理学療法士が人手不足だから辞められない仕事を辞める方法







「給料に不満」「バイトは面倒」そんなあなたに朗報!通勤時間や休憩中にアンケートに答えてちょっとした小遣いが稼げます。バイトをするほどでもないけど無駄な通勤時間や、スキマ時間に稼いでみませんか?

今なら1000円分ポイントがもらます!

マクロミルに登録する

 

人手不足で忙しすぎる・・・もう辞めたいけど人がいないから自分が辞めたら迷惑かも・・・

 

そう思っている方、実際には辞めてもです大丈夫です!

人手不足の職場はメチャクチャ忙しいので、仕事が辛く感じますが、実際に辞めたとしても職場は上手く機能します。

人手不足で残業が多い理学療法士は「もう辞めたい」と悩むことがあります。

実際に私もそうでしたが、辞めることに罪悪感を感じる必要はないんです。

 

ここでは

  • 人手不足でも辞めて良い理由
  • 人手不足でも円満に退職する方法
  • 人手不足で引き留められた時の対処法

を中心にお伝えします。

今のシンドイ職場から離れて、新しい職場に移るときの参考にしてみて下い。

 

理学療法士が人手不足の職場を辞めても大丈夫な理由

人手不足の職場でも、あなたが辛いと思ったら辞めても大丈夫。

なぜなら、人手不足はあなたの責任じゃなく会社の責任ですし、実際に1人くらい人がいなくなっても職場は回ります。

 

特に理学療法士は単位制なので、人が少なくなったら単位を減らせばいいだけの話。

普通の会社に比べて人員が少なくても回しやすいという特徴があります。

だから理学療法士は人手不足の職場を辞めてもほとんど問題ないです。

 

人手不足は職場に原因がある

人手不足は職場に原因があります。

まず新規雇用をしないこと、そして現場の仕事量に対する人員配置が適切でないことが挙げられます。

新規雇用をしない理由はいくつかあります。

  • 新規雇用するための資金がない
  • 増えた分の人件費を捻出できない、または節約している
  • 現場の状況を把握していない

 

そもそも、人員が足りない=人が辞めやすい職場であることが多く、その職場に魅力がないというのも要因です。

我々労働者が魅力的だと思う職場は

  • 労働環境が良い(人間関係・設備など)
  • 福利厚生が充実(手当・休暇など)
  • 給与が適切(年収が平均値)

であることが求められます。

 

この3つのどれかが悪いと離職率が上がります。

そのような職場は将来性もないですし、長く務めるのは難しいです。

早めに辞めて新しい職場に移動するのがおすすめです。

 

人手不足の職場を円満に退職する方法

円満に退職するには、退職時期に余裕を持つこと、そしてしっかりと引継ぎをすることが鉄則です。

退職時期は法律的には2週間前となっていますが、一般的には1~2か月程度前に退職する旨を伝えます。

あまりギリギリだと職場も困りますし、有給消化もできないので早めに伝えたほうが良いです。

 

あまり先の話にするとうやむやにされてしまう可能性もあるので〇月〇日に退職します!と伝えたほうが良いですよ。

 

また、引継ぎも重要で何もせず退職すると円満退職とはなりません。

できれば手順書などを作成し、それを見せながら引継ぎをおこなったほうが効率は良いです。

手順書があれば、退職日までに後任のスタッフが決まらなくてもなんとかなりますし。

 

退職を引き留められた時の対処法

人手不足の職場を退職しようとすると、引き留められることもあると思います。

そんな時は、しっかりと断るべきです。

 

例えば、待遇を良くするから・・・と言われたとしてもハッキリとNOと言います。

なんなら「次の仕事が決まっていますので・・・」と言っていいと思います。

【例】

上司さん
上司さん

少し給料上げるから残らない?

後輩さん

次の職場が決まってますので、申し訳ありません。

上司さん
上司さん

人員が確保できるまで待ってもらえない?

後輩さん

〇月〇日に退職するので、それまでにお願いします。

 

上司さん
上司さん

引継ぎができて後任が育つまで待ってくれない?

