登録して損はありませんね。

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。
質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
【PTの給料】 年収・ボーナス
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活