後輩さん
後輩さん

手順書を作成するので、それに沿ってやれば問題ないです

退職しようとしたら嫌がらせを受けた場合

退職の旨を伝えた瞬間から嫌がらせを受けることもあります。

  • 仕事をくれない・増やす
  • 無視する・威圧的になる
  • 暴力・暴言

これらはハラスメントになりますし、法律違反にもなります。

こうなったら職場のみならず労働基準監督署に相談しに行くべきです。

 

また、こちらの記事も参考になると思います。

職場いじめで退職!我慢するより辞めたほうが100倍良い!いじめ対処方法
職場いじめで退職を考えている、辞めたいと思ている方には、我慢せず辞めたほうが良いですよ!とアドバイスします。その理由を詳しくどうぞ!

 

どうしても辞められない場合は退職代行を使うのもよい

 

どうしても辞められない場合は退職代行を使うのも1つの手です。

自分の代わりに退職の医師を職場に伝えるサービスのことで、退職願が受理されない場合に使います。

ほぼ100%退職できますし、必要な手続きもしてくれるので安心です。

 

働きながら転職先を探すなら転職サイトに登録すべき

仕事をしながら転職先を探すのは非常に大変です。

職場見学とかの時間も作らないといけませんしね。

 

そんな時は転職サイトに登録し、転職エージェントに相談することをおすすめします。

個人にアドバイザーがつき、希望職種や年収などを聴取したうえで希望に合った職場を探してくれるサービスです。

1人で転職活動をするより、よっぽどスムーズに目当ての職場が見つかります!

おすすめは私も使っているPTOT人材バンクです。

電話じゃなくLINEでやり取りできるので、ラクです。

 

すぐに転職しなくても、いつか辞めたいと思っている人もとりあえずPTOT人材バンクに登録しておくといですよ。

理学療法士は転職する気が無くても転職サイトに登録しておくべき理由
今の仕事は嫌だけど、転職活動はもっと嫌、面倒くさいからとりあえず今のままでいい。そんな人にお勧めなのが「転職サイトにとりあえず登録だけしておく」ということ。転職サイトに登録することなんてたった1分ちょっとで終わりますし、登録するだけで日々の生活がかなり変化します。

 

まとめ:人手不足の職場は辞めても大丈夫

 

人手不足でツラい職場は辞めても大丈夫です。

むしろ辛いならさっさと次を探すのがベター。

 

人手不足はあなたの責任ではありません。

辞めるのも職員の権利です。

今の仕事にモヤモヤしていたら、思い切って転職してしまうのも1つの手段です。

あなたの生活がより良いものになりますように。

 

PTOT人材バンク

 

 

私は実際にPTOT人材バンクを実際に使ってみて、どんな求人があるのか、そして使い勝手はどうだったのかを体験してきました。

詳しい記事はこちらになりますので、転職をお考えの方はぜひ読んでみてください。

 

今より良い職場への転職|実際に試した転職サイト紹介

転職サイトを使わないで転職活動するのは勿体ない!

時間もかかるし、失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

各サイトによって扱う求人も違うので、複数のサイトに登録することで希望の職場が見つからないリスクを回避することができます。

 

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク年間11,000人もの利用者を誇る業界最大級の転職サイトです。
リハビリ職に特化しているため、理学療法士の転職で登録必須!

リハビリ専門のキャリアパートナーが専属でつき、全国の求人に対応。質もかなり拘ってます。

求人数も多いので、多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

PT・OT・ST WORKER

PT・OT・ST WORKERは、リハビリ職に特化した専門の転職サイトです。
非公開求人もかなり多く、条件の良い求人が多いのも特徴。

全国に対応し、エージェントが直接医療現場に足を運んでいるのも信頼性が高いです。

リハ職は登録して損はありませんね。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは利用者の満足度も高く、かなり丁寧に対応してくれるおすすめの転職サイトです。

ホームページでは、顔写真付きで各アドバイザーの紹介もしており、その質の高さと自信が伺えます。
求人数も6,000件以上あり、マイナビコメディカルの知名度からも安心して利用できる転職サイトのひとつです。

 

スポンサーリンク
【お金】転職
スポンサーリンク
キム兄をフォローする
理学療法士の残業ゼロ生活